「的を射る」「的を得る」ではどちらが間違い?類義語・例文も

「的を射る」は、ものごとの本質を突いていることを表した慣用句です。よく使われている似た表現として「的を得る」がありますが、どちらか一方は間違った表現なのでしょうか。この記事では「的を射る」の意味や由来を繙きながら、正しい表現や類義語などを例文もふくめて紹介しています。

「的を射る」の意味とは?

「的を射る」の意味は本質を突いていること

「的を射る(まとをいる)」とは、ものごとの本質を的確に突いていることを表した慣用句です。

「的」とは弓矢を当てるための標的のことで、「射る」は矢を的に向けて放つことや、放った矢を目的物に命中させることで、ここからものごとの核心部分をとらえることを、「的を射る」というようになりました。

例文
  • 彼の的を射た発言のおかげで、いつもより早く会議が終わった。

「的を射る」は必ずしも正論のことではない

「的を射る」は、ものごとの枝葉を取り払った重要な部分や、目的となる核心部分をとらえること指して用いられています。しかし「的を射た」発言や指摘そのものが、必ずしも正論や王道といえるものであるとは限りません。

ときおり「的を射る」を、誤ったものを退けて正しいものを選び出すといった意味合いで用いられている事例が見受けられますが、これは正しくものごとを表しているとは言い切れないものです。

「的を得る」は「的を射る」の間違い?

「的を得る」とはものごとの要点をとらえていること

「的を得る」は、ものごとの要点をとらえていることを指して用いられている言い回しです。「的」には「ねらい」「目標」、「得る」には「手に入れる」「理解する」という意味があります。

したがって、「的を得る」は「ねらいを手中に収める」ことや、「ものごとの大事な部分をとらえる」ことを表した言葉として理解できるものです。

「的を得る」は「当を得る」と混同された言い回し

「的を得る」は、「的を射る」と「当を得る(とうをえる)」が混同されて用いられるようになった言い回しとみられています。

「当を得る」は、道理にかなっていることを表した慣用句で、「当を得た発言」は道理にかなった発言ということを指しています。

しかし「的を射た発言」は要点をとらえた発言ということで、発言内容が必ずしも道理にかなっているとは限りません。

つまり「的を射る」と「当を得る」は、本来似てはいるものの同義語とは言い切れない慣用句ですが、徐々に両者の使い分けはあいまいになりつつあります。

「的を得る」は「的を射る」の誤用という説が多い

「的」は矢を射るための標的として存在するものであるため、手に入れるようなものではないという解釈があります。そのため「的を得る」は、「射る」と語感が似た「得る」を用いた誤用であるとされてきました。

現代でも「的を得るは誤用」という意見が多くあり、放送や報道ではもっぱら「的を射る」が用いられています。

公式なシーンでは「的を射る」が無難

放送や報道以外の場面においては、「的を射る」と同じ意味で「的を得る」が広く使われるようになりつつあります。

それにつれて「的を得る」は誤用ではないとする意見が増えるようになり、徐々に許容されるようになっているのです。

しかし公式なシーンで使用する際には、「的を得る」ではなく「的を射る」の使用が無難で、特に書面では「的を射る」の使用をおすすめします。

「的を射る」の類語・類義語と例文

「正鵠を射る」とは要点を正確に突くこと

「正鵠を射る(せいこくをいる)」とは、ものごとの要点や急所を正確に突くことを表した慣用句です。「正鵠」とは的の中心にある黒点のことで、ここを射ることからものごとの中心部分を正確に突くという意味を持つようになりました。

例文
  • 日頃の彼は寡黙だが、口を開いたときの発言はいつも正鵠を射ている。

「正鵠を得る」と「正鵠を射る」は同じ意味

賛否両論ある「的を得る」とは違い、「正鵠を得る」は正しい表現とされているもので、「正鵠を射る」と同じ意味で用いられています。

加えて「正鵠を失わず」という表現も、「正鵠を射る」の同義語として存在しているのです。「鵠」は「白鳥」の別名で、古代中国では的の中心に描かれており、この白鳥に矢を命中させることを「正鵠を失わず」といったのです。

これが「正鵠を射る・得る」の由来で、「失わず」という表現から「得る」が、命中させることから「射る」が用いられるようになりました。そして、これらのいずれもが正しい用法として存続してきたのでではないかと考えられてます。

例文
  • この集会では正鵠を得た意見ばかりが出されるので、迂闊なことは言えない。
  • 彼からの提案は意表を突いたものにみえるが、いずれも正鵠を失ってはいない。

「看破する」とは真相を見抜くこと

「看破(かんぱ)する」とは、ものごとの真相を見抜くことを表した言葉で、隠れていたものを見抜くことや、真相を見破ることを強調するものです。「看」という文字には注意深く見るという意味があり、「破」という文字をともなって語句の意味合いを形成しています。

なお一文字違いで語感も似ている「喝破(かっぱ)」は、ものごとの本質を明言することや、大声で叱りつけることを表した言葉です。「喝」という文字には大きな声を出すという意味があるため、「喝破」もはっきりと声に出すことを指して使われます。

例文
  • 不正取引の隠ぺい工作を組合員たちに看破され、執行部は窮地に立たされた。

「核心を突く」はものごとの本質を指摘すること

「核心を突く(かくしんをつく)」とは、ものごとの本質をズバリと指摘することを意味する言葉です。

ものごとの中心となる重要なものを指す「核」と、「真ん中」「中心」を指す「心」という文字があわさった「核心」を、とがったものを用い一ヶ所目掛けて勢いよく刺す動作を表した「突く」ことが、慣用句の意味合いを示しています。

例文
  • 彼の言葉があまりにも核心を突いていたため、周囲の反感を買ってしまったようだ。

「図星を指す」は正しく言い当てること

「図星を指す(ずぼしをさす)」とは、正しく言い当てることです。「図星」は矢の的に描かれた黒い点のことを指し、転じて「狙ったところ」「核心にあたるところ」という意味を持つようになりました。なお「さては図星だな」というように、「図星」だけを単独で使うこともできます。

例文
  • 彼女から図星を指されて動揺してしまい、思わずコーヒーをこぼしそうになった。

「的を射る」の英語表現

「的を射る」の英訳は「hit the nail on the head」

「的を射る」の英語表現は、「hit the nail on the head」です。小さな釘の頭をねらって打ち付けることを表しており、「的を射る」「核心を突く」という意味合いで使われています。

「right」を加えて、「hit the right nail on the head」と強調する用法もよくみられるものです。

的を射た発言には「have a point」

発言が的を射ていることを言いたいときには、「have a point」や「get a point」を用います。動詞の「have」や「get」に、「要点」「核心」という意味を持つ「point」が続く表現で、ニュアンスとしては「的を得る」や「正鵠を得る」により近いといえるものです。

まとめ

「的を射る」と「的を得る」ではどちらが間違いなのかということについて、意味や慣用句の由来などからみてまいりました。

「的を射る」は類語がお互いに混同されながら用いられてきた経緯があり、実際に語句を使用する場合には、いずれでも差し支えはありません。しかし文書や公的な場面で用いるのであれば、誤りではないかとされている表現は避けた方が無難でしょう。