「かしこまりました」の意味と類語は?「承知しました」との違いも

「かしこまりました」は、ホテルのフロントクラークやコンシェルジュが接客時によく口にしている言葉です。一般のビジネスでは「承知しました」がよく用いられいますが、両者に違いはあるのでしょうか。この記事では「かしこまりました」の意味や語源を解説しながら、「承知しました」との違いや類語も紹介しています。

「かしこまりました」の意味とは?

「かしこまりました」の意味は「慎んで命令を受けること」

「かしこまりました」は、目上の人や顧客などの指示・依頼を承諾したことを丁寧にいうあいさつの言葉です。漢字では「畏まりました」と書き、「畏」という文字は「おそれおおい」「おそれうやまう」「つつしむ」などを表しており、熟語の「畏怖」や「畏敬」からもその意味合いがうかがえます。

なお「畏」という文字そのものは常用漢字ですが、「かしこまる」という読み方は表外読みにあたるため、「かしこまりました」と平仮名で表記されることが一般的です。

「かしこまる」の意味合いは「おそれ慎む」こと

「かしこまりました」は、おそれ慎むことを表した動詞の「かしこまる」に、丁寧の助動詞「ます」の連用形「まし」と助動詞「た」が付いてできています。

「かしこまる」はおそれ慎むことのほか、謝罪や遠慮をすること、堅苦しい様子、貴人を前にして畏れ敬う態度を取ることなど複数の意味を持つものです。

現代使われている「かしこまりました」は「わかりました」ということを丁寧に返したものですが、慎み深くお受けするという意味合いは残っています。

「かしこまる」の語源は「かしこし」

「かしこまる」は古語の「かしこし」が語源です。女性が手紙の末尾に書くあいさつの「かしこ」と同源で、「かしこし」は精霊の力に対する畏怖の念を表しています。

畏怖の念は、現代でも祝詞の「かしこみかしこみ」にその意味合いを感じ取ることができ、「かしこまる」の基本的な意味にもなっているものです。

「かしこまりました」は謙譲語?

「かしこまりました」は謙譲語ではなく丁寧語

「かしこまりました」は、目上の人や顧客などへの返答として用いられることや「かしこまる」が持つおそれ慎むという意味合いから、敬語の謙譲語にあたる言葉だと思われることが多いようです。

しかし文法的に「かしこまりました」は丁寧語で、謙譲語ではありません。丁寧語を形作っているのは、「ました」に含まれる丁寧さを表す助動詞「ます」にあたる部分ですが、「かしこまる」には謙譲の意味合いはないのです。

「かしこまりました」は上司や目上の人にも使える

上司や目上の人に対しては謙譲語や尊敬語を使用することが一般的です。「かしこまりました」は丁寧語ですが、ビジネスシーンだけでなく公的な場においても目上の人に対する返答として使える表現として認識されています。

「かしこまりました」の使い方と例文

「かしこまる」は目上の人の動作には使えない

「かしこまりました」のベースになっている「かしこまる」は、目上の人の動作に使うことはできない言葉です。たとえば「子供たちがかしこまって座っている」ということはできますが、「先生はかしこまっていらっしゃる」「社長からかしこまりましたと伺っています」などの用法は誤りとなるため、注意が必要です。

なお「かしこまりました」を同僚や部下に対して使うことも誤りです。「かしこまりました」は社外・社内を問わず使えますが、対象は敬意を表す必要がある人に限定されます。

「かしこまりました」のメールでの使い方

「かしこまりました」は口頭での受け答えだけでなく、メールでも使うことができます。

「ご依頼の件、かしこまりました」「表題の件、かしこまりました」といった使い方だけでなく、前置きとして「かしこまりました、どうぞよろしくお願いいたします」「かしこまりました、次回のご来訪をお待ち申し上げております」といった用法も可能です。

「かしこまりました」を使った例文

  • 予定変更の件、かしこまりました。調整のうえご連絡いたします。
  • ご指摘の件、かしこまりました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
  • かしこまりました。明日資料を発送いたしますのでよろしくお願いいたします。

「かしこまりました」と「承知しました」の違い

「承知しました」は「承諾した」という意味

「承知しました」は「かしこまりました」と同様、相手の指示に対して承諾したことを表した丁寧語です。

「承知」には、相手の要求や事情を理解して受け入れるという意味合いがあり、「した」の丁寧語である「しました」をともなうことで全体が丁寧語となっています。

「承知しました」は謙譲語ではない

熟語の「承知」に含まれる漢字の「承」を訓読みにした「承る(うけたまわる)」は、「聞く」「受ける」の謙譲語ですが、「承知」は謙譲の意味合いを持っていません。「承知しました」は、社外の方や目上の方に対して了解した旨を伝える際に使うことができる敬語です。

なお、もっと丁寧にしたいときには「しました」の謙譲語である「いたしました」を用いて「承知いたしました」に変えることをおすすめします。

「承知しました」より「かしこまりました」が丁寧

丁寧さの度合いでは、「承知しました」より「かしこまりました」のほうが高いといえます。「かしこまりました」には「承知しました」にはない「慎しみをもって敬う」という意味合いがあるからです。

ビジネスシーンでは「承知しました」が日常的に用いられていることからも、改まったイメージの「かしこまりました」のほうがより丁寧に感じられます。

「かしこまりました」の類語・言い換え

「承りました」は謙譲の意を表した敬語

「承りました(うけたまわりました)」は「かしこまりました」と同じく、目上の方への敬語として使うことができる言葉です。「承る」という言葉そのものが謙譲語であるため、相手に対してへりくだった表現となります。

なお「承る」は相手の言う事を受ける・聞くという意味合いが強いため、顧客や取引先などの要望や指示を口頭で受けた場合に使われることが一般的です。

たとえば担当が席を外しているときに電話を受けた場合、「私でよろしければ、ご用件を承ります」というように対応するとよいでしょう。

「了解しました」を目上の方に使うのは控える

「了解しました」は文法的には丁寧語にあたるものですが、目上の方に対して使うことは不適切とする見解が優勢です。

「納得すること」「理解すること」を意味する「了解」に「しました」をともなった丁寧語で、文法的には「了解しました」を目上の方に対して使っても問題がないようにみえます。

しかし、ビジネスマナーに関する情報の多くに、「了解」という言葉そのものが目上の方に対してふさわしくないとするものがみられます。したがって、「了解しました」の使用は同僚や部下などに限定しておいたほうが無難でしょう。

「わかりました」も目上には使わないほうがよい

「わかりました」は、理解したという意味の「わかる」に「ました」がつくことで丁寧語となっている言葉です。

丁寧語は敬語にふくまれますが、「わかりました」も「了解しました」と同様に目上の方への使用は避けた方がよいとされているため、同僚や部下などに対して使うことをおすすめします。

まとめ

「かしこまりました」について、「承知しました」との違いや類語も含めて紹介しました。敬語を使う目的は、相手に不快感を与えないことにあります。明らかな誤用でない限り、業界の慣習や一般的な風潮に合わせることがマナーに叶うといえるでしょう。社会人のたしなみとして、正しい敬語だけでなく柔軟な大人の対応術も身につけておきたいものです。