「取り急ぎ」の意味とは?「取り急ぎ〇〇まで」の文末の例文も

「取り急ぎ」とは「慌ただしく物事を処理する行為」という意味ですが、メールなどの文末で「取り急ぎご報告まで」や「取り急ぎお礼まで」などの表現として使われることが多い言葉です。

この記事では、「取り急ぎ」とはそもそもどういう意味なのか、そして「取り急ぎ〇〇まで」の意味や正しい使い方についても、例文を用いながら解説します。

「取り急ぎ」の意味とは?

「取り急ぎ」とは「慌ただしく物事を処理すること」

「取り急ぎ(とりいそぎ)」とは、「さしせまった状況の中で、慌ただしく物事を処理すること」という意味です。

また、さしせまった事について急いで取りかかることを「取り急ぐ」「取り急いで」と表現しますが、この行動を一言で言い表すのが「取り急ぎ」です。

「取り急ぎの手当を行う」、「取り急ぎ重要な要件のみを伝える」などと使います。

「間に合わせの処置」「取るものも取りあえず」のニュアンスがある

「取り急ぎ」は、「間に合わせの処置」、あるいは「取るものも取りあえず」というニュアンスを含んで使われます。

たとえば、怪我をした人に対して「取り急ぎの手当てを行う」という場合は、のちほどきちんとした手当を行うことを前提としながら、間に合わせの処置を急いで行う、という意味合いで使われます。

その一方で、たとえば「取り急ぎ入院する」という場合は、間に合わせの処置として入院するのではなく、「取るものも取りあえず入院する」というニュアンスで使われます。「取るものも取りあえず」とは、手に取る物も取らないでの意から、用意もそこそこに大急ぎで、という意味です。

ビジネスメールの文末「取り急ぎ〇〇まで」の意味とは?

「取り急ぎ〇〇し、のちほどあらためて正式に対処します」という意味

ビジネスメールの文末の挨拶として、「取り急ぎご報告まで」「取り急ぎご連絡まで」と書く場合があります。これは、「最終的に仕上げた報告や連絡をする前に、まずは現時点でお知らせできる重要な内容を取り急いで報告します」という意味を伝えるものです。

加えて、「これはあくまでも先んじての取り急いだ連絡であるため、正式な報告はのちほど改めて提出します」という意味を暗に含んで伝えています。

つまり、「取り急ぎ〇〇まで」との結びのあいさつをした場合は、そののちにきちんとした形のメールを入れることが一連のマナーであるのです。

「取り急ぎ〇〇まで」は失礼な表現ではない

文末に「取り急ぎ〇〇まで」と書いて終わるメールは、相手に失礼なのではと考える人もいるようです。しかし、「取り急ぎ〇〇まで」という表現は、書簡の締めの言葉として伝統的に使われてきたもので、失礼な表現ではありません。

しかし、「まで」で唐突に終わる締めの言葉に違和感を覚える人がいるのではないでしょうか。この表現がなぜ「まで」で終わる短い表現なのかには、ちゃんとした理由があります。

相手にとって有益だと思われることについて、まずは取る物も取り敢えず、急いで要点のみをお知らせするという気持ちを示すものであり、あえて短い表現にすることで、「あなたのために急いでお知らせしていますよ」ということをアピールしているのです。

あえて「敬語」を省き急いでいることを表現する

「取り急ぎご報告まで」「取り急ぎご連絡まで」という結びのあいさつは、目上の人や上司に対しても使うことができます。あえて敬語や挨拶の言葉を省くことで、急いで大切なことをお伝えしています、ということをアピールしている体裁であるからです。

加えて、自分の一方的な要件を伝えているのではなく、相手の利益となる内容について急いで伝えるものであるため、敬語を省くと同時に挨拶なども省略して簡素な表現としているのです。

「取り急ぎ」の使い方と例文

「取り急ぎご連絡まで」の使い方と例文

「取り急ぎご連絡まで」は、急いで連絡したいことがある場合によく使われます。ポイントは、詳細が決定する前の連絡で使うということ。

たとえば、「次の定例会議は中止となりました。次回の開催日時については決まり次第ご連絡いたします。取り急ぎご連絡まで。」のような使い方です。

「取り急ぎご報告まで」の使い方と例文

「取り急ぎご報告まで」は、急いで報告すべきことがある場合に、要点のみをかいつまんで報告するときに締めの言葉として使います。次のように、短い文章でまとめることがポイントです。

「緊急アンケートの回収が終わりました。〇日までに報告書を提出いたします。取り急ぎ進捗のご報告まで。」

敬語にするには「取り急ぎご連絡(ご報告)申し上げます」

あえて敬語を省くことで相手の立場に立っていることを強調するのが「取り急ぎ〇〇まで」という表現ですが、目上の人などに対しては使いにくいと感じる場合もあるかもしれません。

そのようなときは、「取り急ぎご報告(ご連絡)申し上げます」と、「申し上げます」をつけることにより、丁寧な表現にすることができます。

さらに、「まずは取り急ぎご報告申し上げます」と「まずは」をつけると、この後に追って正式な報告をしますという意思を伝えることができます。

「まずは」とは、「とりあえず」の意味の「まず」を強めていう語です。先に急ぎの報告をして、その後に正式な報告をします、という意味で使います。

「取り急ぎお礼まで」のお礼メールの使い方と注意点

「取り急ぎお礼まで」はお礼の挨拶にのちほど出向くことが前提

「取り急ぎご報告まで」とともにしばしば使われる表現に「取り急ぎお礼まで」があります。こちらも伝統的に書簡の締めの言葉として使われてきたものが、メールなどでも使われるようになった表現です。

ただし、手紙でやりとりしていた時代は、重要なことは実際に会って話をする、という習慣がありました。そのため、「取り急ぎお礼まで」という簡単な連絡を、はがきなどの簡便な書簡で行った後、改めて実際に相手の家を訪ねるという一連の行動が暗黙のマナーであったのです。

つまり、「のちほど正式にお礼に伺いますが、まずは急いでお礼の気持ちを伝えたい」という意味で使うのが書簡の結びの言葉「取り急ぎお礼まで」なのです。

「まずは取り急ぎお礼申し上げます」の敬語表現でも前提は変わらない

「取り急ぎお礼まで」を敬語で表現する場合は「まずは取り急ぎお礼申し上げます」となります。

しかし、のちほど改めて正式なお礼に伺うことを前提として使うのが「取り急ぎお礼まで」という結びの言葉であるため、「まずは取り急ぎお礼申し上げます」とした場合にも正式なお礼を前提としていることにかわりはありません。

取り急ぎのお礼をしたあとは、あくまでも正式なお礼をすることが一連のマナーであることを覚えておきましょう。

正式にお礼の挨拶をしない場合は違う表現が適切

「取り急ぎお礼まで」の結びの言葉は、のちほど正式にお礼に伺うという前提の上で使われてきたものでしたが、現代ではその前提がないままに取り急ぎのお礼のみで済ませてしまっています。そのため、目上の人などに用いるのに違和感を持つ人もいるのではないでしょうか。

目上の人などに、急いでお礼の気持ちをメールで伝えたい場合は、「略儀ながら、メールにてお礼を申し上げます」という表現がよいでしょう。

さらに丁寧にする場合は、「本来ならば直接お伺いすべきところ、誠に略儀ながら、メールにてお礼を申し上げます」と、直接伺うことができないことを詫びる文言を入れる形もあります。

「取り急ぎ」の類語・言い換え方とは?

「取り急ぎ」の類語は「とりあえず」

「さしせまった状況の中で、慌ただしく物事を処理すること」という意味での「取り急ぎ」の類語には「とりあえず」があります。

慌ただしく物事を処置する「取り急ぎの処置を行います」との表現は、「とりあえずの処置を行います」と言い換えることができます。

ビジネスメールでは「まずは」が適切

先に紹介した「とりあえず」の表現は、「間に合わせの処置」という意味があるため、状況によっては手抜きの処置という印象を持たれてしまう可能性があります。

そのため、「大事な要件のみ急いでお知らせします」という意味でビジネスメールなどで使う「取り急ぎ」の言い換えにおいては、「まずは」の方が適切です。

まとめ

「取り急ぎ」とは、「慌ただしく物事を処理すること」という意味ですが、特に手紙の結びの言葉として伝統的に使われてきたのが「取り急ぎ〇〇まで」という「取り急ぎ」の使い方です。

「取り急ぎ〇〇まで」の表現は、あえて敬語や挨拶の言葉を省いて短く表現することで、取るものもとりあえず早く連絡したという気持ちを伝えるものです。そのため、「慌ただしく物事を処理すること」という意味とは異なるニュアンスで使われています。