「温故知新」の意味や由来とは?座右の銘や使い方の例文・類語も

「温故知新」は、座右の銘としても人気が高く社訓などビジネスでの考え方としてもよく使われます。古代中国の書物「論語」の一節が由来の言葉です。

ここでは「温故知新」の意味や使い方と例文を解説。由来となる「論語」の一節や書き下し文も紹介します。あわせて類語や英語表現として使えるフレーズも紹介しましょう。

「温故知新」の意味とは?

「温故知新」の意味は「古い教えから新しい知識を得る」

「温故知新」とは、古い教えを調べたり研究することで、新しい知識や考えを得ること。訓読では「故きを温ねて新しきを知る(ふるきをたずねて あたらしきをしる)」と読みます。

古い学問や歴史、経験など過去の事柄をしっかりと調べ学ぶことで、新しい学びや知識に結び付けていくという意味。過去の事柄を学ぶことで現在や先のことまで考えることが重要というニュアンスです。

「温故知新」の読み方は「おんこちしん」

「温故知新」の読み方は「おんこちしん」です。「温」には「あたたかい」という意味の他に「復習する」という意味もあり、「故」には「ふるい」や「もとからある」などの意味があります。

言葉の響きや意味合いから「故」ではなく「古」という漢字を連想して「温古知新」と書く人がいますが、これは間違いです。正しくは「温故知新」ですので注意しましょう。

「温故知新」の由来とは?

「温故知新」の由来は孔子の「論語」

「温故知新」の由来は、孔子(こうし)の言葉をつづった中国の書物「論語(ろんご)」に記されている言葉です。孔子は、古代中国の思想家であり儒教の創始者なる人物。弟子たちは孔子の死後にその教えをいくつかの書物としてまとめました。そのうちのひとつが「論語」です。

孔子はさまざまな言葉を弟子たちに説いており、弟子たちが受け継いだ孔子の言葉の多くは、ビジネスや人生の考え方や座右の銘などとして今も受け継がれています。「温故知新」もそのひとつで、孔子が弟子たちへ説いた言葉の一節として記されている言葉です。

「温故知新」に続く論語の原文と現代語訳

「温故知新」はそれだけで単独の言葉ではなく、さらに「可以為師矣」と続きます。孔子が弟子たちに説いたとされるその原文と、書き下し文・現代語訳を紹介しましょう。

論語の一節:
子曰、温故而知新、可以為師矣。

書き下し文:
子曰く、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る、以って師と為るべし。

現代語訳例:
孔子先生はおっしゃった。「古くからの伝えや考えを大切にし、そこから新しい知識や理解を得ていく。そうすれば人を教える師となることができるであろう。」

「温故知新」の使い方と例文

過去の経験や知識から新しい学びを得たときに使う

「温故知新」という言葉は、過去の経験や知識から新しい学びや知識を得たときに使います。

例えば、失敗を繰り返していた研究者が、その失敗についてしっかりと調べることでその後の成功に結びついたとき。「何度も失敗を繰り返したが、温故知新の精神で調べ直したことが成功へ繋がりました。」などと表現します。過去の失敗から学びしっかりと調べることで、その先の成功へと結びついたというニュアンスです。

ビジネスにおける考え方を表す「温故知新」

「温故知新」は、会社のスローガンや社訓などビジネスにおける考え方として使われることも多い言葉です。古くからある考えや知識など先人の知恵をしっかり学び研究することで、新しい知識や発見に結びつくことを示しています。

過去に何年もかけて習得したような知恵や知識を知ることで、同じ過ちをすることなく無駄な時間を浪費しないことは、会社の利益にも繋がるでしょう。

座右の銘として「温故知新」の使い方

「温故知新」は「座右の銘」としても人気の高い言葉です。「座右の銘」とは自分を律するために大切にしている戒めの言葉。過去の教えや知識を学び調べることで、経験の少ない新しいことに対しての知恵や知識を得ることができるという「温故知新」は「座右の銘」としても適しているでしょう。

「温故知新」を座右の銘とすることは、さまざまなところから学ぶことで先へ進んでいくという前向きな姿勢をも表しています。

「温故知新」を使った例文

  • 歴史を学ぶことでさまざまな発見があったことで、温故知新という言葉が身にしみました。
  • 古い文献を読んでいると新しいアイデアを思いついた。まさに温故知新だな。
  • 失敗を繰り返しているが、温故知新の精神で過去の失敗を調べれば成功につながるかもしれない。

「温故知新」の類語は?

類語1「覧古考新」は古い事柄を参考に新しいことを考察する

「覧古考新(らんここうしん)」とは、古い事柄を参考にして新しい事柄を考察すること。訓読では「古きを覧(み)、新しきを考える」となります。古代中国の書物『漢書』が由来の言葉です。

「覧古」は古い事柄について思ったり考えたりするという意味で、「考新」は新しいことをよく考えるという意味。たとえば、古い歴史をしっかり調べることで今の世の中についての考察をすることを「覧古考新する」と表現します。

「温故知新」とほぼ同じ意味ですが、「覧古考新」にはより深く考察するというニュアンスが含まれます

類語2「彰往察来」は過去の出来事を調べ未来を考察する

「彰往察来(しょうおうさつらい)」とは、過去の出来事をよく調べることで現状を把握し、それをもとにして未来について考察すること。訓読みでは「往を彰らかにして来を察す(おうをあきらかにしてらいをさっす)」となり、古代中国の書物のひとつ『易経』を由来とする言葉です。「温故知新」とほぼ同じ意味と言えます。

類語3「承前啓後」は古いものを受け継ぎ未来を切り開く

「承前啓後(しょうぜんけいご)」とは、昔からのものを大切に受け継ぎ未来を切り開くこと。訓読では「前を承け後を啓く(まえをうけあとをひらく)」と読みます。

古くからの学問や文化、技術などをしっかりと受け継ぎ今にいかし、さらに未来へと繫げ発展させていくことが大切であるというニュアンスで、中国では古くから重要であるとされてきた考え方です。

「温故知新」とは少しニュアンスが違いますが、古い学問や技術などを大切にするという考え方は通じるものがあるでしょう。

「温故知新」の英語表現は?

「温故知新」は英語で「learning from the past」

「温故知新」を英語で表現するには「learning from the past」というフレーズを使うとよいでしょう。「learning」とは「学問」や「学ぶこと」という意味で、「past」は「昔」や「過ぎた過去」などの意味の単語。「learning from the past」は「過去のことから学ぶ」というニュアンスで「温故知新」の英語表現として適しています。

また「古い歴史を学ぶことで新しい知識を得る」というニュアンスの「taking lessons from the past」も「温故知新」の英語表現として使えるフレーズです。

まとめ

「温故知新」は古い知識や技術などを調べ研究することで、新しい知識や考えを得ることという意味。古代中国の思想家「孔子」の言葉をつづった書物『論語』を由来とする言葉です。

もともとは孔子が弟子に説いた「古くからの伝えや考えを大切にし、そこから新しい知識や理解を得ていく。そうすれば人を教える師となることができるであろう。」という文章の一節が四字熟語として伝わっています。