「過日」の意味とは?例文と「先般」「先日」との使い方の違いも

「過日お目にかかりました折~」と切り出したり、「過日は大変ご迷惑おかけしました」とお詫びしたりと、「過日」はビジネスメールやビジネス文書でしばしば目にする表現です。「過日」の意味とその使い方を例文で詳しく解説します。また、類語「先般」「先日」との違い、使い分けについても説明しましょう。

「過日」の意味とは

「過日」とは「過ぎ去ったある日」を意味する

「過日」とは、「過ぎた日」「過ぎ去ったある日」という意味です。すでに経過した日や過去のある日に言及する際に使います。

「過日」の読み方は「かじつ」

「過日」は「かじつ」と読みます。「過日」の「過」には、「通りすぎる、度がすぎる、あやまち」などの意味がありますが、この場合は「時がすぎる、時がたつ」という意味です。一方の「日」は、いわずもがな「ひにち」を意味しています。

「どれくらい前」という定義はない

「過日」にどのくらい前を意味するのかという明確な定義はありませんが、一般には数週間程度~数か月以上前のことに対して使うことが多い表現です。一週間前のことに使う例もありますが、前日あるいは数日前といった直近の過去に使うのは不自然です。数週間から数か月前を指すことが多いと覚えておくとよいでしょう。

「過日」の使い方と例文

「過日」は丁寧かつ堅い表現、敬語と共に使える

「過日」そのものには敬語としての意味はありませんが、「過ぎた日」を意味する丁寧で堅い印象を持つワードとして、ビジネスシーンでも用いられます。当然、目上の人に対しても使うことができますが、「過日」の後に続く表現を敬語にするなどの配慮が必要です。

「過日」は書き言葉としてメール、手紙に使う

「過日」は目上の人に使うことができますが、話し言葉ではなくメールや手紙などで書き言葉として使うのが一般的です。会話では堅苦しい印象を与える懸念があるだけでなく、「過日」の読みが「果実」など他のワードを連想させることからも、話し言葉としては不向きとされています。

「過日~した折」の表現でもよく使う

「過日」は「過日は~」「過日~した折」の表現で用いられます。

たとえば、「過日はお世話になりました」は「あの日はお世話になりました」とは過去のお礼を述べる文章です。「過日はありがとうございました」として使うことも多いです。一方、「過日~した折」は「あの日~した時、あの日~した際」という意味になります。この場合の「折」は「ある時点、機会」を意味します。

例文
  • 過日お会いした折の写真を同封します。
  • 過日お伺いしました折にはご丁重なるおもてなしを頂き、ありがとうございました。

お詫びの挨拶としてもよく使う表現

「過日」はお詫びの文章でも用いられます。たとえば、「過日はご面倒をおかけしまして、大変申し訳ございませんでした」などが良い例です。この場合、「過日=失礼をした日」を指します。

例文

過日はこちらの不手際で大変なご迷惑をおかけしました。

「過日放送」は「過去に放送したもの」の意味

「過日放送」とは端的に言うと「過去に放送したもの」を指します。単に「再放送」を指す表現としてだけでなく、以前放送したものを再録したものや編集しなおしたものに対して使うこともあるようです。

「過日」と類語「先般」「先日」の違いとは

「先般」は「先ごろ、この間」を意味する

「先般(せんぱん)」とは、「先ごろ、この間」という意味です。過去を意味する表現でも、「そう遠くない過去」に対して用いるのが特徴で、数日~数週間前のことに対して使います。長くても、か月程前の出来事を指す表現で、遠い過去に対しては使用しません。「先般申し上げたように~」や「先般の件、どうぞよろしくお願いいたします」など、会話ではなくメールや文書で用いるのが通例です。

一方の「過日」は近い過去も遠い過去にも使うことができるため、「先般」よりも古い出来事を指すこともあるでしょう。また、「先般」が”出来事”に焦点を当てているのに対し、「過日」は”その日”にフォーカスしている点でも異なります。

「先日」もまた「近い過去のある日」を意味する

「先日」もまた、「近い過去のある日」を指す表現です。一般には数日から数週間前の思い出せる範囲に対して使うのが特徴で、半年以上前のことを「先日」というのは不自然です。「先般」と「先日」では「先日」の方が現在に近いニュアンスですが、丁寧な言い回しとして「先般」を好んで使うケースもあります。

「先日」は「過日」と同様に、その日に焦点を当てたワードですが、先述のように数か月先の出来事に対しては「過日」がベターです。いつの出来事を指すのかで使い分けます。

また、「過日」は主に書き言葉で用いられるのに対し、「先日」は話し言葉でも頻繁に使用される点も相違点です。社内の会話など、堅苦しくない場面でも使いやすいのも「先日」の特徴と言えるでしょう。

フランクな言い回しでは「この間」も類語表現

「先日」よりもさらにフランクな言い回しでは「この間」が挙げられるでしょう。日常会話でもよく用いられる言葉ですが、ビジネス文書やビジネスメールには不向きです。社内での雑談で使用する分には問題ありませんが、取引先との会話で使うのは避けましょう。

「過日」の対義語とは

反対の意味の表現は「後日」

「過日」と反対の意味を持つ単語では「後日」が挙げられます。「後日」とは、そう遠くない先の日を指す表現です。たとえば「後日お伺いします」というと、今日より後に伺うことを意味します。

「過日」と「後日」は混同されやすい表現ですが、「過日」は文字通り「過去のある日」を、「後日」は「今日より(数日)後のある日」を指す点で反対のニュアンスを持ちます。現在・今日を起点に考えるとわかりやすいです。

「今」「現在」も対義表現

「過去のある日」を指す「過日」の対義表現では、「今」「現在」も挙げられます。似た表現では「近ごろ」「最近」なども、「過日」とは対義的と言えるでしょう。

たとえば、「過日の件については、現在調査中です」などの言い回しも可能です。未来だけでなく今も対義表現になると覚えておきましょう。

「過日」の英語訳

英語では「the other day」を使う

「過日」を英訳する際には「先日、この前」という意味を持つ「the other day」が使用できます。たとえば、「Thank you so much for coming to our office the other day.」は「過日は弊社までお越しいただきまして、誠にありがとうございました」という意味です。また、「以前、この間」という意味の表現では「not long ago」や「a while ago」も挙げられます。

また、英語では「過日」とせずに、具体的な日を挙げてやり取りをすることも多いです。たとえば「過日(the other day)」ではなく「先週(last week)」「先週の水曜日(last Wednesday)」とすることもしばしばです。

まとめ

「過日」とは「過去のある日」を指す表現で、明確な期間の定義はないものの、数週間~数か月以上前のある日を指して使用されることが多い表現です。短くても1週間以上前の日を指して使う単語で、昨日あるいは数日前に対して使うのは不自然です。

「過日」と似た単語では「先般」や「先日」があります。「先般」「先日」は「過日」よりも、より近い過去を指すほか、「先般」は特に出来事にフォーカスした表現である点でも異なります。微妙なニュアンスの違いを参考に、使い分けてみてください。