「歯に衣着せぬ」の意味と正しい読み方とは?語源や類語・反対語も

「歯に衣着せぬ」発言は、率直で正直であると評価され、肯定的に捉えられることが多いようです。しかし場を間違えた「歯に衣着せぬ」物言いは、横柄な人と思われることもあるかもしれません。

この記事では、「歯に衣着せぬ」の意味や使い方について、例文をまじえながら解説します。あわせて類語・対義語、英語表現についても解説します。

「歯に衣着せぬ」の意味と語源とは?

「歯に衣着せぬ」とは「遠慮なく思ったことを言う」という意味

「歯に衣着せぬ(はにきぬきせぬ)」とは、相手の感情や状況などを考慮せず、遠慮なく率直に思ったことを言うという意味です。

「衣(きぬ)」とは「着物・衣服」の雅語的表現です。「「歯」に着物を着せない」=「口元を隠さない」という表現で、率直な物言いをたとえたものです。

「歯に衣を着せない(はにきぬをきせない)」とも言います。

「歯に衣着せぬ」の語源・出典は不明

「歯に衣着せぬ」は慣用句やことわざとしてよく知られた表現ですが、その語源や出典はわかっていません。

「歯に衣着せぬ」の表現は、平安時代に身分の高い人は口元を扇で隠して歯が見えないようにすることがマナーであったことを思い起こさせることや、「衣」を「きぬ」と読ませる雅語的表現を使っていることから、古い時代のたとえの表現かもしれません。

あるいは、あとで紹介する対義語の「奥歯に衣着せる」のことわざの反対の意味の言葉として使われ始めたものとも考えられます。

「歯に衣着せぬ」の使い方と例文

「歯に衣着せぬ」を正直な発言をする前の断りとして使う

「正直言って〇〇なんですよね」といったように、「正直言って」という前提をつけて発する意見は「歯に衣着せぬ」意見であるといえます。発言する前に、遠慮なく正直なことを言いますよ、という意味で「歯に衣着せぬ」を用いることができます。

例文

歯に衣着せぬ意見を言わせてもらうと、私はこの計画は失敗すると考えています

「歯に衣着せぬ性格」とは「遠慮しない性格」

「歯に衣着せぬ」は「遠慮なく思ったことを言う」という意味ですが、遠慮しない性格の人を「歯に衣着せぬ人」と言うことがあります。

例文

あの人は歯に衣着せぬ人だから、周囲の批判も気にしないだろう

「歯に衣着せぬ物言い」を誉め言葉として使う

「歯に衣着せぬ」は「物おじしない」ことや「気後れしない」というニュアンスも含むため、誉め言葉として使われることもあります。

例文

若いのに君は歯に衣着せぬ物言いでたいしたものだ

「歯に衣着せぬ」言動は傲慢な印象を与えることも

遠慮せずに思ったことを言う「歯に衣着せぬ」発言は、状況によっては傲慢な印象を与えることもあります。ネガティブな意味では次のように使われます。

例文

彼の歯に衣着せぬ発言は、年長者への配慮が無さすぎると物議をかもしだした

「歯に衣着せぬ」の類語・言い換え方とは?

類語・言い換えは「率直な物言い」「物怖じしない」

「歯に衣着せぬ物言い」は、「率直な物言い」や「物怖じしない物言い」と言い換えることができます。

「率直(そっちょく)」とは、自分の気持ちなどをありのままで隠すことがないという意味です。「率直な意見」は「歯に衣着せぬ意見」でもあります。

「物怖じしない」とは、気後れしないさまを言い、「率直」と同じくポジティブなふるまいに対して使われます。

「歯に衣着せぬ物言い」というときに「率直」や「物怖じしない」という意味合いが含まれて使われるときは、肯定的な見方で使われているといえます。

「オブラートに包まない」とは遠まわしな表現をしないこと

相手を刺激したり否定したりするようなことを言うときには遠まわしな表現でソフトに伝えることがマナーでもありますが、そのような遠まわしな表現を「オブラートに包む」といいます。

逆に遠まわしに言うべきところを「歯に衣着せぬ」物言いをするときは、「オブラートに包まずに言う」と同じ意味だといえます。

「オブラート」とは、飲みにくい物を包むためにでんぷんで作った薄いフィルム状の膜のことです。

「忌憚のない意見」とは遠慮のない意見

「忌憚」とは、「遠慮・はばかること」という意味です。「忌憚のない意見をお願いします」というときは、「遠慮のない意見をお願いします」ということです。

「忌憚のない意見や批評」は、「歯に衣着せぬ意見や批評」と同じ意味です。

「横柄な物言い」とはネガティブな意味の類語

「歯に衣着せぬ物言い」は、ネガティブな意味では「横柄な物言い」と言い換えることができます。

「横柄(おうへい)」とは、威張って尊大な態度のことをいいます。状況を取り違えると、率直な物言いである「歯に衣着せぬ物言い」は威張っているようにも捉えられるため、注意が必要です。

「歯に衣着せぬ」に近い意味の四字熟語「一刀両断」

「歯に衣着せぬ」に近い意味を持つ四字熟語に「一刀両断(いっとうりょうだん)」があります。

「一刀両断」とは、真っ二つに斬ることという意味が転じて「決断がすみやかなさま」の意味があります。「一刀両断で問題を解決する」などと、素早い決断を行うことを表現します。

「歯に衣着せぬ」には素早い決断という意味合いはありませんが、状況や相手に忖度することなく、率直に意見を言うという意味で「一刀両断」と共通する意味を持ちます。

「歯に衣着せぬ」の対義語・反対語とは?

「奥歯に物が挟まる」は何か隠しているような言い方のたとえ

「奥歯に物が挟まる」とは、奥歯に物が挟まったまま何かを言うと、もごもごとして不明瞭になることから、思ったことを言わず、何か隠しているような言い方のたとえです。

「奥歯に物が挟まったような言い方をしないで、もっとはっきり意見を言ったらどうだ」などのように、意見がはっきりしない人などに対して批判的に使われることが多い表現です。

「歯に衣着せぬ」の反対語には「奥歯に衣着せる」も

「歯に衣着せぬ」の対義語には「奥歯に衣着せる(おくばにきぬきせる)」があります。「奥歯に物が挟まる」と「歯に衣着せぬ」が合体したような表現ですが、実際に語源はそこにあるのかもしれません。

「あの人はいつも奥歯に衣着せる物言いで言いたいことがよくわからない」といったように、ネガティブな意味合いで使われます。

「忖度」とは相手の気持ちをおしはかること

相手の気持ちや事情をおしはかることを「忖度(そんたく)する」といいます。「歯に衣着せぬ」発言は、相手の事情などを考慮しない忖度しない発言であるとも説明できます。

「彼は歯に衣着せぬ物言いで、忖度することなど考えたこともないだろう」と対比させて用いることもできます。

「歯に衣着せぬ人」とは反対の性格「優柔不断な人」

優柔不断な性格では「歯に衣着せぬ」意見を言うことは難しいといえます。相手の受け止め方や周囲の状況などに左右されて自分の意見を決められない人は、率直な物言いはできないためです。

そのことから、「歯に衣着せぬ人」とは反対の性格の人を「優柔不断な人」と表現できます。

「歯に衣着せぬ」の英語表現とは?

「歯に衣着せぬ」は英語で「not mince matters」

「歯に衣着せぬ」は英語で「not mince matters」と表現します。

「mince」とは「控えめに言う、加減して言う」という意味で、「事、事柄」という意味の「matter」で「歯に衣着せぬ」(事を控えめに・加減して言わない)となります。

他には「outspoken」「frank」などとも表現されます。それぞれ、「遠慮会釈のない」、「率直な、腹蔵の無い」という意味です。

「歯に衣着せぬ」の英語例文

  • 彼は歯に衣着せぬ物言いをする。
    He does not mince matters in his remarks.
  • 彼は歯に衣を着せないことで知られている。
    He is known for being outspoken.

まとめ

「歯に衣着せぬ」の対義語は「奥歯に物が挟まる」です。奥歯に物が挟まったまましゃべると、もごもごして何を言っているのかよくわからず、何か隠し事をしているのかと訝られます。

その逆に、思ったことを隠さずに遠慮なく物を言うことのたとえが「歯に衣着せぬ」です。「歯に衣着せぬ」発言は、率直で正直な物言いという意味でポジティブに捉えられることが多いですが、状況によっては相手の事情などを考慮しない傲慢な発言となることもあります。