「承知しました」の意味とは?「かしこまりました」との違いも

メールで「承知しました」と返信したり、上司に「承知しました」と答えたりすることが多いですが、状況によっては違和感を感じる人も多いようです。

そこでこの記事では、「承知しました」の意味やさまざまな使い方・例文を紹介します。あわせて「かしこまりました」「了解しました」との違いや、言い換え方についてもくわしく解説します。

「承知しました」の意味とは?

「承知しました」の意味は「わかりました」

「承知しました」は、「わかりました」の意味の漢語的表現による敬語です。

ビジネスシーンや目上の人とのやりとりでは、敬語であっても柔らかく口語的な「わかりました」の表現よりも、かたくおごそかな印象のある「承知しました」を使うことが通例となっています。

「承知」の意味は「知っていること・聞き入れること」

「承知」には二つの意味があり、「(情報などを)知っていること」と「(要求などを)いいと認めること・聞き入れること」です。「承知しました」は、この2つの意味のどちらかで使います。

たとえば事の経緯の説明を聞き、理解したことを「承知しました」と表現したり、新しい仕事を打診されて受けることを「承知しました」と言ったりします。

「承知しました」は「承知した」の敬語表現

「承知しました」は「わかっている」という意味の「承知」に「した」の丁寧語である「しました」を付けた敬語表現です。

「承知」は謙譲語ではありませんが、謙譲語の「承る」が使われているため、「承知しました」の表現は謙譲語の意味合いを含んで使われています。

そのため、ビジネスでの取引先や上司などに対しては「承知しました」が多く使われています。逆に、同僚や近い関係性にある上司などに対しては、丁寧すぎる場合があります。

「承知しました」の使い方と例文

「理解した」ことを伝える場合

ビジネスにおけるメールのやりとりで、相手の連絡や指示などの内容を理解したことを伝える際に、「承知しました」を使います。

その際は、「〇〇の件について、承知しました」と、承知した内容について改めて記載すると、間違いがない丁寧な対応ができます。

「受け入れる」ことを伝える場合

内容を理解したことを伝えるほかに、相手の要求や指示などを認めたり、受け入れたりすることを伝える「承知しました」の使い方があります。

メールなどでは「ご依頼いただきました件につきまして、承知しました。どうぞよろしくお願いいたします。」などと返信します。

より丁寧にしたいときは「承知いたしました」

「承知しました」をより丁寧に表現したい場合は「承知いたしました」を使います。

「しました」は「した」の丁寧語ですが、「いたしました(致しました)」は「した」の謙譲語です。そのため、「承知致しました」としたほうが、相手を立てて敬う気持ちを強く表現することができます。

謙譲表現の「承知いたしました」は、丁寧語の「承知しました」よりも、自分がへりくだることで目上の人や役職の高い人に敬意を示すことができます。

「承知しました」と「かしこまりました」「了解しました」との違いは?

やわらかい印象にしたいときは「かしこまりました」を使う

「承知しました」は漢字の熟語を用いる漢語的表現で、かたい印象があるため、状況や相手によっては、使いづらいと感じることがあります。そのような場合は、やわらかい印象の和語である「かしこまりました」を使いましょう。

「かしこまる」とは、命令や依頼などをつつしんで承知するという意味で、相手に敬意を示すとともに謙譲の意味も持つ言葉です。

「承知しました」が堅苦しいときは「了解しました」を使う

「承知しました」と同じように使える表現に「了解しました」があります。「了解」とは「事の内容や事情がわかる」という意味ですが、わかるだけでなく、「わかって納得する」という意味も含んで使われます。

同僚などに対して「わかりました」の意を伝えたいけれど、もう少し丁寧に言いたい、しかし「承知しました」は丁寧すぎる、と感じるときには、「了解しました」を使うとよいでしょう。

なお、「了解」は、「納得した」という意味で「了解です」とカジュアルに使うことがあります。そのイメージからか、「了解しました」は目上の人に使ってはいけないと思う人もいるようですが、文法的には目上の人に使っても問題ありません。

「承知しました」の言い換え方は?

カジュアルな敬語としては「わかりました」

「承知しました」が堅苦しいと感じるときは、「了解しました」と表現できると先に説明しましたが、同僚などに対しては「わかりました」でも問題ありません。

但し、「わかりました」は口語的な表現であるため、ビジネス上でのメールにおいては、「承知しました」「了解しました」の方がよいでしょう。

あるいは、内容を理解したことを伝えるのであれば「理解しました」、確認したことを伝える場合は「確認しました」などの表現もできます。

へりくだった表現にしたいときは「かしこまりました」

相手との関係性によっては、「承知しました」では固すぎると思えたり、いつも「承知しました」ばかり使っているので別の表現にしたい、というようなときは「かしこまりました」に言い換えてみましょう。

命令などを受けたときは「承りました」

上位者からの命令などを「つつしんで受ける」という意味の表現に「承る(うけたまわる)」があります。「受ける」の謙譲語で、「いただく」の意の「受け賜る」から転じた表現です。

「承知しました」に比べて、「承りました」は重要な仕事を命令されたときなどに言葉に重みを与えることができます。

理解したことを強調したいときは「理解しました」

こみいったような事柄の経緯の説明を受けたときや、相手の伝えたいことを確実に理解したことを伝えたいときなどには、「〇〇の件について、理解しました」という表現もできます。

「〇〇の経緯について、承知しました」とするより、「確かに理解しましたよ」という気持ちをダイレクトに伝えることができます。

ただし、単純な内容の連絡メールなどに「理解しました」と返信するのは表現としては不自然なので状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

「承知しました」の英語表現は?

「承知しました」は英語で「I understand.」

「承知しました」は英語で「I understand.」「Understood.」「Well noted.」などと表現します。これは、「理解した」(分かっている、理解している)の意味で用いる場合の表現です。

例文
  • それが複雑な状況にあるのは十分承知しています。
    I fully understand that it is in a complex situation.

また、「受け入れる」(聞き入れる、同意する)の意味で用いる場合の「承知しました」は英語で「I accept.」「I consent.」「I agree.」などと表現します。

例文
  • 我々はそのような不公平な条項を到底受け入れることはできない。
    We cannot accept such an unfair clause at all.

まとめ

「わかりました」よりも丁寧な表現が「承知しました」ですが、少し硬いと感じるときは「かしこまりました」とするとやわらかい印象になります。

「了解しました」も「承知しました」と同列に使える敬語表現ですが、同僚などに納得したことを伝える「了解です!」といった使い方があるためか、「了解」はカジュアルな印象があるようです。

上司や目上の人、取引先などに対しては、「了解しました」よりも「承知しました」「かしこまりました」を使うのがよいでしょう。