「嬉しい限り」の意味や敬語の使い方とは?類語やメールの注意点も

ビジネスシーンで「嬉しい」という気持ちを表す際に「嬉しい限りです」と表現することがあります。この「嬉しい限り(です)」にはどういった意味があり、どう使うのが正しいのでしょう。敬語での活用例やさらに敬意を込めた言い回し、メールでも使える類語・言い換え表現など関連用語とあわせて解説します

「嬉しい限り」の意味とは?

「嬉しい限り」とは「この上なく嬉しい」の意味

「嬉しい限り(うれしいかぎり)」とは、「この上なく嬉しい」ことを意味します。最大限の嬉しい気持ちを意味する表現で、単に「嬉しい」という感情ではなく「非常に嬉しい、とても嬉しい」というニュアンスになります。この「嬉しい限り」は、改まった場やかしこまった場で用いる、硬い印象を伴う表現です。

「感情+限り」で「この上なく、~極まりない」の意味に

「嬉しい限り」の「限り」は、「この上なく、~極まりない」という意味です。「限り」には「限度いっぱい、限界まで」という意味があり、感情と共に使う際には「この上なく、~極まりない」というニュアンスになります。「嬉しい限り」以外にも「悲しい限り」「心細い限り」なども挙げられます。

「嬉しい限り」敬語での使い方とは?

「嬉しい限りです」と敬語として目上に使う

「嬉しい限り」は、「嬉しい限りです」の言い回しで「非常に嬉しい、この上なく嬉しい」という感情を示す際に使います。

ビジネスのような改まった場では、「嬉しいです」というとやや稚拙な印象を与えます。これに対し、「嬉しい限りです」はシンプルではあるものの、改まった場で目上の人に使える表現です。たとえば「皆様に祝福いただき、嬉しい限りです」としても、敬語としては問題ありません。

例文

先日のアンケートには、たくさんのご回答、ご意見を頂きましてありがとうございました。人事部としても嬉しい限りです。

一方で、「嬉しい限り」は目下には使用しない表現です。「この上なく嬉しい」ことを伝えたい場合には、フランクに「とても嬉しい」と表現するのが自然です。

「嬉しい限りでございます」がより丁寧

「嬉しい限りです」で目上の人に対して使うことはできますが、敬語としては「嬉しい限りでございます」とした方が丁寧です。ただし、同じ目上の人でも比較的親しくしている上司や取引先にはやや大げさに聞こえることもあります。「嬉しい限りです」「嬉しい限りでございます」は関係性によって使い分けてみてください。

例文
  • (イベントで)本日はご多忙の中、多くの方に足をお運びいただき嬉しい限りでございます。
  • (取引先の社長に)○○様にはお力添えいただき嬉しい限りでございます。今後とも、何卒よろしくお願いいたします。
  • ○○様のご希望に添える形となり、わたくし共も嬉しい限りでございます。

「嬉しく思います」「嬉しく存じます」が自然な場合も

「嬉しい限り」は敬語として適切な表現ですが、一方で親しくなればなるほど距離を感じさせる表現でもあります。そのため、堅苦しい印象を避けたい場合などには、「嬉しく思います」という表現を使うことも少なくありません。

「思います」の謙譲表現を使った「嬉しく存じます」もビジネスではよく用いられます。「嬉しく思います」よりも「嬉しく存じます」とした方が丁寧な印象になります。

なお、「嬉しい限り」のように「とても嬉しい」というニュアンスを出したい場合には「大変うれしく思います(存じます)」などとすることができます。

例文

新しいプロジェクトにお声がけいただいたこと、大変嬉しく思っております。ご期待に沿えるよう頑張ります。

「嬉しい限り」はメールでは使わないのが一般的

「嬉しい限り」は口語体と呼ばれる話し言葉であるため、メールや手紙など文章中で用いられることはありません。相手に嬉しく思う気持ちを伝えたい場合に、面と向かって使用する表現です。

メールや手紙で「嬉しい」という気持ちを伝えたい場合には、先述の「(大変)嬉しく思います」「嬉しく存じます」などに言い換えるとよいでしょう。

「嬉しい限り」の類語・言い換えとは?

熟語では「感無量」「光栄」が類語

「嬉しい限り」と似た意味を持つ表現では、「感無量」や「光栄」が挙げられます。

「感無量(かんむりょう)」とは「感慨無量」の略語で、「胸がいっぱいになるほどしみじみ感じること」を意味します。たとえば、喜びや感動で胸がいっぱいになった様を言い表す際に「感無量です」と使います。

一方「光栄(こうえい)」とは「名誉に思うこと」という意味です。何か賞をもらった時や仕事に抜擢された時には「大変光栄です」と嬉しく思う気持ちを表現することができるでしょう。

「幸いです」もビジネスではよく使う表現

「幸いです」は「望ましいこと、ありがたいこと」を意味する表現で、ビジネスシーンでは「~してもらえると嬉しい、~してもらえると助かる」など何かを依頼する際に「~していただけますと幸いです」のフレーズでしばしば用いられます。また、「お役立て頂けますと幸いです」といった使い方も可能です。

この「幸いです」のさらにかしこまった表現では「幸いに存じます」のほか、「幸甚です(こうじんです)」が挙げられます。目上の人への依頼にはこの「幸甚です」がベターです。

「喜ばしい限り」も類語のひとつ

「喜ばしい」とは「喜ぶべき状態である、うれしい」という意味で、「喜ばしい限り」で「この上なく喜ぶべきこと、この上なく嬉しい」という意味になります。

「喜ばしい限り」は「嬉しい限り」よりも丁寧な言い回しとして紹介されることも多く、「喜ばしい限りでございます」は最も敬意を込めた表現ともいえるでしょう。

ただし、「喜ばしい」は「その人にとって喜ぶべき状態であること」を第三者の目線で歓迎していう意味も持つ点がポイントです。「相手にとって嬉しいこと」に対して「それは喜ばしい限りですね」といった使い方も可能です。

「感激している」「ありがたい限り」に言い換えも

「嬉しい限り」は、文脈によっては「感激している」や「ありがたい限り」などに言い換えることも可能です。「そんな風に言ってもらえてありがたい限りです」「イベントが無事に終わって感激しています」など、フランクに表現したい場合に便利な言い回しです。

「嬉しい限り」の英語訳とは?

英語では「extremely glad」と表現する

「嬉しい限り」は英語では「非常に嬉しい」という意味の「extremely glad」の表現を使うことができます。たとえば、「その知らせが聞けて私も嬉しい限りです」は「I’m extremely glad to hear that.」となります。

また、「嬉しい限り=この上なく幸せ、最高」と解釈し、以下のように英訳することもできます。

「嬉しい限り」の英語例文

  • I couldn’t be happier.(嬉しい限りです[この上なく幸せだ])
  • I have never been this happy.(嬉しい限りです[最高に幸せです])

まとめ

「嬉しい限り」とは「この上なく嬉しい」気持ちを意味する表現です。やや堅苦しい印象を持つためビジネスシーンでも改まった場面で使われます。話し言葉として使うのが通例で、メールでは「大変嬉しく思います(存じます)」に言い換え、会話でも「この上なく~」というニュアンスを伴うことから繰り返し使うワードではありません。シーンにあわせて「感無量です」「大変光栄です」に言い換えるとよいでしょう。