「鋭気を養う」と「英気を養う」正しいのは?意味と類語・英語も

元気を取り戻すという意味で「鋭気を養う」または「英気を養う」という表現を使うことがあります。両方とも「えいきをやしなう」と読みますが、慣用句として正しいのはどちらなのでしょうか?
ここでは「鋭気を養う」と「英気を養う」の意味と使い方、類語と英語について紹介します。

「鋭気を養う」と「英気を養う」どちらが正しい?

「鋭気を養う」は「英気を養う」の間違った使い方

「えいきをやしなう」という慣用句として正しいのは「英気を養う」の方です。つまり、「鋭気を養う」は「英気を養う」の誤った使い方となります。

「英気を養う」は、社会人になるとよく使われる表現です。しかし、口語で使う際には漢字表記を意識することが少ないため、「鋭気を養う」と表記するのか、また「英気を養う」と表記するのか、どちらが正しいのか理解できていないこともあるでしょう。

「鋭気を養う」は基本的に誤った使い方です。手紙やメールで使う時は「鋭気を養う」ではなく「英気を養う」を使うようにしましょう。

以下より「英気を養う」に焦点を絞って、解説していきます。

「英気を養う」の意味は「気力や体力を充実させる」

「英気を養う」とは、「気力や気性、体力などを充実させること」を意味します。いききと生きよう、元気に働こうという気持ちを回復させ、前向きな気持ちで気力や体力を充実させることを表します。

もともと「英気」は、その人に備わっている気力や体力を意味しますが、その他、優れた才気も意味します。そのため、細かく言えば「英気を養う」は、人が持つ才能や知性、また能力や知恵などをマックスまで開花させ、最高のパフォーマンスができる状態まで持っていく、回復させる、という意味合いも含まれています。

「鋭気」と「英気」の違いは休息で回復できるかどうか

もともと「鋭気」とは、言葉が説明するように「鋭い気性や激しい気勢」を表しています。つまり、「鋭気」は物事に真っ向から立ち向かうさまや、旺盛な気迫や意気込みなど、精神的な強さに関係する表現であることが理解できます。

一方「英気」は、休むことで回復できる「気力」「活力」「体力」を意味します。

つまり「鋭気」は休息で養うことは難しく、「英気」は休息や休暇で取り戻すことできるということです。

また「養う」という表現には「養生する」「休んで回復する」という意味があります。つまり、基本的に、言い方として意味が成り立つのは「英気を養う」ということになります。

「鋭気を養う」は小説や一般的な文章で使われることも

慣用句として見れば、「鋭気を養う」は「英気を養う」の誤用となります。しかし、実際的には「鋭気」という言葉自体は正しい表現であるため、小説や一般的な文章でも状況をユニークに表すために「鋭気を養う」という言い回しを用いることもあります。

そういった背景から、「鋭気を養う」は完全に間違った言い方ではない、とも言えます。

「英気を養う」の使い方と例文

「英気を養う」は疲れた相手を労わる意で使われる

「英気を養う」は、職場での挨拶や会社の送迎会などで「疲れた相手を労わる」意を持って使われます。

「英気を養う」は、疲労困憊した身体を休めるために十分に休んだり、気力を充実させるという意味を持つ言葉です。そのため「ゆっくりと休んで下さい」という相手への計らいの気持ちや深慮の情を込めて使われることがあります。

例文
  • 2か月に渡る工事がやっと終了しました。明日からはゆっくり英気を養ってください。
  • 英気を養うために、しばらく実家に返ってみてはいかがですか?

「英気を養う」は職場復帰や有給の後に使われる

「英気を養う」は、何らかの理由で職場復帰した時や、有休を消化した後に職場に戻ってきた従業員などに対し「充実した休暇が取れましたか?」という意味合いで使われます。

加えて、職場の従業員やスタッフに対し「十分休暇を取ったのだから頑張っていこう、期待しているよ」という思いを込めて放たれることもあります。

例文
  • 十分に英気を養ったのだから、今後の活躍も大いに期待しているよ。
  • 温泉旅行で英気を養ってきたかい?体力も気力も回復したようで良かったよ。

「英気を養う」の類語とは?

「英気を養う」の類語1「体を休める」「充電する」

「英気を養う」の類語には「体を休める」や「充電する」があります。

「体を休める」は疲労した体を労わる、「充電する」は衰えた気力を回復させ、元気を取り戻すという意味があります。

その他、多少ニュアンスは異なりますが、「垢落とし」「気分転換」「息抜き」なども状況によっては「英気を養う」の言い換えの表現として使うことができるでしょう。

「英気を養う」の類語2「リフレッシュする」「リセットする」

「英気を養う」のカタカナ語の類語には「リフレッシュする」や「リセットする」などがあります。

「リフレッシュする」は元気を回復させ、体力や気力を生き生きと蘇らせること、また「リセットする」は疲れた体や傷ついた心などを元の状態に戻す、という意味があります。

「英気を養う」の英語での表現と例文

「英気を養う」の英語1「have a rest」

「英気を養う」を英語で表す時に、最もよく使われるのが「have a rest(体を休める)」です。「have a rest」は「身体的な疲労を回復させる」という意味だけではなく、「精神や脳などの疲れを取る」というニュアンスも持ち合わせています。

また、同様に「have a break」というフレーズも多く使われますが、「rest」に比べて「break」の方が簡易的で時間も短くなります。ゆっくりと時間をかけて気力や体力を取り戻すという意味で使う時は「have a rest」を使うと、より鮮明に意思が伝わります。

例文

十分に英気を養ったつもりだ。
I am sure I had such a good rest.

「英気を養う」の英語2「recharge」

「英気を養う」を、個性的でユニークな表現を使って言い表すなら「recharge(リチャージ)」というフレーズを使うのも良いでしょう。

「recharge」は、携帯電話やパソコンなどの電子機器を充電するのと同じく、人に対して使うことができます。ニュアンス的には「疲れた身体やボロボロになった心身を回復させる」となります。

例文

疲れたと感じたら、すくに英気を養うべきだよ。
You should recharge yourself soon enough when you feel tired.

「英気を養う」の英語3「freshen up」

「英気を養う」を、「気晴らしや気分転換をして身体をリラックスさせる」という意味で使う時は「freshen up」を使うこともできます。「英気を養う」とは、つまり「疲れた体を癒したり、リラクゼーションを行うこと」でもあります。

「freshen up」には「憂さ晴らしをして気持ちや頭の中をサッパリとさせる」という意味合いもあるため、「気力」「体力」「活力」などをシャキッとさせる意を表す時は、よりクリアに表現することができます。

例文

一週間も残業が続いたから、週末は英気を養うとするか。
I’m gonna freshen up on the weekend because I have been doing overwork for a week.

「鋭気」は英語で「spirit」「inner being」など

「鋭気を養う」は「英気を養う」の誤用となりますが、参考までに「鋭気」の英語を紹介します。「鋭気」は英語で表す時は「spirit(スピリット)」や「inner being(インナービーイング)」などを使います。以下で「鋭気」を使ったフレーズを挙げてみます。

  • 鋭気に満ちた人:man of spirit
  • 鋭気がない:spiritless
  • 鋭気を挫く:break the spirit
  • 鋭気を磨く:brush the inner being

まとめ

「鋭気を養う」とは「英気を養う」を間違って使った例で、慣用句としては誤りとなります。「鋭気」とは「精神や気性」などを表し、「英気」は「気力や体力、活力」を表しますが、「休息で回復できる」のは「英気」の方です。つまり「養う」という表現にマッチするのは、必然的に「英気」となるわけです。

職場や社内では「有休を取って、英気を養ってきたら?」「英気を養わないと、体力が持たないよ」などと、「英気を養う」を使って、同僚や部下を思いやる気持ちを示すこともできます。この機会に適切な使い方をマスターして、快活なコミュニケーションに役立てて行きましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!