「ご活躍」の正しい使い方とは?目上の人やシーン別の例文・類語も

「益々のご活躍をお祈り申し上げます」とはビジネスでよく耳にする定型句ですが、「ご活躍を祈念し…」「ご活躍を期待し…」など様々な言い回し用いられます。ここでは「ご活躍」の意味をはじめ、目上への使い方や異動・年賀状などシーン別の例文を紹介します。また、「ご健勝」など類語との違いも解説しましょう。

「ご活躍」の意味とは

「ご活躍」は「活躍」の敬語表現

「ご活躍」は、「活躍」という熟語に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけた表現です。「ご活躍」の前後も敬語にすることで、目上の人にも失礼なく使える表現となります。

「ご活躍」の意味は「目覚ましく活動されている」

そもそも「活躍」とは、「目覚ましく活動すること」を意味します。これを敬語にした「ご活躍」は「目覚ましく活動されている」というニュアンスになります。

特にビジネスシーンでは仕事において成果を残していること、手腕を振るっている様を指して「ご活躍」と使う他、定型表現として相手の実績を問わずに使用することも多いです。

「ご活躍」の使い方と注意点

「ご活躍をお祈り申し上げます」と使う

「ご活躍をお祈り申し上げます」は、相手がよりよい仕事をし、成果を上げられることを祈る励ましの言葉としてよく用いられる表現です。ビジネスシーンでは、異動や退職等で離れる人へ、あるいはスピーチの締めの言葉としても有名です。目上の人にも使うことができます。

「ご活躍を祈念しております」もよく使う表現

「ご活躍をお祈り申し上げます」を少し変化させ、「ご活躍を祈念しております」や「ご活躍を祈念いたします」とすることも可能です。「祈念(きねん)」とは「祈る」という意味の熟語で、「祈念しております=お祈り申し上げます」と同じニュアンスになります。

目上への「ご活躍を期待しています/ご活躍を楽しみにしています」

「ご活躍」は目上の人にも使える表現ですが、「ご活躍を期待しています」や「ご活躍を楽しみにしています」という言い回しは目上の人には使用できません。「期待する」や「楽しみにする」といった表現には「相手に対して結果や成果を求める」というニュアンスがあり、上から目線の印象を与えるためです。

自分と同等、あるいは目下の人に使う励ましの言葉、はなむけの言葉として使う場合には問題ありません。

「ご活躍されている」ではなく「ご活躍のことと存じます」

「ご活躍」は敬意を込めたワードなので、「されている」という単語でさらに尊敬のニュアンスを足す必要はありません。たとえば、相手の日々の活躍を称える際に「益々ご活躍されていることと存じます」と使うのは誤りです。この場合は「益々ご活躍のことと存じます」が正しい表現になります。

「ご活躍」のシーン別例文

異動する人へのメール

この度の営業本部長へのご栄転、お慶び申し上げます。
これまでご苦労ばかりおかけしましたが、丁寧に教えてくださったことを大切に、仕事に邁進する所存です。

今後も益々のご活躍を祈念しております。
本当にありがとうございました。

退職する人への励ましの言葉

○○さんには、これまで大変お世話になりました。
なれない環境ではご心労もあるかと存じます。くれぐれもお体にはお気をつけください。

○○さんの新天地でのご活躍をお祈りしております。

年賀状での挨拶

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
○○様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

冒頭や締めの挨拶として使う場合

  • (手紙の冒頭で)新緑の候 ○○様には益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • (手紙の末尾に)末筆ながら、◯◯様のご活躍とご健勝をお祈りいたします。
  • (スピーチにて)最後になりましたが、皆様の益々のご活躍を祈念し、挨拶に代えさせていただきます。

「ご活躍」と「ご発展」「ご健勝」の使い分け

「ご発展」は企業に対して使う表現

「末筆ながら、益々のご発展をお祈り申し上げます」と文章を締めくくることがありますが、この「ご発展~」は企業の発展を願う際に用いられる定型句です。あなたの会社(事業)が良い方向へ進むように、と願いを込めた一節です。

なお、個人に対しても「ご発展」を使うことはできますが、「個人=ご活躍」「組織、団体=ご発展」という使い分けが一般的です。

「ご健勝」は健康を願う意味、「ご活躍」と併記も可

「ご健勝」には文字通り「健康」を願う意味があります。「お体を大切にしてください」というニュアンスで「ご健勝をお祈りします」と使うことができます。ただし、個人に対して使うワードであるため、組織に対して「ご健勝を…」と使うのは不適切です。

この「ご健勝」は「ご活躍」と共に使うことがあるのも特徴で、「○○様のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます」として使うこともできます。

「ご活躍」の類語・言い換え

「ご盛栄」は商売繁盛の意味

「盛栄(せいえい)」とは「商売が盛んになること、栄えること」という意味です。この「盛栄」に尊敬の接頭辞「ご」をつけることで、相手のビジネスが順調に進んでいること、栄えていることを祝う意味で「益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます」と使います。基本的には組織に使いますが、自営業など商売をしている人であれば個人に対して使うことも可能です。

「ご清栄」は無事と繁栄を願う

「ご盛栄」と同じ読みをするワードに「ご清栄」があります。「清栄」は、相手の無事と健康、繁栄を祝う表現で個人・組織のいずれに対しても使うことができます。たとえば「時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」と挨拶文の一節として用いられることが多いでしょう。

「ご清祥」は健康と幸せを願う

「ご清祥」は相手の健康と幸せを願うワードです。「ご清栄」と似た表現ですが、「ご清祥」には健康であると同時に「幸せに暮らしていることをよろこぶ」という意味があるのがポイントです。組織や団体に用いることもできますが、個人に対して「新緑の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」と使うことが多いでしょう。

「ご多幸」は幸せを願う際に使う

「ご多幸」は相手の幸せを願う際に使う表現で、おめでたい場での締めの言葉として用いられることが多いです。たとえば「皆々様のご多幸をお祈りし、ご挨拶に代えさせていただきます」などが挙げられます。スピーチ以外には、年賀状や手紙でも使うことができます。

「ご健闘」は応援や励ましの意味で使うことも

「ご活躍をお祈り申し上げます」は「ご健闘をお祈り申し上げます」に言い換えることも可能です。「健闘」とは「全力で戦うこと、屈せずに努力すること」という意味で、「ご健闘」と尊敬語にした場合には「頑張れ」のニュアンスで用いられます。この「ご健闘」を使ったフレーズは、目上の人に対しても使用可能です。

「ご活躍」の英語訳

英語では成功を祈る「I pray for you continued success.」

「ご活躍をお祈り申し上げます」や「ご活躍を祈念いたします」といったフレーズは、英語では「成功を祈る」と表現します。たとえば、「I pray for you continued success.」や「Hope you have a great success in your future」が「ご活躍をお祈りします」の日本語訳が宛てられます。

年賀状や年始の挨拶では「more successful year(さらに成功する年)」のフレーズを使い「I wish you more successful year to come.」とすることも多いです。

まとめ

「ご活躍」は「活躍」の尊敬語で、「ご活躍をお祈り申し上げます」をはじめとした挨拶文で用いられることの多いワードです。目上の人にも使える単語ですが、「ご活躍を期待しています」や「ご活躍を楽しみにしています」に限っては、成果を求めるニュアンスを含むため目上の人には使用しません。また「ご活躍」は個人に対して使うことが多く、組織や団体に対しては「ご発展」の語に置き換えることが多いです。