「携わる」の意味とは?「関わる」との違い・言い換えや例文も解説

ビジネスでは自分の仕事内容を説明する際に、「携わる」ということがあります。採用面接や履歴書でも使われるワードですが、具体的にどういいう意味があり、またどう使うのが正しいのでしょう。「携わる」と「携る」の表記のゆれや「関わる」とのニュアンスの違いなど、「携わる」の使い方と例文、類語について解説します。

「携わる」の意味とは?

「携わる」の意味は「物事に関係する、従事する」

「携わる」とは「ある物事に関係する」という意味です。特に「仕事として関係する=従事する」という意味で用いられることが多いですが、仕事に限定した意味を持つわけではありません。

また、「携わる」には古くは「手を取り合う」という意味がありましたが、現代ではこの意味で用いられることはなく、「(あらゆる)物事に関係する」という意味で用いられます。

「携わる」は「関わる」よりも深いかかわり

「携わる」は「物事と何らかの関係を持つ」という意味で「関わる」と似たニュアンスを持ちます。ただし、「携わる」は「関わる」よりも深い関係性、かかわり合いを意味する点がポイントです。

たとえば、「プロジェクトの立ち上げに関わる」よりも「プロジェクトの立ち上げに携わる」の方がかかわりが深いことを示唆しています。「関わる」がちょっと手を貸した場合など手伝い程度でも使えるのに対し、「携わる」は一員として仕事をするイメージともいうことができるでしょう。

「携わる」の読み方は「たずさわる」、「携る」の表記も

「携わる」は「たずさわる」と読みます。「携」の字には「たずさわる」のほか、「たずさえる」という訓読みがあります。「たずさえる」とは「手に提げて持っていく」という意味です。この「たずさわる」と「たずさえる」というふたつの訓読みを区別するために、送り仮名は「携わる」「携える」を使うことが多いです。

ただし、パソコンで変換すると「携る」も候補にあがるように、「携る」の表記も許容範囲とされています。一般には「携わる」と書くことが多いため、本記事でも「携わる」の表記で解説していきます。

「携わる」の使い方と例文

「携わる」は仕事として関わる際に多く使う

「携わる」は、仕事として関わるあらゆる事柄に対して用いられます。ビジネスシーンで相手に自分の経歴を話す際やこれからやりたい仕事を語る際など、実によく使う表現です。単に「接点がある、知っている」という意味ではなく、「業務を担っている、貢献している」というニュアンスを持って使用されます。

例文
  • このプロジェクトには、立ち上げ時から携わってきた。
  • 社運をかけた一大プロジェクトに携わることができ光栄だ。

敬語では「携わりました」「携わっておりました」

自分の経験を述べる際には、「携わりました」や「携わっておりました」などの言い回しで使用します。より丁寧な印象を与えたい場合には、「携わってまいりました」と表現するとよいでしょう。

現在進行形である場合は「携わっております」、これから先のことを話す場合には「携わりたいと考えております」などの表現も可能です。

目上の人に使う場合には「携わられる」

自分より目上の人が「携わっている」ことに言及する際は、「携わられる」とすると尊敬語になります。

「携わっていらっしゃる」や「携わっておられる」なども目上の人に使える表現です。たとえば「○○先生は今なお、地域の見守り活動に携わっていらっしゃるそうだ」などと使います。

「携わる」の履歴書や面接での使い方

「携わる」を使ってこれまでの経験を述べる

面接でこれまでの経験について述べる場合、「現職では、○○の業務に携わっております」と表現することができます。すでに退職した業務について話す場合は「前職では○○に携わっておりました」とするとよいでしょう。

一方で、履歴書や職務経歴書では簡潔に記すことも多く、「営業部で顧客の新規開拓に携わる」と記載したり、「○○の業務に従事」や「○○の業務を担当」と「携わる」を使わずに表現したりすることもあります。

例文

これまで営業の仕事に携わってきました。提案営業として要望を伺うところにはじまり、提案や交渉のほか、新規顧客開拓に携わった経験もあります。

入社後に「携わりたい業務」を述べる場合

入社後の展望を話す際には、「入社後は○○の仕事に携わりたいと考えています」と使います。「携わる」というワードを使わない例では、「営業職を希望します」や「ゆくゆくはマーケティング部門で働きたいと考えています」などの表現も可能です。

また、志望動機として「○○の業務に携わりたいと考え、御社を志望しました」といった言い回しをすることもあります。ただし、いずれの場合も単に「携わりたい」だけでは希望・願望で終わってしまうため、その動機や生かせる経験を交えたアピールが必要です。

「携わる」の類語や言い換え

「携わる」の類語は「関与する」

「携わる」の類語では「関与する」が挙げられます。「関与」とは端的に言うと「関わること、たずさわること」を意味します。ただ「関わる」だけでなく「深く関わる」という意味合いで用いられるのも「携わる」との共通点と言えるでしょう。

ネガティブな文脈での使用も多く、「犯罪行為に関与する」「君が関与するのはよくない」などの言い回しで使うこともあります。

「身を置く」も似た意味の表現

身を置く」とは「ある環境の中で生活すること、特定の状況に囲まれた状態にすること」という意味の表現で、「携わる」という意味でも用いられます。また「その世界に飛び込む」という意味では「身を投じる」という慣用表現もあります。

たとえば「不動産業界に身を置く」と「不動産業界に身を投じている」はいずれも、「不動産業界に携わっている」と言い換えることができるでしょう。

「参加する」に言い換えるとニュアンスが異なる

「携わる」と似た意味の語句では「参加する」も挙げられます。「参加する」とは「集まりに加わること」という意味です。たとえば、「プロジェクトに携わる」を「プロジェクトに参加する」に言い換えても、聞き手の受け取り方に大きな差異はありません。

しかし、「イベントに携わる」と「イベントに参加する」では全く意味が異なります。この場合、後者は従事するのではなく客として参列するというニュアンスにもとれます。このように、聞き手に誤解を与える懸念があるため、「携わる」を「参加する」に言い換える場合には注意が必要です。

「携わる」の英語訳

「携わる」は英語で「participate」

「携わる」を意味する英語表現はいくつかあり、代表的なものは「participate」や「take part in」が挙げられます。「participate in」で「~に関係する、参加する」という意味です。「take part in」も「~に参加する」という意味があります。

また、「be involved in」や「be engaged in」といった「従事する」という意味の表現も「携わる」の英語訳として使用できます。

例文

I will take part in this project.(わたしもこのプロジェクトに携わることになった)

まとめ

「携わる」とは「物事に関係する」という意味です。「関わる」よりも深いニュアンスを持つのがポイントで、主に「仕事に従事する」という意味で用いられます。たとえば今の仕事は「携わっている」、過去の仕事は「携わっていた」と表現します。目上の人が関わっている仕事に関しては「携わっていらっしゃる」などの敬語表現を用いるほか、面接等で丁寧な言い回しで使用したい場合には「携わっております」「携わりたいと考えています」と形を変えて使用します。