「ご無沙汰しております」の使い方は?メールや手紙の例文・返事も

「ご無沙汰しております」はしばらくぶりに会う人への挨拶ですが、ビジネスの相手や目上に対してはどう使うのが正しいのでしょう。本記事では「ご無沙汰しております」の意味をはじめ、使い方を例文で解説します。また、類語「お久しぶりです」との違いや「お世話になります」など挨拶フレーズとの使い分けも紹介します。

「ご無沙汰しております」の意味とは

「長い間連絡をせずすみません」という意味

「ご無沙汰しております」とは、わかりやすくいうと「長い間連絡をせずにすみません」という意味です。「ごぶさたしております」と読みます。長い間相手を尋ねなかったり、手紙も書かなかったりしていたことを申し訳なく思い、詫びるニュアンスを持ちます。

「ご無沙汰」の「沙汰」は頼りや知らせを意味する

「ご無沙汰しております」の「沙汰」とは、「便り、知らせ、音信」という意味です。「無沙汰」とすることで「長い間訪問や音信をしない、ほうっておくこと」という意味になります。

「ご無沙汰しております」と類語「お久しぶりです」の違い

「お久しぶりです」は再会の喜びを込めた表現

「ご無沙汰しております」と同様に、しばらくぶりに会う人への挨拶では「お久しぶりです」というフレーズもよく用いられます。「久しぶり」とは「前回から長い時間がたったこと」という意味です。加えて、「お久しぶりです」と挨拶で使う場合には「また会えてうれしい」という喜びのニュアンスを持ちます。

「ご無沙汰しております」は目上への敬語として使える

「お久しぶりです」は一般的にもよく耳にしますが、ビジネスシーンで敬語として目上の人に使う場合は「ご無沙汰しております」がよいでしょう。

「お久しぶりです」も丁寧な言い回しではありますが、「ご無沙汰しております」に比べるとカジュアルな印象を与えます。また、「ご無沙汰しております」の「ご」は相手を敬う意味を、「おります」は自分を下げる謙譲語としての意味を持つことからも目上に適した表現と言うことができます。

「ご無沙汰しております」はお詫びの意味を含む

「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」は、謝罪のニュアンスの有無においても異なります。「ご無沙汰しております」は長い間連絡せずにいたことへのお詫びを含む表現ですが、「お久しぶりです」にお詫びや謝罪の意味はありません。この点も「ご無沙汰しております」がビジネスシーンで好まれる理由となっています。

「ご無沙汰しております」の使い方と例文

「ご無沙汰しております」は挨拶として用いる

「ご無沙汰しております」はしばらくぶりに会った際の挨拶として用いられます。しばらく連絡を取っていない場合に早速用件から入るのはやや不躾です。相手に失礼のないよう配慮する意味でも、久しぶりに会った人やしばらくぶりに連絡をする際にはまず「ご無沙汰しております」と挨拶するのが通例です。

「ご無沙汰」と呼ぶ期間の目安は2~3か月

「ご無沙汰しております」を使う点で気になるのが「ご無沙汰」に該当する期間でしょう。一般に、「ご無沙汰しております」を使うべきブランクは2~3か月と言われます。つまり、2~3か月の間全く連絡もせずに、かつ顔も合わせることが無かった場合には「ご無沙汰しております」と挨拶を述べた方が丁寧です。

「ご無沙汰しております」のメールや手紙での例文

「ご無沙汰しております」は連絡を取らずにいた期間に応じて、「大変」「長らく」などの言葉を足して使用します。

例文
  • すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません。
  • 以前セミナーでお会いした山田でございます。大変ご無沙汰してしまいましたが、その節はお世話になりました。

また、手紙では時候の挨拶に続いて用いることが多いでしょう。

例文

拝啓 初夏の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。長い間ご無沙汰しておりまして申し訳ございません。おかげさまで、日々仕事に趣味にと忙しい日々を送っています。

「ご無沙汰しております」のメールでの注意点

ビジネスメールで「ご無沙汰しております」はあまり使わない

「ご無沙汰しております」はしばらくぶりに連絡を取る際に使える挨拶ですが、ビジネスメール、とりわけ取引先とのメールで「ご無沙汰しております」と使うことはあまりありません。

そもそも「取引先と連絡を取らない」こと自体があまりよいことではないため、実際に数か月のブランクがあった場合でも「ご無沙汰しております」と挨拶することはまれです。どちからというと、学生時代の恩師や過去の上司に近況を報告する際などに、「ご無沙汰しております。○○支店でお世話になった山田です」などと使うことが多いです。

取引先へのメールでは「お世話になっております」に言い換える

では、しばらくぶりに連絡を取る取引先にはどのようにメールを書き出せばよいのでしょう。この場合は、ブランクがあっても「お世話になっております」というフレーズを使うのが一般的です。

「お世話になっております」とは日本のビジネスシーンでは言わずと知れた挨拶で、「面倒をみていただき、ありがとうございます」というニュアンスです。実際の関係性に関わらず、挨拶として口頭でもメールでも使用されるフレーズです。

「ご無沙汰しております」と「お世話になっています」は併用不可

「お世話になっております」と書き出しても、つい「ご無沙汰しております」と付け足したくなりますが、この二つのフレーズを併用するのはマナー違反です。「お世話になっております」が社交辞令であるとはいえ、「しばらく連絡もしていないのに世話になっている」という意味になり不適切だとされます。しっかりと使い分けたいフレーズです。

「ご無沙汰しております」への返事や返信

「こちらこそ、ご無沙汰しております」が一般的

「ご無沙汰しております」と挨拶をされた場合には、「こちらこそ、ご無沙汰しております」と返し、自分自身も連絡をしなかったことを詫びます。「こちらこそご無沙汰してしまい申し訳ございません」などの言い回しで用いられることもあります。

「お元気でいらっしゃいますか?」と気遣う言葉を足すことも

「ご無沙汰しております」とあわせて使うことが多いのが「お変わりありませんか?」や「お元気でいらっしゃいますか?」といった相手を気遣うフレーズです。相手の体調などへの気遣いを示すことができます。

先に相手から「ご無沙汰しております。お元気でしたか?」と言われた場合には、「こちらこそご無沙汰しております。おかげさまで、元気に過ごしています」などと返すとよいでしょう。

「ご無沙汰しております」の英語訳

「It has been a long time since~」と英訳する

「ご無沙汰しております」を英訳する際には、「It has been a long time since~」という表現を使用します。直訳すると「~してから長い時間がたった」という意味で、「久しぶり」というニュアンスを出すことができます。また「I haven’t seen you for a long time.(長い間会いませんでしたね)」に「ご無沙汰しております」の和訳があてられることもあります。

一方で、敬語を用いない英語とはいえ、「It’s been a while.」や「Long time no talk.」はカジュアルな言い回しであるため、「しばらくだね」「久しぶり」と和訳されることが多いです。ビジネスシーンではやや不向きな表現です。

まとめ

「ご無沙汰しております」とは「長い間連絡をせずにすみません」と、連絡をしなかったことを詫びる意味を持つ表現です。「ご無沙汰しております」というフレーズの成り立ちからも、ビジネスシーンで目上の人に使うのに適した表現とされています。半年以上あるいは年単位など、大きく期間が空いてしまった場合には「大変ご無沙汰しております」や「すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません」など言葉を足すと丁寧な印象になります。