「お願いできますでしょうか」は敬語の誤り?メールの例文も紹介

「お願いできますでしょうか」は、ビジネスシーンでもよく耳にする表現です。しかし敬語として違和感があるという声も聞かれることから、正しい用法か否かを確認しておきたい言葉でもあります。この記事では、「お願いできますでしょうか」が敬語として正しいかどうかのほか、例文や言い換えに適した表現も紹介しています。

「お願いできますでしょうか」は敬語の誤り?

「お願いできますでしょうか」は婉曲な言い回し

「お願いできますでしょうか(出来ますでしょうか)」は、顧客や目上の方に何かを依頼するときによく使われる言い回しです。「お願いします」とストレートに伝えるのではなく、お願いできるかどうかを尋ねるという体裁をとっています。

日本語においては、ぶしつけな表現を避け遠回しに伝える「婉曲表現」を用いることで、奥床しさや謙虚さを示すという手法がよく用いられます。婉曲な表現を用いて謙虚にお願いすることにより敬意を表そうとしたものが、「お願いできますでしょうか」です。

「お願いできますでしょうか」は正しい敬語ではない

頼み事を婉曲に伝えようとしていることは理解できますが、「お願いできますでしょうか」は誤った敬語の用法である「二重敬語」に該当するため誤用となります。

「~できますでしょうか」は、「~できます」と「~でしょうか」があわさってできています。「~できます」は、「~できる」の丁寧語「~できます」です。

そして「~でしょうか」は、「~だ」の未然形「~だろう」の丁寧語「~でしょう」、もしくは「~だ」の丁寧語「~です」の未然形「~でしょう」に、疑問文を作る終助詞「か」がついた言葉なのです。

したがって「お願いできますでしょうか」は、丁寧語を同時に重ねて用いた「二重敬語」となります。

「お願いできますでしょうか」は広まりつつある表現

「お願いできますでしょうか」が文法的に誤りであることは、明確です。しかし日常生活をはじめビジネスシーンなど、さまざまな場面で「お願いできますでしょうか」を耳にする機会が増えています。

誤った用法であってもしばしば耳にすることによって違和感が薄れていくものですが、「お願いできますでしょうか」も徐々に誤用が定着している事例のひとつといえるでしょう。

このように、許容されつつある「お願いできますでしょうか」という表現ですが、就活などのようなシビアなシーンでは使わないほうが無難です。

「お願いできますでしょうか」を使った例文

冒頭に「お手数ですが」を加えるとなおよし

「お願いできますでしょうか」を使うときには、冒頭に「お手数をお掛けしますが」を付け加えることでさらに丁寧さを増すことができます。

ほかにも「恐れ入りますが」「申し訳ございませんが」など、要件の前に緩衝材となるような一言を加えることで、相手に不躾さを与えない配慮を示すことができます。

対話や電話での例文

  • 恐れ入りますが、こちらの登録用紙にご記入をお願いできますでしょうか。
  • 差し支えなければ、アンケートへのご回答をお願いできますでしょうか。
  • 申し訳ありませんが、〇〇様へのお取次ぎをお願いできますでしょうか。

メールでの例文

  • お手数をお掛けしますが、折り返しご連絡をお願いできますでしょうか。
  • お忙しいところ大変恐縮ですが、今週中にご返答をお願いできますでしょうか。

「お願いできますでしょうか」の文法的に正しい表現

正しい表現は「お願いできるでしょうか」

敬語の用法を判断しづらい時には、敬語を使った「敬体(ですます調)」を通常の文章様式である「常体(だ・である調)」に書き改めてから考えることをおすすめします。

「お願いできますでしょうか」の「~できますでしょうか」の常体表現は「~できるだろうか」となるので、これを敬語に変えていけばよいのです。

したがって「お願いできますでしょうか」を正しく言い換えた表現は、「お願いできるでしょうか」となります。

シンプルな「お願いできますか」も正解

「お願いできますでしょうか」で用いられている「でしょうか」は、推量表現です。しかし推量表現は、推量以外にも丁寧に質問するときや、聞き手の認識を聞き手自身に確認させるときに使うという用法もあります。

これらの場合、推量表現を省いても意味合いに大きな違いが生じないため、「~できるだろうか」を「~できるか」に変えても問題はありません。

したがって「お願いできるでしょうか」を、「お願いできますか」と言い換えることができるのです。

「お願いできますでしょうか」の言い換え表現

「できます」を使わない表現が使いやすい

敬語本来の原則からいうと、「できる」「できない」などのような能力に関する表現は目上の方に対して使いません。

「お願いできますでしょうか」の場合、できるか否かを問われているのは話し手側ですが、「できる」という言葉自体が敬語になじまないものといえるのです。

そこで、以下のように「できる」を使わない表現に言い換えてみると、敬語のバリエーションを広げることができるようになります。

「お願いしてもよろしいでしょうか」は許可を求める表現

「~してもよろしいでしょうか」は相手に許可を求めたり、問題がないかどうかを確認したりする言い回しです。相手に、問題ないかを確認する「~してもよいか」を丁寧に言い換えた表現で、「~できますでしょうか」と同じ意味合いといえます。

「よろしい(宜しい)」は「よい」を丁寧にした形容詞ですが、丁寧語にはあたらないものです。したがって、後に丁寧語の「~でしょうか」を続けても二重敬語にはなりません。

「よろしい」には上位の者から下位のものへの許諾を表す意味もありますが、「お願いしてもよろしいでしょうか」は話し手が許可を得られるかどうかを尋ねている表現であるため、問題なく使用できます。

なお、「お願いしてもよろしいですか」も使用可能ですが、推量表現の「~でしょうか」のほうがより丁寧です。また、さらに丁寧にしたい場合には「お願いしてもよろしゅうございますか」という言い方もできます。

「~していただけますか」は使いやすい敬語

「お願いできますでしょうか」という表現は、相手に何かをするように頼んでいるものです。たとえば契約書などにサインをしてほしい場合なら、「こちらにサインをお願いできますでしょうか」となります。

このとき、「こちらにサインしていただけますか」のように言い換えても、意味合いは同じです。さらに丁寧にしたいときには、「~していただきたく存じます」という表現も使えます。

謙譲語を重ねた二重敬語ではないかと思われるかもしれませんが、この場合は「~してもらいたい」と「思う」というそれぞれ独立した言葉で成り立っているため、問題ありません。

「お願いできますでしょうか」の英語表現

英語での「お願いできますでしょうか」は「Could you ~」

英語で「お願いできますでしょうか」を表現したいときには、相手にそれをすることができるかどうかを尋ねる言い回しの「Could you ~」が適切です。

たとえば「レポートの確認をお願いできますでしょうか」なら、「Could you confirm the report?」とします。さらに丁寧に表現したい場合には、「Would it be possible for you to ~」がよいでしょう。

まとめ

「『お願いできますでしょうか』は敬語の誤り?メールの例文も紹介」というテーマで、さまざまに述べてまいりました。

敬語を正しく使えることは、社会人として必要なスキルですが、すべてを逐一覚えていくことには無理があります。しかし、一度いいたいことを常体に直してから敬語に組み換えていく方法を覚えておけば、簡単に敬語を使えるようになるでしょう。