お客様に「お申し付けください」は敬語の誤り?例文と言い換えも

「お申し付けください」は、サービス業に限らず一般のビジネスでもよく用いられている表現ですが、謙譲語のイメージが強い「申す」が使われているためか、違和感を覚えるという声もあります。この記事では、お客様に「お申し付けください」は敬語の誤りではないかという疑問に答え、例文や言い換え表現も紹介しています。

「お申し付けください」の意味とは?

「お申し付けください」の意味は「言い付けてください」

「お申し付けください」は、「言い付けてください」の丁寧な表現です。「言い付ける」は「指示をする」「命令する」という意味で、「言う」を謙譲表現に変えた「申す」に、敬語をつくる接頭辞「お」と丁寧語の「~ください」がついて、「お申し付けください」が構成されています。

「何なりとお申し付けください」や「ご遠慮なくお申し付けください」という言い回しは定型的に用いられており、ビジネスシーンにおいてもしばしば見聞きされるものです。

お客様に「お申し付けください」は敬語の誤り?

「申し付ける」にへりくだりの意味はない

「申し付ける」は「言う」の謙譲表現「申す」と、「任せる」「伝える」という意味の「付ける」があわさってできた複合動詞です。しかしこの場合の「申す」は、へりくだるという意味での謙譲語ではありません。

「申し付ける」と同じような「申す」の用法は、「申し込む」や「申し越す」にも見受けられますが、これらの場合の「申す」は謙譲語Ⅱ(丁重語)に属するものです(2007年に文化審議会より出された「敬語の指針」による)。

つまり「申し上げる」は謙譲語Ⅰ(謙譲語)、「申し付ける」「申し込む」「申し越す」は謙譲語Ⅱ(丁重語)に分類されるもので、「申し付ける」に従来の謙譲語が持つへりくだりの意味はないのです。

「お申し付けください」はお客様に使える敬語

「お申し付けください」をお客様に使ってよいかという疑問が生じる理由は、謙譲語の「申す」が含まれているのではないかと考えられる点にあります。

しかし先の節で紹介したように、「お申し付けください」の「申す」は謙譲語Ⅱ(丁重語)にあたるため、お客様に使うことができる敬語として正しいものです。

なお、謙譲語ⅠとⅡを見分けるポイントは、謙譲語Ⅱには自分の行為を聞き手や読み手に対して丁重に述べるという働きがありますが、謙譲語Ⅰにはそのような働きはないという点で、ここに注目すれば区別しやすくなるでしょう。

「お申し付けください」の使い方と例文

「お申し付けください」は社外の方に適した表現

「お申し付けください」は、「何なりと伺いますので、どうぞおっしゃってください」という気持ちを表したい場面に適した表現です。

主に接客業で用いられる言い回しですが、一般の会社では来客や顧客、取引先に対して使うことが多く、面談での会話以外に文書での書き言葉としてもよくみられます。

さらに丁寧な「お申し付けいただければ」

「お申し付けください」で用いられている「~ください」は、丁寧語とはいえ「~くれ」という命令形がもとになっているものです。

したがって、もっと丁寧に言いたい場合には、謙譲語の「いただく」を用いた「お申し付けいただければ幸いです」「お申し付けいただきたく存じます」という表現をおすすめします。

受け身の「申し付かる」は誤り

申し付けを受けた場合、「申し付ける」を受け身表現に変えて「申し付かりました」や「申し付かっております」とすることは誤りです。

このような言い回しはときおり耳にすることがありますが、後述する「仰せ付かる(おおせつかる)」と混同したことが原因とされます。

なお、「言い付ける」の受け身表現である「言い付かる」を用いた「言い付かりました」や「言い付かっております」は正しい表現です。

「お申し付けください」を使った例文

  • お気付きの点などございましたら、担当部署までお申し付けください。
  • ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。
  • お困りのときは、私に何なりとお申し付けくだされば幸いです。

ビジネスメールで「お申し付けください」の使い方

「お申し付けください」で業務効率を高められる

ビジネスにおいてはメールのやり取り回数をできるだけ少なくすることで、業務の効率を高めることができます。

たとえば日程調整を行う場合、メールでいくつかの候補日を提案するとともに、「日程が合わない場合は、お気兼ねなくお申し付けください」と一言添えておけば、最小限のやり取りでスムーズに日程調整を完了できるのです。

「お申し付けください」は気遣いを示す言葉

「お申し付けください」は、「気兼ねせずに何でもおっしゃってください」という気遣いを相手に伝える言葉です。

指示を受ければ対応する準備があることや、質問や疑問があれば遠慮なく伝えてほしいことなどを、「お申し付けください」の一言が代弁しています。

たとえば見積依頼への返信で見積書を添付したようなとき、メール本文に「ご不明な点などがありましたら、何なりとお申し付けください」と記述することで、相手は気軽に質問できるようになるのです。

「お申し付けください」への返信には「ありがとうございます」

「何なりとお申し付けください」という一文が記されたメールを受け取った場合、聞きたいことなどがあれば速やかに尋ねることをおすすめします。特に問題がない場合には、「お気遣いありがとうございます」「何かありましたらご連絡いたします」と返信すればよいでしょう。

「お申し付けください」の言い換え・類語

「仰せ付けください」は尊敬語を使った表現

「仰せ付けください」は「お申し付けください」と同じ意味合いを持つ、言い換えとして使える表現です。

謙譲語の「申す」が入った「お申し付けください」に違和感を持つという声は少なからずありますが、「言う」の尊敬語にあたる「仰せ」を使った「仰せ付けください」であれば、抵抗感なく使用できるでしょう。

なお「仰せ付ける」を受け身に変えた「仰せ付かる」は正しいもので、「仰せ付かった件について…」や「確かに仰せ付かりました」のように表すことができます。

「お申し出ください」は意思表示してくださいという意味

「お申し付けください」と似た言葉に、「お申し出ください」があります。「申し出る」は「申す」と「出る」がつながった複合動詞で、自ら進んで意思表示するという意味を持つ言葉です。

「申し出る」は「申し付ける」と同様に謙譲の意味はないため、目上の方に使う敬語として正しいものといえます。

「お申し付けください」との違いは、「お申し付けください」は相手からの命令や指示を承るという意味合いではなく、意思表示を促す言い回しであるという点です。

「ご用命ください」はご注文下さいという意味

「ご用命(ようめい)」は、要件や注文を承ることを表した言葉です。「~ください」を続けて「用事があれば命じてください」「注文してください」という意味になります。

「ご用命ください」は商取引でよく用いられる表現で、「ご用命の際には、ぜひお声掛けください」「またのご用命を心よりお待ち申し上げます」などの定型的な挨拶もよく見受けられるものです。

「おっしゃってください」は口頭で使いやすい表現

「おっしゃってください」は、「言ってください」の尊敬語です。「お申し付けください」と同じ意味合いの言葉で、話し言葉で使いやすい表現といえます。

「言う」の尊敬語「おっしゃる」に、丁寧語の「ください」を続けた言い回しですが、敬語の誤用である二重敬語には該当しません。

接続助詞の「て」を挟んでいることと、敬語が尊敬語と丁寧語であることから、「おっしゃってください」は敬語の連結用法にあたる正しい表現なのです。

まとめ

「お申し付けください」は敬語の誤りではないことのほか、例文と言い換えについても紹介しました。

「申す」には謙譲語のイメージがあるため、文法的に誤りではないとはいえ「お申し付けください」に違和感を覚えるのは無理からぬことでしょう。そのような場合には、明確な尊敬語や謙譲語を使った言い回しに言い換えることをおすすめします。