「是々非々」の意味と読み方は?ビジネスでの使い方と類語・英語も

「是々非々」という四字熟語があります。「是」と「非」を使う表現には「是非」や「是非是非」また「是が非でも」などがありますが、意味の上でどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは「是々非々」の読み方や由来のほか、ビジネスを中心とした使い方とその例文、また類語や英語フレーズについて解説します。

「是々非々」の意味と読み方とは?

「是々非々」の意味は「物事の良い悪いを判断すること」

「是々非々」とは「物事の良い悪いを適切に判断すること」を意味します。良いことは良いと認め、同様に悪いことは悪いと認めることを表します。

日々の生活の中には、道理にかなうことや正しいこと、そして不正や間違っていることが存在します。それらを個人の感情を抜きにして、客観的に「良い、悪い」と判断することが「是々非々」です。

そもそも「是々非々」の「是」は「道理にかなうこと」「一般が良いと認めること」、「非」には「道理に合わないこと」「正しくないこと」を意味します。この二つの言葉を強調の意図を含め「々」を使って綴る四字熟語が「是々非々」となります。

「是々非々」の読み方は「ぜぜひひ」

「是々非々」の読み方は「ぜぜひひ」となります。一般的に広く使われる「是非=ぜひ」という言葉と同じく「ぜぜひひ」と繰り返し発音します。「是々」を「これこれ」、「非々」を「ひび」などと誤読してしまわないように気を付けましょう。

「是々非々」の由来は「荀子」

「是々非々」は「荀子(じゅんし)」を由来とする言葉です。「荀子」は戦国時代の高級官僚で、思想家としても活躍した人物でもあります。そして「荀子」の著作に同名の「荀子」があり、ここで中心的に唱えた「性悪説」が「是々非々」の語源と言われています。

そもそも「性悪説」とは「本来の人の性は悪で、それが善になるのは努力の結果」という主旨を綴ったもので、孟子の「性善説」に対して唱えられた一説です。ちなみに「性善説」は「人は本来的に善であり、努力によってそれが開花する」というものであるため、完全なる逆説というには語弊があるかもしれません。

「是々非々」は「荀子」でまとめられた内容を土台にして生まれた言葉です。「善は善、悪は悪」「正は正、不正は不正」という極限なる分別を明らかにした一説だとも言えます。

「是々非々」の使い方と例文

「是々非々」は公平な姿勢を示す時に使われる

「是々非々」は私的な感情を挟まず、世間一般的に公平で、偏りのない判断を行う時に使われます。周囲との絶ちがたい関係やしがらみなどにとらわれず、客観的な観点でものごとの善悪を公表する時に使うのが適切です。

たとえば、職場で仲の良い同僚が、直属の部下に対してハラスメント的な行為をしたとします。自分と同僚とは信頼関係もあり、互いに助け合ってきた仲間でもありますが、ハラスメントという行為は、第三者から見ても善の行為とは言えません。

本心としては苦楽を共にした同僚をかばうために、目をつぶりたいところでしょう。しかし、同僚が行ったことは道理的に見ても、客観的に間違っています。このようなシーンで「是々非々」を使うことで、公平な態度を周囲に示すことができます。

「是々非々」はビジネスリーダーに求められる姿勢

ビジネスシーンでは、会社の経営者をはじめ、リーダーや上司に必要なスキルとして「物事を公正を見極め行動する」という点が挙げられます。ビジネス環境において利己的に考えたり、道理に背いて活動することは、決して良いとは言えないからです。

「是々非々」を使う状況とは、物事の判断を求められた際、自分の立場や周囲の雰囲気、他人の意見や評価などに流されないという態度を表す時です。

「是々非々」は企業において重要なポジションにある人、また一般的なビジネスリーダーが掲げる姿勢でもあるため、日々心がけたい事柄として挙げることがあります。

「是々非々」は非は非であると認めなさいということ

人というものは私的な感情が入ると、良いことを良いと認めなかったり、非を非と認めなかったりすることがあります。中世的な立場を忘れて、ついつい自分の趣向に偏って結果を導きたるなるからです。

一般的に、良いことや正しいことはそうだと認めることが多いでしょう。しかし「非」や「不正」に関しては、正直なところ認めたくないという場合もあります。

「是々非々」は主に「非は非であると認めなさい」ということでもあり、そうするべきだという教えでもあると言えます。そういったことから、誤りや間違いから逃げず、非を受け入れて正しなさいというメッセージとして使うことがあります。

「是非」や「是が非でも」との違いを理解する

「是々非々」と似たような表現に「是非」や「是が非でも」があります。しかし、これらは「是々非々」と異なる意味を持つため、正しく使い分けることが大切です。

まず「是非」は相手に物事を頼む時に「強調の意図で使われる」表現です。そのため「是々非々」が持つ「善悪を公平に判断する」という意味は含まれていません。

また「是が非でも」は「善悪に関わらず」「何が何でも」という意味があります。つまり「是が非でも」は「良かろうが、悪かろうが関係ない」というニュアンスを持つ言葉です。

下記で誤用の例を挙げてみます。

誤用の比較例

〇 是非、契約を結んでいただけないでしょうか?
Ⅹ 是々非々で、契約を結んでいただけないでしょうか?

〇 是が非でも、志望校に合格したい。
X 是々非々で、志望校に合格したい。

このように、使い方を誤ってしまうと、相手に意味が通じなくなってしまいます。誤解や混乱を避けるためにも、それぞれの意味を分別し正しく用いるようにしましょう。

「是々非々」を使った例文

  • 政治の世界では、どのような立場にあっても是々非々を貫くことが重要である。
  • 子供が学校でイジメにあったので、親としても是々非々の対応を求める姿勢だ。
  • しがらみの多い社会で是々非々の態度で臨むのは、非常に勇気のいることだ。

「是々非々」の類語とは?

「信賞必罰」は「賞や罰を厳正に行うこと」

「信賞必罰(しんしょうひつばつ)」とは、「賞や罰を厳正に行うこと」を意味します。優秀な成績や輝かしい功績を挙げた人には「賞」を与え、罪や不正をおかした人には「罰」を与えるという意味があります。

つまり、「事実に基づいて正しく評価する」「私情を挟まず公平に賞罰を行う」という意味で使われます。

「厳正中立」は「厳しく公正を守ること」

「厳正中立(げんせいちゅうりつ)」とは「厳しく公正を守ること」を意味します。どのような状況であっても両社のどちらかに偏らず、中立な立場をとって行動することを表します。

「厳正中立」は「是々非々」に比べて「物事の良し悪しを判断する」というニュアンスが薄く、むしろ「両社の真ん中に位置する」という意味合いが強いです。「是々非々」と同様に、物事を公平に判断する時に取る姿勢の一つでもあります。

「公明正大」は「不正や隠し事がないこと」

「公明正大(こうめいせいだい)」とは「不正や隠し事がないこと」を意味します。私心を挟まず、客観的に見て明らかで隠し立てのないさまを表します。

「公明正大」が主に意味するところは、公平であることに加え、姿勢や態度が堂々としている点です。何かを評価したり、物事を品定めする時に、明確で偽りのないことを示す時に使われます。

「是々非々」の対義語とは?

「専断偏頗」は「自分一人で勝手に決めること」

「専断偏頗(せんだんへんぱ)」とは「自分一人で勝手に物事を決めること」を意味します。客観的な考えを持たないまま自分勝手に物事を判断したり、一人で良いと思い込むことを表します。つまり「専断偏頗」は考えが一方に偏り、独りよがりになることを意味します。

「独断と偏見」は「自分の趣向のみで物事を決める」

「独断と偏見(どくだんとへんけん)」とは、「自分の好みや考えだけで物事決めること」を意味します。物事の選考や判断基準が、公正を期したものではなく、あくまで個人の好みのみによって決められることを表します。

多くの場合「自分の嗜好のみで決める」という意向を、周囲や相手に断る目的で使われます。

「是々非々」を英語で表すと?

「是々非々」は「fair」を適切に使うのが鍵

「是々非々」を一言で正確に表すことは難しいですが、「公平に判断する」という点に着目してセンテンスを組み立てると良いでしょう。ここでの鍵は「fair(公平)」という単語を適切に使うことです。たとえば、「fair judgement」の意味は「公平・公正な判断」となります。

その他、「fair」の部分を「equitable(公正な)」「unprejudiced(偏見のない)」などに言い換えることもできます。

「是々非々」を使った例文

  • It is important that they should stick with the spirit of fair judgement in politics.
    政治の世界では、是々非々を貫くことが大切である。
  • I was surprised how equitable my boss has been when it comes to the judgement.
    部長の是々非々の姿勢に驚いた。

まとめ

「是々非々(ぜぜひひ)」とは「物事の良い悪いを公平に判断すること」を意味します。自分の置かれた立場や世間体、周囲の雰囲気や多数決などにとらわれず、正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると公表することを指します。

「是々非々」の類語である「厳正中立」や「公明正大」も物事を公平にとらえ、良し悪しを判断する場面で使われます。あわせてマスターしましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!