「ご対応」の意味や使い方は?感謝・依頼の例文や敬語表現も解説

「ご対応いただきありがとうございました」「ご対応の程よろしくお願いします」など、ビジネスシーンでは「ご対応」という表現を頻繁に使用するものです。実はこの「ご対応」は敬語として複数の意味で用いられます。「ご対応」の意味と使い方をシーン別に解説するほか、類語、英語訳についても紹介していきましょう。

「ご対応」の意味と使い方

「ご対応」は「状況に合わせてすること」

「ご対応」の「対応」とは、「状況にあわせて(何かを)すること」を意味します。ビジネスシーンでは依頼に応じることや対処すること、トラブルに対して行動をとることなどを指して「対応する」ということが多いです。

この「対応」に接頭辞「ご」をつけて丁寧にした表現が「ご対応」です。

「ご対応」は尊敬語にも謙譲語にもなる

「ご対応」の「ご」には複数の意味があり、そのひとつが尊敬語としての意味です。相手や相手の動作などを敬う際に使うのが尊敬語で、「ご対応」も相手の「対応」を敬う意味でしばしば用いられます。たとえば「ご対応いただき~」や「ご対応をお願いします」がその良い例です。

一方で、自分の行動に対して「ご対応」として使った場合は尊敬の意味ではなく、謙譲のニュアンスになります。つまり、「ご対応」は謙譲語として、相手に対して自分をへりくだって(下に見て)言う場合にも使うことができるのです。たとえば「ご対応いたします」が例として挙げられます。

「ご対応」の使用例1:感謝を示す

「ご対応いただきありがとうございます」と感謝する

「ご対応」の使用で最も多いともいえるのが、「ご対応いただきありがとうございます」という言い回しです。相手に何かをしてもらった際のお礼の挨拶として使用します。「ご対応ありがとうございます」の形でも用いられます。

「ご対応賜り~」はより丁寧な印象に

同じく感謝を示す言い回しでは、「ご対応いただき感謝申し上げます」「ご対応賜りありがとうございました」などの表現もしばしば耳にします。単に「ありがとうございます」とするよりも丁寧な印象になるため、立場が上の人に使うことも多い表現です。

「早速のご対応」「迅速なご対応」とすることも

相手がすぐさま対応してくれた、というような場合には「早速のご対応ありがとうございます」と使うこと多いでしょう。相手の対応の速さに、より一層の感謝を述べる言い回しになります。「迅速なご対応~」もよく使う表現です。

「ご対応」の使用例2:依頼

「ご対応お願いします」と依頼する

何か相手に依頼する際には「ご対応お願いします」と使用します。依頼する際の言い回しでは、単に「ご対応ください」とする例や「ご対応の程お願いします」とする例などいくつかの形がありますが、「ご対応の程~」とした方が文章が柔らかい印象になります。

「~の程お願いします」で「~してくれるようお願いします」というニュアンスです。また、「お願いします」を「お願い申し上げます」に換えることも可能です。

一方、「ご対応下さい」は直接的で強いニュアンスの表現です。依頼する際には、ことさら丁寧さを心がけたいものです。「ご対応ください」よりも「ご対応お願いします」や「ご対応の程お願いします」がベターです。

「ご対応いただけますと幸いです」も控えめな依頼文

依頼する際の表現では「ご対応いただけますと幸いです」も挙げられます。「~してもらう」という意味の謙譲語「いただく」を使用した表現で、似た言い回しでは「ご対応いただけましたら幸いです」とすることもあります。「幸いです」ではなく「存じます」を使用し、「ご対応いただきたく存じます」とすること可能です。

また、同じく「ご対応いただく」を使用した表現では「ご対応いただきますようお願い申し上げます」も丁寧な印象を与える表現です。

「ご対応」の使用例3:自分に使う

「ご対応いたします」は自分が対応する際の表現

「ご対応」は尊敬語として使うことが多いですが、謙譲語として「ご対応いたします」の形で使うことも可能です。この場合、自分が対応することをへりくだっていう表現になります。

一方で、「ご対応」とせずに「対応いたします」として使うことも多いでしょう。「対応いたします」でも敬語として十分に使える表現で、たとえば文章中で接頭辞の「ご」や「お」が続く場合には、読みやすさを考慮し「対応いたします」とするのがベターです。

「ご対応させていただきたく」は許可を得る意味に

相手に十分な敬意を示す意味で「ご対応させていただきたく存じます」と使う例もありますが、「させていただく」という敬語表現には注意が必要です。「させていただく」とは「させてもらう」という意味の謙譲語で、相手に許可を得る場合に使用します。そのため、相手の許可を必要としない場合に使うのは不自然です。

「ご対応いたします」あるいは「対応いたします」でも敬語として不足はないため、状況に応じた敬語を使用してください。

「ご対応」の類語、言い換え表現

「ご対応」の内容に応じて言い換える

「対応」は状況におうじて何かをすることを意味するため、「ご対応」の中身は様々です。たとえば、資料の記入に対しては「ご回答いただきありがとうございました」、特別な対応をしてもらった場合には「ご配慮いただきありがとうございました」などに言い換えることができます。

また、謙譲語として何かを説明する場合の「ご対応」は「ご説明いたします」「ご案内いたします」などに換えることができるでしょう。

「対応」の類語は「対処」や「措置」

一方「対応」の類語では、「対処」が挙げられます。「対処」とは「状況にあわせて、適切な処置をとること」という意味です。また「問題解決に向けて取り計らう」という意味では「措置」も類語ということができます。

「ご対応」の英語訳とは

「ご対応の程お願いします」は「deal with」を使う

「トラブルに対処する」などという場合の「対応」は英語では「deal with」を使用します。たとえば「ご対応の程お願いします」は「Could you deal with this for me?」と英訳できます。直訳すると「これに対応してくれますか?」という意味です。「Please deal with this matter.(この件、ご対応の程お願いいたします)」などの表現も可能です。

このほか、「対応」の意味で使える英語表現には「handle」や「take care」も挙げられます。

メールでは「Thank you for your response」とよく使う

メールで何かを依頼した際に、対応した旨の返信をもらうことがあります。この場合にも、日本語では「ご対応いただきありがとうございます」と返すのが通例ですが、英語では「Thank you for your response.」「I am grateful for your response.」などがお決まりの表現です。「response」とは「返答、応答」という意味です。「早速のご対応ありがとうございます」は「Thank you for your quick response.」とします。

まとめ

「ご対応」は「対応」に接頭辞の「ご」をつけた表現で、相手が対応してくれたことへの感謝や何か対応を依頼する際の「ご対応」は尊敬語に、自分が相手のために対応する場合の「ご対応」は謙譲語となります。ただし、「ご対応させていただく~」は対応することに相手の許可を必要とする場合の表現となるため、自分の行為であっても使用には注意が必要です。

説明・案内・回答など、ビジネスでよくある応対を「ご対応」の一語で表現できるため、お礼文と依頼文それぞれで複数の言い回しを覚えておくと便利です。