「感服」の意味とは?類語「敬服」との違いや使い方・例文も紹介

「感服しました」とは、感心したり褒めたりする意味で用いられる表現で、ビジネスシーンで耳にすることも多いものです。しかし、実はこの「感服」は目上の人には配慮が必要です。「感服」の意味と使い方を例文で詳しく解説します。また、「敬服」との違いや類語、言い換え表現、英語訳についても紹介します。

「感服」の意味とは?

感服とは「深く感心し、尊敬の念を持つこと」の意味

「感服」とは、「深く感心し、尊敬の念を持つこと」という意味です。「とても素晴らしい」「非情に良い」と深く感じ入り、相手に対して尊敬・尊重の気持ちを抱くことを指して「感服」と言います。

「感服」の読み方は「かんぷく」

「感服」は「かんぷく」と読みます。「かんふく」ではなく、「ぷく」と読むのが特徴です。

「服」の字には「衣類、身につける」などの意味の他、「したがう、うけいれる」といった意味もあります。「感服」の「服」はこの後者のニュアンスを使用した熟語と言えるでしょう。

「感服」の使い方と例文

「感服しました」「感服させられる」と使う

「感服」は「感服しました」や「感服させられる(た)」などの言い回しで用いられます。特に、相手の高い技術や素晴らしい成果を目の当たりにし、心を動かされた際に「感服する」と使うのが特徴です。

例文
  • 営業部のチームワークの良さには感服させられる。
  • 山田さんの素早い対応には感服しました。新人とは思えない対応力だ。

「感服」は目下に使うことが多い表現

「感服」は丁寧な印象を与える熟語ですが、一般には目下に対して使うことが多い表現です。「感服」は相手の技術の素晴らしさや高いスキルに「感心し、尊敬の気持ちを持つこと」を意味するため、相手にはその技術やスキルを「評価した結果」として受け取られます。

通常、「目上の人を評価する」というのは無礼であることから、「評価」のニュアンスを含む「感服」も目上には不適切な表現とされることがあるのです。

「感服いたしました」の形で目上に使うことも

一方で、「感服」を目上には全く使わないかというとそうでもありません。目上に対して使う際には「いたしました」という謙譲語をつけ「感服いたしました」とすることで失礼のない言い回しとして用いられます。

例文
  • マネージャの対応には感服いたしました。先方からもお礼の電話を頂いております。
  • 部長のお話には大変感服いたしました。是非またお時間があればご一緒させてください。

「感服つかまつる」は古い武士言葉

「感服つかまつる」や「感服つかまつりました」は、古い武士言葉を使用した表現です。「つかまつる」とは「する、行う」の謙譲語で目上の人に対して使える表現ですが、現代では一般的ではありません。古風な言い回しであることや堅苦しさを感じさせることから、大げさな表現あるいは皮肉ととられる懸念もあるでしょう。

「感服の至り」は「きわめて感服している様」を表す

「感服の至り」とは「きわめて感服している様」を表します。この場合の「至り(いたり)」とは、物事が最高の状態に達していることを意味しています。「感服」はもともと、尊敬の念につながる程深く感心することを意味しますが、さらに「深く感心した様」を強調したニュアンスを出すことができます。

「感服」と「敬服」の違いとは?

「敬服」とは「尊敬の念を持ち、従うこと」

「感服」と似たワードに「敬服(けいふく)」が挙げられます。「敬服」には「深く感心し、尊敬の気持ちを抱き、従うこと」という意味があります。「感服」の類語のひとつです。

「敬服」は「その人自身を尊敬する」という意味合いが強い

「感服」がスキルや技術、あるいはその人の行動に対して用いられることが多いのに対し、「敬服」は「その人自身に対して尊敬の念を抱く」という意味で用いられます。「敬服」は「従う」という意味を含むことは先述しましたが、「その人自身を尊敬し従う」という意味で使うのがポイントです。

たとえば「一代で会社をここまで大きくした社長を敬服している」「努力を惜しまない彼を敬服する」などの言い回しが挙げられます。

「敬服」は「感服」よりも敬意が強い表現

どちらも「尊敬」の意味を含む表現ですが、「感服」よりも「敬服」の方が強い敬意を持ちます。この違いは使い方にも表れていて、「感服」が自分と同等か目下の人に使うことが多いのに対し、「敬服」は自分と同等か目上に対して使います。

「従う」というニュアンスを含むことからも目上には「敬服」の方が好ましいと言えるでしょう。

「感服」の類語と言い換えとは?

似た意味の言葉は「感心」

「感服」と似た意味を持つワードは「感心」です。「感心」とは「優れていると判断し、心が動かされること」を意味します。この「感心」には「ものすごくよかった」と評価するニュアンスを含むことから、目下に対して使用します。「評価」のニュアンスを含むことから上から目線の印象を与えるため、目上には避けた方が無難です。

なお、「感心」は「すごい、素晴らしい」と深く感じることを意味するにとどまり、「感服」のような「尊敬する」といったニュアンスはありません

「感銘」とは「深く心が動くこと」

「感銘(かんめい)」もまた、「深く心が動くこと」を意味する単語です。「忘れられない程深く感動する様」という意味を伴うのが特徴で、人生に影響を与える程の感動に対して用いられます。

「ドラマを見て感動して泣いた」というような”ちょっとした感動”に対して使うのは不釣り合いな表現です。

「脱帽」は自分の負けを認める表現

「脱帽(だつぼう)」は「彼の熱意には脱帽する」などの言い回しで耳にしますが、「帽子を脱ぐ=敬意を示すこと」という意味を持ち、「感服」と同様に深い感心と尊敬の気持ちを示す表現です。

もう少し詳しく言うと、「感服」が相手を褒め称えるニュアンスを持つのに対し、「脱帽」は似た意味でも自分の完敗を認めるニュアンスを持つとされています。

「感服」の英語訳とは?

「感服」を意味する単語は「admire」

「感服」は英語では「admire」を使用します。「admire」とは「称賛する、感心する、感服する」などの意味を持つ単語です。また、「深く感動した」という意味の「I was deeply impressed~」という英文に「感服しました」の和訳が宛てられることもあります。

例文
  • I admire her courage.(彼の勇気には感服した)
  • I was deeply impressed.(非情に感服しました)

「respect」を使用して表現することも

「感服」の持つ「尊敬の念を抱く」というニュアンスをとり、「respect」を使用して英語訳することもできます。「respect(リスペクト)」はカタカナでも用いられるように「尊敬する」という意味を持つ英単語です。たとえば、「I have so much respect for your initiative.」は「あなたの自発性には感服します」と和訳することができるでしょう。

まとめ

「感服」とは「深く感じ入り、尊敬の念を抱くこと」を意味します。相手の技術やスキルを褒め称えるニュアンスは、一方で「評価」の意味を含むことから目上よりも目下に対して使われることの多い表現です。目上に対して使う際には、上から目線の印象を与えないために「感服いたしました」と謙譲表現を足しましょう。また、さらに敬意の強い表現である「敬服」を使用するのもおすすめです。