「質実剛健」の意味や読み方は?女性への使用と類語・英語も紹介

「質実剛健」という四字熟語があります。一般的には真面目でたくましい人に対して使われますが、正しい意味や使い方を把握している人は意外に少ないかもしれません。また男性のみならず、女性に対して使うのは適切なのでしょうか?

ここでは「質実剛健」の意味や読み方の他、語源や使い方、また類語や英語を紹介します。

「質実剛健」の意味とは?

「質実剛健」の意味は「素朴で強く真面目なこと」

「質実剛健」とは「人柄が素朴で真面目、そしてたくましく強いこと」を意味する四字熟語です。芯がしっかりとしていながらも、気取った素振りがないさま、また飾り気がなく誠実なさまを表す言葉となります。つまり、人から好まれ親しまれる人柄を表す四字熟語の一つでもあります。

「質実剛健」は「質実」と「剛健」の2つの言葉で組み立てられた言葉です。そして、それぞれの意味が全体の意味を表す四字熟語となっています。

まず「質」は「質素」、「実」は「誠実」などを表し、「質実」は「さっぱりとして飾り気がなく、真面目で誠実であること」を意味します。一方「剛健」は「健康的でたくましく、力強いさま」を表します。そして「質実剛健」で「気取らず真面目であり、強くたくましいこと」となります。

「質実剛健」の読み方は「しつじつごうけん」

「質実剛健」の正しい読み方は「しつじつごうけん」です。「質実剛健」の「質実」を「しつみ」と誤読してしまわないように気を付けてください。

「質実剛健」の語源は「戊申詔書」

「質実剛健」は明治時代に政府が発行した「戊申詔書(ぼしんしょうしょ)」の一説が語源とされています。「戊申詔書」は、戦後の社会情勢への不安を解消するために、明治政府が国民に向けて発布したものです。

もう少し詳しく説明すると、「戊申詔書」は日露戦争の終結後の1908年に、明治天皇が発布した天皇直々の公文署となります。

「戊申詔書」は、主に「国民が一致団結し、国の発展に貢献すること」を中心として掲げたものです。主に「国民は仕事に励み勤勉に倹約をすること」「質実を重んじ自らを励ましていくこと」などを求めた内容であることから、「質実剛健」という言葉が生まれたと言われています。

戦後の不安定な情勢に加え、明治維新や鎖国は日本国家に大きな影響を与えました。欧米諸国に比べて遅れをとっていることを知った日本は、産業・経済において改革を目指します。そういった国家発展へ意気込みから「質実剛健」という姿勢が確立していったのです。

「質実剛健」の使い方と例文

「質実剛健」は社訓や校訓・座右の銘として選ばれる

「質実剛健」とは、人から好まれるロールモデル的な姿勢を表す四字熟語でもあります。そのため、社訓や校訓、また個人が掲げる座右の銘として選ばれることが多くあります。

「質実剛健」は、日本があらゆる分野で改革を試みた時代に生まれた言葉です。言ってみれば、欧米諸国から多くを学び、異種な技術を取り入れ、試行錯誤をした激動期に確立した精神でもあります。

もちろん、現在、経済や技術をはじめ、多くの分野で日本が名を挙げるのも「質実剛健」の試みがあったからであるとも言えるでしょう。そういった時代背景からも、「質実剛健」の精神を尊重する風潮が根付いてきたことがうかがえます。

「質実剛健」は基本的に女性に対して使わない

「質実剛健」とは「気取らず勤勉に働き、学業に励み、そしてたくましく強いこと」を表す言葉です。ここで注目したいのが「剛健」という言葉の意味です。

「剛健」とは「男性的で頑丈なさま」を表すため、通常は男性に対して使われる熟語表現です。もちろん、現代では力強くしっかりとした女性も多くいますが、言葉が生まれた明治時代の日本社会には、残念ながらそのような気風はあまりありませんでした。

そういった言葉の語源的な意味合いもあり、実際的にも「質実剛健」は女性に対して使うことはほとんどなく、主に男性に対して使われるのが一般的です。

「質実剛健」を使った例文

  • 彼は質実剛健を絵にかいたような人である。
  • 私の通う高校は質実剛健の精神を重んじる校風がある。
  • 我が家では質実剛健をモットーとし、子供たちを育てている。

「質実剛健」の類語とは?

「剛健素朴」は「心身が頼もしく飾り気のないさま」

「剛毅素朴(ごうきそぼく)」とは「心も体も強く、飾り気のない素朴なこと」を意味します。

「剛毅素朴」は「剛健」と「素朴」の二つの言葉が示す通り、「強くたくましいさま、そして気取らず偉ぶらない謙虚なさま」を表します。そのため、いくつかある「質実剛健」の類語の中でも、極めて近い意味を持つ四字熟語でもあると言えます。

「剛毅木訥」は「たくましく気取らないこと」

「剛毅朴訥(ごうきぼくとつ)」とは「心身共にたくましく気取らないこと」を意味します。芯が強く頑丈で偉ぶらないさま、そして、何事にも動じず謙虚にものごとに励む精神を表します。そういったこと意味合いからも、企業が掲げる社訓や求める社風などに「剛毅朴訥」が選ばれることもあります。

「志操堅固」は「何があっても主義主張を変えないこと」

「志操堅固(しそうけんご)」とは「意思や主義・主張を断固として守り、自分の考えを変えないこと」を意味します。他人や周囲に影響されることなく、自分の意見をかたくなに守り通す心髄の強さを強調する四字熟語です。

また「志操堅固」は「頑固」と似たニュアンスがありますが、やや空気感が異なります。どちらかと言うと「自身の思いや思想などを最後まで貫く」という強い意志が感じられるのが「志操堅固」です。

「質実剛健」の対義語とは?

「華美柔弱」は「華やかさが勝り心身が弱いこと」

「華美柔弱(かびにゅうじゃく)」とは、華やかさや煌びやかさが勝り、心身が弱弱しいこと」を意味します。つまり、質素や素朴なこととは逆に、晴れ晴れしく華やかさだけに集中し、気力や身体が軟弱なことを表す言葉です。

「奢侈文弱」は「贅沢で文事ばかりに没頭すること」

「奢侈文弱(しゃしぶんじゃく)」とは、贅沢だけを試み、芸術や学問だけに没頭することを意味します。つまり、我慢や努力をせず、贅沢なものごとだけを選び、好きな文事だけにふけることを表します。

「奢侈文弱」の「奢侈」とは「度を越えたおごりや、身分の丈以上の贅沢な暮らしをすること」、また「文弱」は「学問や芸事だけにふけること」を意味します。つまり、我慢や努力をせず好きなことだけをし、大金を使って派手な生活を送ることを「奢侈文弱」と呼んでいます。

「質実剛健」を英語で表すと?

「質実剛健」を一言で表す英語はない

「質実剛健」は日本語特有の言い回しを使った四字熟語です。そのため、英語でストレートに言い表すフレーズはありません。

しかし、「質実」と「剛健」のそれぞれの意味を表す単語は存在します。それらを組み合わせて上手くつなげていけば、「質実剛健」が意味するニュアンスを伝えることができます。

「質実剛健」の英語表現の例

さっそく「質実」と「剛健」のそれぞれを意味する単語を挙げてみます。

  • 質実:humble,modest, frugal, simple
  • 剛健:tough, strong, durable, resilient, rugged

これらの単語を組み合わせて「質実剛健」を表していきましょう。 下記で例文を挙げてみます。

  • You are humble, simple and very tough.(あなたは質実剛健ですね)
  • Being humble and durable are what we need (質実剛健であることが必要です)

まとめ

「質実剛健(しつじつごうけん)」は、「気取らず真面目で、強くたくましくこと」を意味し、語源は明治天皇か発布した「戊申詔書」となります。。

また「質実剛健」は「男らしい」という意味を持つ「剛健」を使っていることから、女性ではなく男性に対して使うのが適切だとされています。ぜひ、使う相手や使い方には注意しましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!