「ありがとうございました」の使い方とは?意味と漢字・英語表現も

「ありがとうございました」は感謝するときの表現としてよく使われますが、目上の人に使える敬語なのでしょうか。また「ありがとうございます」との使い分け方もご存知ですか。

この記事では「ありがとうございました」の意味と漢字での書き方の他に、使い方と注意点、「ありがとうございます」との違いなどを解説します。

「ありがとうございました」の意味と漢字

「ありがとうございました」は感謝の気持ちを伝える表現

「ありがとうございました」は感謝の気持ちを伝えるための表現です。「ありがとう」は感謝の気持ちを伝えるときや、お礼をするときに使われる言葉で、「ございました」は補助動詞「ある」の丁寧語「ございます」の過去形です。

「ありがとうございました」の例文

昨日はわざわざお越しいただきまして、ありがとうございました。

「ありがとうございました」は漢字で「有難う御座いました」

「ありがとうございました」は漢字で「有難う御座いました」と書き表します。

「有難う」は「ありがとう」の語源となった「有り難し」で使われている漢字が使われています。「有り難し」とは古語で、「有ること」が「難しい」という語で成り立ち、その意味は「珍しい」や「滅多にないほど優れている」です。珍しく、滅多にないことだから感謝する気持ちが生まれて、現在使われている「ありがとう」という言葉になったと言われています。

一方「ございます」は、「貴人の席がある」という意味から派生した「御座有る」の縮まった形「御座る」から成り立った言葉なので、「御」と「座」を使って書き表します。

「有難う御座いました」と漢字で書くことができますが、ビジネスシーンなどではひらがなで表記することが一般的です。

「ありがとうございました」は丁寧語

「ありがとうございました」は敬語のひとつである丁寧語です。謙譲語のように自分をへりくだったり、尊敬語のように相手を高めたりして相手への敬意を表すのではありませんが、丁寧語は丁寧な言葉遣いをすることで相手に敬意を表わせる表現です。

ただ相手に対して敬意を直接的に表していないので、目上の人に使ったら失礼だと思われることもあるのですが、慣習的に「ありがとうございました」は目上の人にも使われています。

「ありがとうございました」の使い方と注意点

「誠に」をつけてより丁寧な表現に

「ありがとうございました」は丁寧語のため目上の人に使うには失礼だと思われることがあります。取引先やあまり接点のない上司などに感謝の気持ちを特に丁寧伝えたいときには、「ありがとうございました」の前に「誠に」をつけてみましょう。「誠にありがとうございました」とすることで、相手に感謝の気持ちを表すとても丁寧な表現になります。

「誠に」とは「本当に」や「まさに」という意味の副詞です。「誠に」のほかに「本当に」を使うこともできます。

過去のできごとについてお礼を言うときに使う

「ありがとうございました」は過去のできごとについて感謝をしたリお礼を言ったりするときに使います。困っていたときに助けてくれたり、道を譲ってもらったりなど自分のことを助けるために相手がしてくれた行為に対して使えます。

「ありがとうございました」で感謝を伝えられないことも

「ありがとうございました」は感謝を伝える表現なのですが、過去形のため、かつては感謝していたけれども、今は感謝していないという意味合いにとらえられてしまうことがあります。感謝の気持ちが過去のことになっていると誤解されてしまうのです。

それでは感謝の気持ちが伝えられないので、過去のことだけれども今でも感謝しているという気持ちを強調したいときには、現在形である「ありがとうございます」を使うといいでしょう。

「ありがとうございます」との違いとは?

「ありがとうございます」は現在の出来事にお礼を言うときの表現

「ありがとうございます」は語尾が現在形になっているので、現在起こっているできごとについて相手にお礼を言うときに使われる表現です。

例えば講演会などで、お客様が来てくださったことは過去のことなのですが、来るという行為が継続していると考えて、「本日はご来場いただきありがとうございます」のように使われます。

感謝する出来事が現在か過去のことかで使い分ける

「ありがとうございます」が現在起こっているできごとに対して感謝する表現なのに対して、「ありがとうございました」は過去に起こったできごとについて感謝する表現です。

「ありがとうございます」の方が好まれる

感謝するできごとが現在の出来事なのか、それとも過去に起きたことなのかで使い分けるのですが、単純にそういかないこともあります。それは「ありがとうございました」では感謝の気持ちを現在形として伝えられない恐れがあることです。そのため感謝の気持ちを伝えたいのなら、感謝するできごとが現在か過去に起こったのかということとは関係なく、いつでも「ありがとうございます」を使った方がいいとも言われています。

メールや手紙には「ありがとうございます」を使う

メールや手紙などの書き言葉には「ありがとうございます」を使った方がいいでしょう。「ありがとうございました」を書き言葉で使うと、過去形のため、感謝の気持ちも過去のことという印象が強まるからです。

「ありがとうございました」は話し言葉として日常的に使われているので違和感はなくても、書き言葉には「ありがとうございます」を使うようにしましょう。

「ありがとうございました」の言い換え表現

「感謝いたします」

「感謝いたします」はありがたいという気持ちを表す謙譲表現で、目上の人にも使えます。「感謝いたします」のほうが「ありがとうございました」よりも丁寧な表現になります。

感謝する気持ちを強めたいときには「誠に」や「本当に」「心から」などの副詞をつけるといいでしょう。

「感謝いたします」の例文

大勢の方においでいただいたことを感謝いたします。

「御礼申し上げます」

「御礼申し上げます」も感謝の気持ちを伝える謙譲表現です。「御礼」は「おれい」と「おんれい」のどちらでも正しい読み方ですが、「おんれい」と読んだ方がかしこまった表現になります。感謝の気持ちを強めたいときには「厚く」を使います。

口語よりも書き言葉として使われることが多く、ビジネスメールなどでも使われています。

「御礼申し上げます」の例文

先日は、お忙しい中ご来店いただきましたことを厚く御礼申し上げます。

「恐れ入ります」

「恐れ入ります」は相手がしてくれたことに対して感謝する気持ちを表す表現です。感謝の気持ちから恐縮してしまい「恐れ入ります」という表現が生まれました。丁寧語ですが、謙譲的な意味合いが含まれているので、目上の人にも使われます。

いきなり「恐れ入ります」と使うと相手を驚かせてしまいますので、「恐れ入ります」を使う前には感謝する内容を伝えることが大切です。

「恐れ入ります」の例文

ご留意いただき、恐れ入ります。

「ありがとうございました」の外国語表現

英語では「thank you very much」

「ありがとうございました」は英語で「thank you very much」です。「ありがとう」を意味する「thank you」に「very much」を付けることで丁寧な表現になります。

取引先へのビジネスレターには「I appreciate~」がいいでしょう。格式ばった表現になります。

韓国語では「감사합니다(カムサハムニダ)」

「ありがとうございました」は韓国語で「감사합니다」と書き、その読み方は「カムサハムニダ」です。丁寧に感謝を伝える表現で、目上の人にも使えます。

まとめ

「ありがとうございました」は感謝の気持ちを伝える丁寧な表現です。しかし「ありがとうございました」は一般的によく使われている丁寧語なので、相手への敬意が足りないと思われることがあります。そのため目上の人には「誠に」などを使いより丁寧な表現にします。また感謝の気持ちが過去のことだと誤解されないためには、「ありがとうございます」を使うといいでしょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。