「ご愁傷様」の意味と言い換えは?メールでの使い方や返事・文例も

「ご愁傷様です」とは葬儀に参列した際の挨拶としてよく用いられる言い回しですが、相手を気の毒に思う気持ちを表現したり、気の毒な相手へのからかいのニュアンスで使用されたりと日常でも耳にします。「ご愁傷様」のシーン別の意味と使い方を詳しく解説します。また、「ご愁傷様」の言い換えや英語訳も紹介しましょう。

「ご愁傷様」の意味とは

「ご愁傷様」の意味は「悲しむこと、気の毒に思うこと」

「愁傷(しゅうしょう)」とは、「嘆き悲しむこと、気の毒に思うこと」を意味します。この「愁傷」に敬意を示す「ご」「様」を付け足した表現が「ご愁傷様」です。

主に身内を失くした人へのお悔やみの言葉として用いられる語で、遺族への挨拶フレーズとしてよく知られていますが、葬儀以外でも「気の毒に思う気持ち」を表現する際に用いられることがあります。

「ご愁傷様」には「からかい」のニュアンスも

一方で「ご愁傷様」は、気の毒に思う気持ちに、からかいのニュアンスを乗せて用いられることもあります。この場合「お気の毒に…」という意味はあるものの、不運をばかにして悪く言ったり、あざけったりする意味を持って用いられるのがポイントです。

「ご愁傷様」の使い方1:葬儀での挨拶

通夜や葬儀で「ご愁傷様です/ご愁傷様でした」と使う

「ご愁傷様です」や「ご愁傷さまでした」とは通夜や葬儀の挨拶です。通夜や葬儀に参列した際には、受付でまず「この度はご愁傷様です」「この度はご愁傷さまでした」と声をかけます。「ご愁傷様でございます」と使うこともあります。また、通夜や葬儀以外に、遺族と対面した際や弔問の際にも使用可能な表現です。

身内が亡くなった場合「ご愁傷様です」は使わない

親戚が亡くなった場合など、身内の通夜・葬儀に参列する際には「ご愁傷様です」と声をかけることはあまりありません。身内となる場合の「ご愁傷様」は、やや他人行儀に聞こえる懸念から、避けた方がよいとされています。

相手との関係性にもよりますが、身内となる場合には「本当に残念です」「突然のことで本当に驚きました」など、素直に気持ちを述べることが多いです。かしこまった表現を使わなくてもマナー違反とはなりません。

「ご愁傷様」を使った挨拶文例

通常「ご愁傷様です」だけで使用することも多いですが、より気持ちを伝えたい場合には次のような言い回しで用いることもあります。

挨拶文例
  • この度はご愁傷様です。突然のことで言葉もございません。心よりお悔やみ申し上げます。
  • この度は誠にご愁傷さまでございます。心よりご回復を祈っておりましたのに、残念でなりません。

なお、通夜や葬儀の場では遺族の悲しみに配慮し、長々と話すことはしません。「ご愁傷様です」と頭を下げて挨拶した後は、一言二言付け足すにとどめ、話し込むことはせずに葬儀等の流れに従うのがマナーです。

「ご愁傷様」への返事は感謝の言葉が通例

自分が遺族となった場合、あるいは通夜や葬儀の受付を担当した場合には「ご愁傷様です」声をかけられる側になります。その場合は「ありがとうございます」と感謝の言葉を返すのがマナーです。

たとえば「お忙しい中ありがとうございます」と付け加えたり、「お心遣いありがとうございます」や「恐れ入ります」などのフレーズに代えたりしてもよいでしょう。

「ご愁傷様」はメールでは使わない

近年ではメールで訃報を受けとることも多く、その場合はメールに返信する形で弔意を伝えることもあります。

お悔やみを述べるメールのマナーには諸説ありますが、一般に「ご愁傷様」は口頭表現として使用するもので、メールなど文章中では使わないのが正しいマナーとされることが多いようです。そのため、メールでは「ご愁傷様です」ではなく、同様の意味を持つ「お悔やみ申し上げます」を使うことの方が多いでしょう。

また、メールでの挨拶はあくまでも略式であるため、あらためて弔問や弔電でお悔やみを伝えるのがマナーです。

「ご愁傷様」の使い方2:同情やからかい

「ご愁傷様」を相手の不運に対して使う場合

「気の毒に思う」という意味の「ご愁傷様」は相手の不運に対しても使うことがあります。たとえば、「また部長に呼び出された…絞られるに違いない…」という同僚の愚痴に対して「ご愁傷様」と使うと、「それは大変だね」という同情のニュアンスになります。

からかいのニュアンスを含むため目上の人には失礼

相手の不運な事情に対し、純粋に憐みの気持ちを持って「ご愁傷様」と使うことも可能です。しかし、どちらかというと相手の状況を皮肉ったりからかったりするシーンで使われることが多くあります。

例文

彼女からのプレゼントのリクエストがハイブランドで金欠だよ。
―ご愁傷様。年に一度の誕生日と思って奮発するしかないな。

この場合の「ご愁傷様」は通夜や葬儀における使用とは異なり、ややカジュアルなニュアンスになるため、上司や目上の人には冗談でも避けた方が無難です。

「ご愁傷様」の類語・言い換え方

葬儀の挨拶では「お悔やみ申し上げます」

通夜や葬儀の挨拶では「ご愁傷様」以外に「お悔やみ申し上げます」を使うことも多いです。通夜・葬儀会場での挨拶シーンはもちろん、メールや弔電の文面で用いることもできます。

また「この度はご愁傷様です。心よりお悔やみ申し上げます」と並べて使うことも可能です。

故人の名前と共に使う「ご冥福をお祈りします」

「ご冥福をお祈りします」とは「亡くなった後の幸福をお祈りします」という意味です。故人の名前とともに使うのがポイントで、「○○様のご冥福をお祈りいたします」の形で使います。

ただし、死に対する考え方は宗教によって異なるため、宗教(宗派)によっては「ご冥福」というワードが使えない場合もあります。

からかいのニュアンスの「ご愁傷様」の言い換え

同情やからかいのニュアンスで用いられる「ご愁傷様」は、「大変でしたね」に言い換えられます。この意味での「ご愁傷様」が目下の人に対して使うことは先述しましたが、上司や目上の人には「ご難儀ですね」に言い換えると失礼のない言い回しになります。

「ご愁傷様」の英語訳

英語では「sorry」を使った表現も

「この度はご愁傷様です」のように葬儀などで用いられる表現は、英語でもいくつか定型文があります。最も簡単なものでは「I’m so sorry.」が挙げられ、「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」という気持ちを示す言い回しです。また、「Please accept my sincere sympathy.」も「お悔やみ申し上げます」と和訳されます。

「ご愁傷様」の英語例文

  • I’m sorry for your loss. (この度はご愁傷様です)
  • You have my deepest sympathy.(この度はご愁傷様です)
  • My condolence to you and your family. It is terrible to hear about your loss.(この度はご愁傷様です。ご逝去の報に接し、残念でなりません)

まとめ

「ご愁傷様」は、悲しむこと・気の毒に思うことを意味する「愁傷」に敬意を込めた表現で、通夜や葬儀で「この度はご愁傷様です」と使うのが一般的です。メールや弔電での使用に関しては様々な意見がありますが、「お悔やみ申し上げます」とセットで、メールで使うこともあるようです。一方で、「ご愁傷様」は日常会話で同情や皮肉の意味で用いることも可能です。ただし、目上に使うにはカジュアルすぎるため、通夜や葬儀以外では友人間での使用程度に留めるのが良いでしょう。