「瓢箪から駒」の意味や由来とは?使い方や似た意味のことわざも

思いもよらないとんでもないことが起きたときに使われることわざが「瓢箪から駒」です。中国の書物にある仙人の話が由来の言葉。似た意味のことわざには「棚から牡丹餅」や「噓から出たまこと」などがあります。

この記事は「瓢箪から駒」の意味や使い方と例文の解説です。類語や英語表現についても紹介しましょう。

「瓢箪から駒」の意味や由来とは?

「瓢箪から駒」の意味は「思いもよらないこと」

「瓢箪から駒」の読み方は「ひょうたんからこま」です。意味は、思いもよらないことやとんでもないことが起きること。瓢箪とは、ウリ科の植物で真ん中がくびれた形をしています。軽くて丈夫なため、昔から乾燥させて水や酒を持ち運ぶ容器として使われていました。

ここでの「駒」は「馬」のことをさしています。小さな瓢箪から大きな駒(馬)が出てくるというようすから、思いもよらないとんでもないことという意味につながっています。

「瓢箪から駒」の由来は仙人の術

「瓢箪から駒」の由来は、中国の古い書物「東遊記(とうゆうき)」の中に記載されている「張果(ちょうか)」という仙人についての話からきています。

「張果」は、白い馬に乗って数万里の距離を移動していました。休息をするときにはその馬を畳んで小さな箱の中へ入れてしまいます。そして移動を再開するときには、また箱から出して馬を元に戻すのです。その馬を出し入れするようすから「思いもよらないこと」や「驚くようなとんでもないこと」という言葉につながっています。小さな箱は瓢箪になり馬は駒となって、現在の「瓢箪から駒」という言葉になりました。

「瓢箪から駒」の使い方と例文

思いもよらないとんでもないことが起きたとき

「瓢箪から駒」は、思いもよらないことやとんでもないことが実際に起きたときによく使う言葉です。

たとえば、友人に誘われて初めて宝くじを購入したら、その宝くじが高額当せんしたとき。思いもよらないことが起きたと誰でも驚くでしょう。「初めて買った宝くじが当せんするなんて、まるで瓢箪から駒のようだ」と表現することで、思いもよらないとんでもないことが起きたというニュアンスが端的に伝わります。

そんなことがあるわけがないと否定するとき

とんでもないと驚くような話に対して、そんなことがあるわけがないと否定をするときなど、実際にはまだ何も起きていないシーンでも「瓢箪から駒」という言葉は使えます。

たとえば、初めて購入した宝くじが高額当せんしたらどうしょうとドキドキして仕事が手に付かないでいる同僚に対し、そんなことがあるわけないと思ったときです。「そんな瓢箪から駒みたいなことが起きるわけがないのだから、ちゃんと仕事してよ」と表現することで、驚くようなとんでもないことだから起きるわけがないというニュアンスが伝わります。

冗談のつもりが本当になったとき

冗談やうそのつもりで言っていた事柄が、意図せずたまたま現実に起きたときにも「瓢箪から駒」という言葉を使うことがあります。

たとえば、高額当せんする宝くじを買ったんだと周囲に冗談を言っていたら、本当にその宝くじが高額当せんしたとき。冗談のつもりで言っていたのに本当になってしまったと驚く話です。「冗談で高額当せんする宝くじだって言っていたら、本当に当せんするなんて、まるで瓢箪から駒のようだ」と表現することで、思ってもみなかったことが実際に起きたという意味が伝わります。

「瓢箪から駒」を使った例文

  • 初めて書いた小説を出版社のコンテストに応募してみたら、まさか賞を取った!まるで瓢箪から駒のようだ。
  • そんな瓢箪から駒みたいなこと、起きるわけがないでしょう。
  • 彼氏もいないのに冗談で来年結婚するって言ってた彼女、本当に結婚が決まったらしいよ。まるで瓢箪から駒だね。

「瓢箪から駒」の類語・似た意味のことわざは?

類語1「棚から牡丹餅」は「思いがけない幸運」

「棚から牡丹餅(たなからぼたもち)」とは、思いがけない幸運に遭遇することです。棚の下で寝ていたら、牡丹餅が落ちてきて口に入るというようすから、大きな労力は使わずして幸運を手に入れるというニュアンスのことわざ。昔は砂糖が高価なものだったので、甘いお菓子である牡丹餅も高級品でした。そのため、幸運が舞い込んできたというたとえとして牡丹餅が使われています。

思いがけないことが起きるという「瓢箪から駒」に対し、「棚から牡丹餅」は思いがけない幸運が起きるというニュアンスです。

類語2「噓から出たまこと」は「うそが本当になること」

「嘘から出たまこと」とは、うそのつもりで発言したことが、結果的に本当になること。うそや冗談として言ったことを本当のことにしようと努力することで、実現させるという意味合いもあります。また、たまたま偶然にも本当になったという場合も。どちらの場合も「嘘から出たまこと」という表現が使えます。

例文
  • 明日はテストがあると冗談で言っていたら、本当に抜き打ちテストが行われて、嘘から出たまことになってしまった。
  • 子どもの頃から歌手になると半分冗談で言っていたけど、嘘から出たまことで本当にデビューが決まったよ。

「嘘から出たまこと」には最初にうそや冗談を言うという前提がありますが、「瓢箪から駒」も冗談のつもりが本当になったときに使うことがあり、似た意味のことわざと言えます。

類語3「灰吹きから蛇が出る」は「少しのことから大変なことが起きる」

「灰吹きから蛇が出る(はいふきからじゃがでる)」とは、思いもしない場所から思いもしないものが出てくるというたとえ。ちょっとしたことから大変なことが起きるというニュアンスのことわざです。

「灰吹き」とは、昔のタバコ盆につける、吸い終わったタバコの灰や吸い殻を落とすための筒状のもの。通常は竹が使われています。普段は灰や吸い殻をいれておく灰吹きから、蛇が出てくることは思いもよらないことでしょう。

思いもよらないことが起きるという意味からも「瓢箪から駒」の類語と言えます。

「瓢箪から駒」の英語表現は?

「瓢箪から駒」は英語で「Mows may come to earnest」

「瓢箪から駒」の英語表現には「Mows may come to earnest」という英語のことわざがよく使われます。

「mow」は「草を刈る」という意味の単語ですが、「冗談を言う」という意味も持っています。また「earnest」は「まじめ」や「本当」という意味です。そのまま訳すと「冗談で言ったことが本当になる」というニュアンスのフレーズ。日常的に使う言い回しではなく、手紙やメールなどの文書にことわざとして用いることが多いようです。

「something unexpected has happend」というフレーズも

「瓢箪から駒」は「something unexpected has happend」というフレーズでも英語表現ができます。

「something unexpected」は「思ってもみないこと」という意味のフレーズで、「happend」は「発生する」という意味の言葉。訳すと「思ってもみないことが起きた」という意味であり、日常的にも使われている表現です。

まとめ

「瓢箪から駒(ひょうたんからこま)」は、思いもよらないことやとんでもないことが起きることという意味。中国の書物「東遊記(とうゆうき)」に載っている仙人が由来のことわざです。

思いもよらない驚くことが起きたときに「瓢箪から駒だ」と表現します。また、そんなことがあるわけがないと否定をするときや、冗談や嘘のつもりが意図せず本当になったときにも使います。