「差し出がましい」の意味やビジネスでの使い方とは?例文や類語も

ビジネスにおいては上司などによく使う「差し出がましいのですが」という表現。類語や似た表現は他にもあるため、使い方にいまひとつ自信が持てない人もいるのではないでしょうか。

この記事では「差し出がましい」の意味やビジネスでの使い方・例文を解説し、あわせて「厚かましい」や「おこがましい」との違いも解説します。

「差し出がましい」の意味とは?

「差し出がましい」の意味は「でしゃばる感じを与える」

「差し出がましい(さしでがましい)」とは、「でしゃばる感じを与える」という意味です。「度を越えて他人のことに関わるような感じを与える様子」とも説明できます。

相手との関係性や自分の立場をかんがみて、これから行う自分の言動が度を越えていると感じるときに、「差し出がましいのですが」と話を切り出す使い方があります。

また、でしゃばったことをしてしまい、謝罪するときに「差し出がましいことをしてすみません」などと用います。

「差し出がましい」は「差し出」+接尾語「がましい」

「差し出がましい」は、「差し出」に接尾語の「がましい」がついた表現です。

「差し出」とは「差し出ること」という意味で、「差し出る」とは「身分・地位・立場を超えた言動をする」という意味です。

「がましい」とは「そのような状態がありありと感じられる様子」を意味します。「押しつけがましい」「晴れがましい」などにも使われます。

「差し出がましい」のビジネスでの使い方と例文

「差し出がましい」は自分の言動をへりくだる意味で使う

「差し出がましい」は、自分の言動がでしゃばる感じを与えると思われるときに、相手に対してへりくだる意味で使います。

「差し出がましいのですが」「差し出がましいとは存じますが」などの表現を前置きとして、「でしゃばるようで申し訳ないのですが」といったニュアンスを伝えます。

目上の人などに率直な意見を伝えたいときに、このような前置きをすることで謙譲の意を伝え、失礼にならないように配慮することができます。

クッション言葉としての「差し出がましいのですが」の例文

上司に対して率直な意見や提言、苦言などを伝えたいときに、「差し出がましいのですが」などと切り出す使い方はクッション言葉のひとつでもあります。

「恐れ入りますが」「失礼かとは存じますが」などのクッション言葉と同じ使い方です。

例文
  • 差し出がましいことを承知で申し上げますが、今までのやり方が通用しないと私は考えています
  • 差し出がましいことを言うようで申し訳ないのですが、今回の企画について異論があります

度を過ぎたことの謝罪は「差し出たことをしてすみません」

度を過ぎたことをしてしまったときに、「差し出がましいことをしてすみません」と謝罪することがあります。

しかし「差し出がましい」は「でしゃばる感じを与える」という意味であるため、でしゃばったことをしてしまったときの謝罪の言葉として「差し出がましいことをしてすみません」は微妙な表現であるといえます。

実際にでしゃばったことをしてしまったのであれば、そのようなことが感じられる様子という意味の「がましい」は外し、「差し出たことをして申し訳ありません」「差し出たことをしてしまい、反省しています」などとした方が率直な謝罪の表現となります。

しかし一般的には「差し出がましいことをしてすみません」というフレーズが多く使われています。

「差し出がましい」を相手の言動に対して使うときは注意

「差し出る」とは「身分・地位・立場を超えた言動をする」という意味であることから、そのような言動をした人に対して、その言動が不適切であることを伝えるために「差し出がましい」を使うこともできます。

しかし、その相手は自分よりも地位や立場が下の人であるときにのみ使うことができます。たとえば、部下に対して「入社早々に自分の意見ばかり主張するのは差し出がましい行動です」などと苦言を呈する使い方です。

目上の人や、立場が同等の人に「差し出がましい」と指摘するのは失礼になるので注意が必要です。

「差し出がましい」の類語や言い換え方とは?

「厚かましい」はずうずうしいという意味

「厚かましい」とは、「人の迷惑を考えず、ずうずうしい様子」という意味です。この場合の「ずうずうしい」には、「度を越えた恥ずかしげもない言動」というニュアンスが含まれています。

「度を越えて他人のことに関わるような感じを与える様子」という意味では「差し出がましい」と共通している部分もありますが、「恥ずかしげもなくずうずうしい言動」という意味は「差し出がましい」にはありません。

そのため、「差し出がましいのですが」といって話を切り出す場合は「立場をわきまえずすみません」という意味で使いますが、「厚かましいのですが」と話を切り出す場合は「ずうずうしくて恥ずかしいのですが」「ご迷惑をおかけするずうずうしいお願いなのですが」といった意味で使います。

「おこがましい」は気恥ずかしいという意味が含まれる

「おこがましい」とは、「身の程しらずに思い上がっているようで気恥ずかしい」という意味で、自分の言動について用いることが多い表現です。

「おこがましい」は「差し出がましい」と同じく、自分を謙遜したり相手を立てるための謙譲の表現として使われます。「差し出がましい」は自分の意見を言うときに使いますが、「おこがましい」は「気恥ずかしい」というニュアンスが含まれていることから、お願いをするときに使うことが多いです。

「おこがましいのですが、私の分もお願いしてもよろしいでしょうか」「自ら名乗りを上げるのもおこがましいですが」といった使い方です。

「僭越ながら」は出過ぎたことながらという意味

クッション言葉として使う「差し出がましいのですが」は、場面によっては「僭越(せんえつ)ながら」と言い換えることができます。「僭越」とは、「自分の身分や地位を超えて出過ぎたことをすること」という意味です。「僭越ながら申し上げます」などと前置きをしてから、自分の意見を表明したりします。

「差し出がましいのですが」は「立場をわきまえず余計なことを言うようで申し訳ない」のニュアンスで使われますが、「僭越ながら」は「余計なこと」というよりも「出過ぎたこと」のニュアンスが強いといえます。

そのため、「他の皆様をさしおいて私ごときが」といったニュアンスで、乾杯の音頭を取るときなどに「誠に僭越ながら乾杯の音頭を取らせていただきます」と使ったりします。

「身の程知らず」は分際をわきまえない人に対して使う

「身の程知らず(みのほどしらず)」とは、「自分の分際をわきまえないこと」、あるいはそういう人のことを指します。

「身の程」とは「自分の身分・能力などの程度、分際」という意味です。「身の程を知らない」ことや、そのような人のことを「身の程知らず」と呼びます。

自分の分際をわきまえない行動をする人に対して「あの人は身の程知らずだ」などと他者に対して使うことが多い表現です。自分に対して使う場合は「身の程をわきまえず」と表現します。

まとめ

「差し出がましい」はビジネスなどの場面で、上司に意見などを述べるときに「差し出がましいのですが」という前置きの言葉としてよく使われます。

「差し出」とは、「差し出ること」を意味し、「地位や立場を超えた言動をする」という意味です。「差し出がましい」とは、「立場を超えて」でしゃばる感じを与える様子という意味であることが他の似た表現と区別するときのポイントです。