「いけず」の意味と由来とは?関西弁や方言説のホントと類語・英語も

「いけずな人」「いけずな性格」というように、日頃の会話の中で「いけず」という言葉を使うことがあります。関西弁や京都弁などの方言のようにも聞こえますが、実際的には関東でも使われている、謎めいた言葉の一つでもあるでしょう。

ここでは「いけず」の意味と由来のほか、使い方や類語表現、英語フレーズについて紹介します。

「いけず」の意味とは?

「いけず」の意味1「意地悪」

「いけず」の基本的な意味は「意地悪」です。「いけず」は相手や周囲に対して意地悪な態度をとったり、憎たらしい言葉を放ったりすることを意味します。つまり、心がねじけていること、またそのような人を「いけず」と呼んでいます。

「いけず」の意味である「意地悪」とは、わざと人を困らせたり、悪意のこもった感じがあるのが特徴です。

また「いけず」は、相手に冷たい態度を示したり、つれないそぶりを見せる時にも使われます。故意に悪さをし、性格や気立てが良くないさまであるのが、まさに「いけず」の意味するところでもあります。

「いけず」の意味2「悪人」

「いけず」は「悪人」という意味でも使われることがあります。江戸時代の『浄瑠璃・夏祭浪花鑑』の中に「今も今迚いけず達がわっぱさっぱ(今もなお、悪人どもが大声で言い争っている)」という下りがあります。

このように、江戸時代に使われていた「いけず」は、現代の意味である「意地悪、またそのような人」とはニュアンスが多少異なります。むしろ、「悪行を重ねる人」「悪漢」という意味を持って使われていました。現代でも「いけず」の意味として、その名残はあるようです。

「いけず」の由来とは?

「いけず」の由来1「池之端の芋茎」

「いけず」は「池之端の芋茎(いけのはたのずいき)」が由来だと言われています。「池之端」とは、「池の端の部分」のことで、「芋茎」とは里芋の葉茎のことです。そして「池の端」と「芋茎」のそれぞれの頭文字をとって「いけず」になったという説です。

池の端で成長する芋茎は、池の水や水中の栄養素を独り占めしてしまい、池に生息する他の植物が十分に得られないと言われています。この状況が転じて「周囲が嫌がること、他人に意地の悪いことをする」つまり「意地悪」という意味になったというものです。

「いけず」の由来2「行けず」

「いけず」のもう一つの由来説として「行けず」が挙げられます。「行けず」とは、「行くことができない」という意味ですが、相手が行く手を遮り、自分が前に進めないことから「意地悪」という意味に発展したとも言われています。

「いけず」は関西弁?方言説のホント

「いけず」はもともと関西弁・京都弁だった

「いけず」は、そのゆったりとした語勢から、関西弁や京都弁だと認識している人も多いでしょう。よく「いけずな人やわ」「いけずは止めておくんなはれ」など、ドラマや時代劇などのセリフで耳にすることがあります。

実際、「いけず」は関西弁、京都弁であり、現在も継続して使われている表現です。「いけず」が、ストレートに相手を批判するような強い言い回しでないのは、京都に根付く文化に「言葉の柔らかさを大切にする」ということがあるからでしょう。

現在でも、京都を含め関西地方では、「いけず」をやや嫌味な意味で使っていることが多くあります。相手に多少の遠慮の気持ちや気遣いがあってこそ、「いけず」という言葉が放たれるとも言えます。

方言だった「いけず」は現代では全国区

前述に続きますが「いけず」は、もともと関西弁・京都弁であり、方言の一つした。しかし、現代では関西地方を超えて、関東地方やその他の地方でも使われるようになっています。

「いけず」という方言がメディアを通して使われ始めてから、現在では全国区で「ごく一般的な表現」として用いられるようになったと言えます。

「いけず」の使い方と例文

「いけず」をちょっとした嫌味として使う

「いけず」は、相手の意地悪な態度や言動に対して、嫌味っぽい、やや皮肉めいたニュアンスで使われます。

たとえば、ダイエットをしている相手の前でケーキを頬張ったり、好きな相手にわざとつれない素振りをしたりするのも「いけず」の一つでしょう。「そんなことを、わざとしなくてもいいのに…」という感情と込めて、相手に嫌味を返す意で使うことがあります。

もちろん、この場合に使う「いけず」は、軽い嫌味として放たれるため、心から意地悪な気持ちで言っているのではありません。

「いけず」は強烈な悪意に対して使わない

「いけず」は「意地悪」を意味し、一般的には「意地悪な人」に対して使われます。しかし、「意地悪」と言っても、心の底から相手を憎み、恨むような強い悪意に対して使われることはあまりありません。

「いけず」は、どちらかと言えば、相手に軽い仕打ちをしたり、ちょっと不機嫌そうにふるまったりする場合に使われることが多いです。そのため、強烈な悪意に対しては使うのは、適切ではないと言えます。

「いけずされる」は「意地悪される」

「いけず」を使った言い回しでよく使われるのが「いけずされる」です。「いけずされる」とは、シンプルに「意地悪される」という意味です。一般的には、やテキストメッセージなどで使われることが多い言い回しとなります。

「いけず」は口語で使うのが適切

また「いけず」は一般的に「口語」で使うことが多い表現の一つです。そのため、形式ばった文章やビジネスメールなどで使うことは滅多になく、また適切ではないと言えます。

「いけず」は俗語ではありませんが、もともとは関西弁や京都弁として使われていた言葉です。もちろん、現代では全国区で使うようになりましたが、大切なビジネスシーンで相手に誤解を与えないように、別の適切な表現を使うようにしましょう。

「いけず」を使った例文

  • 小学校の時に靴を隠された。いけずな行為だと思ったが、ほんの冗談だと後で知った。
  • いけずな人と呼ばれても、好きな相手にはわざと意地悪をしたくなるものだ。
  • 残業を強いられた私の前を、笑顔でしゃあしゃあと通り過ぎる後輩。いけずな男だ。

「いけず」の類語とは?

「腹黒い」は「悪だくみがあること」

「腹黒い」の意味は「悪だくみがあること」です。表情や態度には表さないものの、心に何かしらの策略や陰謀があることを意味し、ずる賢く、こざかしい様を「腹黒い」と言います。

「腹黒い」は「いけず」に比べて「悪だくみ」というニュアンスが極めて強くなります。そのため、「腹黒い」は、むしろ、自分の利益や目標に対し、「貪欲に悪さを企む」時に使われます。

「性根が悪い」は「心持ちが悪い」

「性根が悪い」の意味は「心持が悪い」となります。その人が持つ根性や、根本的な考えなどが悪いことを示す言葉です。「性根」は心の根となる部分、つまり心構えが汚かったり、曲がっていることを表す時に使われます。

「いけず」が「意地悪」という言動を表すことに対し、「腹黒い」は「その人の心構えがなっていない」ことを意味します。

「愛想がない」は「人当たりの良くない態度」

「愛想がない」とは「人当たりの良くない態度」を意味します。人と接するときに、そっけなく冷たい態度を貫いたり、笑顔がなく表情を変えないことを表しますが、「愛想がない」という様は、周囲から「意地が悪い」ように映ることがあります。

また「愛想がない」に似た表現「つっけんどん」「けんもほろろ」「すげない」なども、類語の仲間として解釈できます。

ぜひ、状況に合わせて、適切な類語を選んでみてください。

「いけず」の英語フレーズとは?

「いけず」の英語1「mean」

「いけず」の意味で多く使われるのは「mean」です。「mean」は、意地の悪さや性格が悪いこと、またはそのような人を表します。「mean」は英語圏でも使用頻度が高い単語ですので、ぜひ覚えておきましょう。

例文
  • You are so mean(本当にいけずなんだから)
  • Don’t be so mean(いけずにならないでよ)

「いけず」の英語2「nasty]

「いけず」を表す単語として「nasty」があります。「nasty」は、「mean」の程度をより醜くしたもので、心が曲がっていたり、根性がとことん悪いさまを表す時に使われます。つまり「意地が悪い」というよりは、「根性が汚い」「最低」という意味で用いられてます。

例文
  • 彼はとことん、いけずな人である。(He is such a nasty person)
  • どうして、私にそこまでいけずになれるの?(How could you so nasty to me?)

「いけず」の英語3「pick on」

「いけず」は「意地悪をすること」という意味もあります。ちょっとしたからかい程度の軽い意地悪を表す時は「pick on」を使うと良いでしょう。

「pick on」とは誰かをからかったり、冷やかしたりする時に使われます。もちろん、この時、相手を心から批判し、傷つけるような意図は込められていません。

  • 彼にふくよかだった頃の写真を見せるなんて。ほんま、いけずやわ。
    You were picking on me by showing my boyfriend a photo of mine when I was chubby.

まとめ

「いけず」とは「意地悪」や「心がねじけているさま」を表す言葉で、由来は「行けず」と「池の端の芋茎」の2つの説があります。

「いけず」とは、もともとは関西弁・京都弁として使われていました。しかし、近年では、方言という解釈が薄れるほど、全国区で好んで使われています。

「いけず」には、何とも風情のある語勢があるのが特徴です。「意地悪」という意味がありながら、相手を直接的に非難するような意図はあまりなく、むしろ、相手を軽く懲らしめる程度のニュアンスで使われることがほとんどです。この機会にぜひ「いけず」をマスターしてみてください。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!