「えんもたけなわ」意味と由来とは?締めの挨拶での使い方や例文も

宴会や結婚式の二次会などの締めでよく使われる「えんもたけなわ」という表現ですが、もともとどのような意味の言葉なのでしょうか。この記事では、「えんもたけなわ」の意味と漢字、使い方と注意点を解説します。また類語の他にも、宴会の締め文句としての「えんもたけなわ」の言い換え表現も紹介しますので、参考にしてみてください。

「えんもたけなわ」の意味と由来とは?

「えんもたけなわ」とは「酒席が最も盛り上がっている状態」

「えんもたけなわ」とは「酒席が最も盛り上がっている状態」を意味します。「えんもたけなわ」には「酒席が盛り上がって少し冷め始めた時や状況」という意味もあるのですが、「酒席が最高潮の状態」という意味のほうがよく使われています。

「えんもたけなわ」は漢字で「宴も酣」

「えんもたけなわ」は漢字で「宴も酣」と書きます。「宴」は酒席のことで、食べ物やお酒が振舞われる宴会のことを指します。また伝統的には、食事と一緒に歌や踊りなどを楽しむ席のことも「宴」と言います。

「酣(たけなわ)」は酒席に限らず、行事や催し物、季節などいろいろな事柄が最も盛んな状態の時を意味しています。また、盛りが過ぎて少し落ち着き始めてきたときのことも指しています。

「えんもたけなわ」の由来はわかっていない

「えんもたけなわ」の由来ははっきりとしていません。しかし「宴」を意味する宴会が、大変盛り上がっていることを表現するための言葉として「たけなわ」が一緒に使われていくうちに慣用句のように使われるようになったと考えられます。

「たけなわ」の漢字「酣」には本来、お酒を飲んでうっとりしているさまや、酒席が盛り上がっているさまがあります。また「酣」は、「お酒を抽出する10月」を意味する「酉」に、お酒のうまみで酔った状態を指す「甘」で成り立っています。

漢字の成り立ちからしても「酣」はお酒によって盛り上がるという状態をよく表しているので、「えんもたけなわ」とは宴会が盛り上がっている状態をよく表しているフレーズだと言えるでしょう。

「えんもたけなわ」の使い方と例文

「えんもたけなわ」は締めの言葉として使われる

「えんもたけなわ」は宴会をおしまいにしようとするときの決まり文句として使われています。宴会を取り仕切っていた幹事が「えんもたけなわでございますが」のように出席者に声をかけて、宴会を終わりにすることを伝えます。

「えんもたけなわでございますが」の意味は、「宴会も盛り上がっているところですが」です。

宴会の締めとしての「えんもたけなわ」の例文
  • えんもたけなわでございますが、そろそろお時間となってしまいました。
  • えんもたけなわではありますが、お開きにしたいと思います。

「えんもたけなわで恐縮ですが」は結婚式の二次会でも使う

「えんもたけなわで恐縮ですが」は、宴会のほか結婚式の二次会の締めでよく使われるフレーズです。「恐れ入ること」という意味の「恐縮」を使うことで、出席者に対してへりくだり盛り上がっている二次会や宴会を終わらせて申し訳ないという気持ちと、出席者へのねぎらいの意味も込められています。

出席者への気遣いを感じられるフレーズなので、「えんもたけなわで恐縮ですが」は結婚式の二次会やお世話になっている方が出席する会の締めの挨拶として使える丁寧な表現になります。

「えんもたけなわで恐縮ですが」を使った例文
えんもたけなわで恐縮ですが、本日はご出席いただき誠にありがとうございました。

「えんもたけなわ」を言う目安は終了時間の10分前

「えんもたけなわ」は宴会の締めの言葉として使われていますが、言い始めるタイミングは宴会を終えたいと思う時間の直前に言わないほうがいいでしょう。

盛り上がっている宴会で「えんもたけなわでございますが」と出席者に話しかけても、すぐに出席者は帰ろうとはしないからです。出席者は「えんもたけなわ」という表現が宴会の締めを知らせる決まり文句だとわかっていたとしても、すぐに帰り支度を始めるとは限りません。

「えんもたけなわ」を宴会の締めの文句として言う場合、実際に宴会を終了したい10分ほど前を目安に話し始めましょう。ただし、あまり盛り上がっていない宴会では「えんもたけなわ」と言い始めると出席者はすぐに帰り支度をするかもしれませんので、状況を見計らって使うことも大切です。

「えんもたけなわ」の類語・類義語とは?

「えんもたけなわ」の類語1「盛り上がっているところ」

「盛り上がっているところ」は、出席者が宴会やパーティを楽しみ興奮した様子を表わしている表現で、宴会の締め文句として使われた時の「えんもたけなわ」と置き換えることができます。

「盛り上がっているところ」を使った例文

盛り上がっているところ恐縮ですが、これでお開きにします。

「えんもたけなわ」の類語2「賑わっているところ」

「賑わっているところ」は人が集まり賑やかな状態を表している表現です。「えんもたけなわ」のように宴会が最高潮に盛り上がっている状態にも使えますが、最高潮というほどではないがそれなりに盛り上がっているという状態でも使える表現です。

「賑わっているところ」を使った例文
賑わっているところ申し訳ありませんが、お時間となりました。

「えんもたけなわ」の類語3「祝宴も佳境に入ったところ」

「祝宴も佳境に入ったところ」はお祝いの酒席やパーティが盛り上がっていることを意味しています。「佳境」とは「たいへん素晴らしいところ」という意味の言葉で、転じて「たいへん盛り上がっている」という意味で使われています。

「佳境に入る」という文学的な表現を使っていることもあり、「祝宴も佳境に入ったところ」な酒席でも披露宴や祝賀会などのお祝いの席で、かつあらたまった宴会やパーティで使われるフレーズです。

「祝宴も佳境に入ったところ」を使った例文

祝宴も佳境に入ったところではございますが、残念ですが本日のパーティはお開きにさせていただきたいと思います。

「えんもたけなわ」の言い換え表現とは?

「お忙しいところお集まりくださいましてありがとうございました」

仕事で忙しいにもかかわらず宴会に来てありがとうという意味を込めて、宴会の締めの言葉として使われるフレーズです。仕事関係での宴会の締めによく使われます

似た表現に「ご多忙のところお越しくださいまして~」や「お忙しい中ご参加くださいまして~」などもあります。

「残念ですがそろそろお時間になりました」

「残念ですがそろそろお時間になりました」は、盛り上がっている宴会を終わりにして申し訳ないという意味合いを込めて、宴会の締めの言葉として使われるフレーズです。学生や友人などの気さくな間柄の集まりでよく使われます

「えんもたけなわ」の英語表現とは?

「えんもたけなわ」は英語で「party at its peak」

「えんもたけなわ」は英語で「party at its peak」と言い表せます。「パーティーが最高潮に盛り上がっている」という意味です。

ただし「party at its peak」を宴会やパーティーの締めの文句として使うことはありません。パーティーを終わりにしたいのなら、「このパーティーは終わりです」という意味の「This party is over.」と言った方がいいでしょう。

まとめ

「えんもたけなわ」は「えんかいが盛り上がっていること」を意味していますが、宴会の締めの決まり文句としてよく使われています。「えんもたけなわ」と幹事が言い出したら宴会を終わりにしなくてはいけないのですが、なかなか出席者が帰らないこともありますので、宴会を終わらせる時間の10分ほど前に言うようにするといいでしょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。