「敵を知り己を知れば百戦危うからず」意味と類語は?漢文の原文も

「敵を知り己を知れば百選危うからず」は、受験やビジネス戦略などで使われることわざです。主に「自分だけではなく相手を知らなければ勝てない」というニュアンスで使われますが、正しい意味を把握していますか?ここでは「敵を知り己を知れば百選危うからず」の意味と由来、使い方の例文と類語、また英語表現を紹介します。

「敵を知り己を知れば百選危うからず」の意味と語源

意味は「勝つためには自分も相手も知るべき」

「敵を知り己を知れば百選危うからず」は、「勝負や戦で勝つためには、自分だけではなく相手や敵をしることが大切」という意味を持ちます。たとえば、スポーツなどの勝負事においては自己と相手を理解しなければ、勝つことは難しいという意味で使われます。

つまり、「敵を知り己を知れば百選危うからず」は、自分のことだけを熟知するだけでは勝つことはできない、相手だけを十分に理解するだけでも勝ち目はないということを表しています。

逆に言えば、自分と相手の双方の実績や歴史、性質や癖などの知識を把握しておけば、百回戦っても「百回勝利することもできる」ということでもあります。

「準備は戦うための条件である」という意味も

「敵を知り己を知れば百選危うからず」とは「準備は戦いにおける条件であり、数多くの戦いでも、すべて勝利できるということは、つまり準備が整っているからである」という意味でもあります。

この時の「準備」とは、相手の優位性や強みを理解するだけではありません。同時に、自分の弱点や不得意な点を知ることが大切である、ということです。自分の長所や強みばかりを見つめていては、相手を倒すことは難しいということを表しています。

中国の兵法書「孫子・謀攻」と漢文の原文

「敵を知り己を知れば百選危うからず」の語源は、中国の兵法書「孫子・謀攻」にある一説です。ここでの「彼」は「敵」、また「殆う」は「危ない」を意味します。

語源の漢文

知彼知己者、百戰不殆。
(彼を知り己を知れば、百選殆うからず。)
敵の実情を知り、自国の実情を知っていれば、戦を百回経験しても危ないことはない。

漢文「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の続き

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」には続きの漢文があります。こちらも原文と訳をあわせて覚えておきましょう。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」続きの漢文

不知彼而知己、一勝一負。
(彼を知らずして己を知れば、一勝一負す敵の実情を知らず。)
自国の実情を十分知っても、買ったり負けたりする。

不知彼不知己、毎戰必殆。
(彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。)
敵の実情を知らず、自国の実情を知らなければ、戦うたびに危ない目にあう。

「敵を知り己を知れば百選危うからず」の使い方と例文

受験生に対し試験対策の大切さを表す時に使う

「敵を知り己を知れば百選危うからず」を適切に使うことができる場面に「受験」があります。高校・大学受験のみならず、資格試験やオーディションなど、「試験」や「テスト」を受ける人に対して「準備の重要さ」を示す意図で使うことができます。

この場合、「敵を知り己を知れば百選危うからず」の「敵」を「試験の内容や傾向」にたとえています。加えて、自分の弱点を克服し、試験対策をしっかり行っていれば危ないことはない、ということでもあります。

もちろん、その日の運や体調、面接官などの意向などで結果が変わってしまうことは多々あります。全ての人が合格するとは限りませんが、そういった心意気を育て、実際的な行動を促す意味でも、「敵を知り己を知れば百選危うからず」ということわざを効果的に使うことができます。

ビジネス戦略の基軸として使う

「敵を知り己を知れば百選危うからず」をビジネス戦略の基軸として用いることがあります。ビジネスシーンで最も避けるべきこと、それはライバルや相手企業をよく理解せずに行動を起こしてしまうことです。

たとえば、初めて取引をする企業に対して扱う製品の内容や企業風土、利益の幅やネットワークなどを把握しておくことは非常に重要です。むしろ、これらを把握せずに取引を進めようとするのは危険だと言えるでしょう。

また、激しい市場で勝ち残るためには、ライバル会社の分析や研究は不可欠です。相手の強味・弱みを理解した上で戦略を立てることで、利益を生むビジネスチャンスが到来することもあります。「敵を知り己を知れば百選危うからず」は、企業戦略として導入すべきスローガンでもあると言えます。

「敵を知り己を知れば百選危うからず」を使った例文

  • まずは、A社の下調べから始めよう。敵を知り己を知れば百選危うからずというように、ライバル会社のデータは把握しておきたいからね。
  • 対戦相手のことを分析してなければ、勝敗はすでに決まったようなものだ。敵を知り己を知れば百選危うからずということわざを知らないのか?

「敵を知り己を知れば百選危うからず」の類語とは?

ことわざの類語は「備えあれば憂いなし」

「敵を知り己を知れば百選危うからず」のことわざでの類語は「備えあれば憂いなし」です。「事前に準備をしていれば、万が一の際に心配をせずに済む」という意味で、準備することの大切さを表す故事成語のひとつとして知られています。

また「備えあれば憂いなし」は、日頃の準備や物事の段取りが重要であることを意味する言葉です。ちなみに「備え」とは「準備」、「憂い」は「不安に思ったり、嘆き悲しむこと」を表します。

四字熟語の類語は「用意周到」「熟慮断行」

「敵を知り己を知れば百選危うからず」の四字熟語での類語には「用意周到(よういしゅうとう)」や「熟慮断行(じゅくりょだんこう)」があります。

「用意周到」とは、事前に細かい部分まで心配りをし、必要なことを徹底的に行うことを意味します。一般的には「前もって抜かりなく必要な物事を揃える」といったニュアンスで使われます。

「熟慮断行」とは、不足や抜かりがないようにしっかりと考えた後に、強い決意を持って行動に移すことを意味します。つまり、軽い決断ではなく考えに考え抜いた上に、固く決断をし実行することを表す言葉です。

「敵を知り己を知れば百選危うからず」を英語で表すと?

英語フレーズ1「know yourself as well as your enemy」

「敵を知り己を知れば、百選殆うからず」のダイレクトな英語表現は「know yourself as well as your enemy(自分のことと同様に、敵にことも知れ)」です。自分のことだけではなく、相手の実績や性質なども把握することが大切である、ということを表す言い回しとなります。

英語フレーズ2「You can never be too prepared」

その他、英語圏で好んで使われるフレーズに「You can never be too prepared(準備をし過ぎることはない)」があります。準備や段取りを行わず、事前になってからあたふたしないように、準備はしっかりしておこう、という意味で使われます。

まとめ

「敵を知り己を知れば百選危うからず」とは「自分のことだけではなく、相手のことを知らなければ、百選戦っても勝敗は危うい」という意味で、中国の兵法書「孫子」を由来とすることわざです。ビジネス戦略や受験、またスポーツの試合などで「相手を知れ、自分の弱点や不得意な部分も知れ、それが勝つための条件である」といった意味で使われます。「敵を知り己を知れば、百選殆うからず」が堅苦しいという場面では類語に言い換えるとよいでしょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!