「鑑みる」と「顧みる」の違いは?意味や使い方の例文・言い換えも

「鑑みる」は、社会人になってから職場や会議などのビジネス環境で見聞きする言葉の一つです。「鑑みる」を「考慮する」というニュアンスで使ってしまうことがありますが、意味の違いを把握していますか?ここでは「鑑みる」の意味と使い方の例文、言い換えや英語フレーズについて紹介します。

「鑑みる」の意味とは?

意味は「過去の例や模範を参考に考えること」

「鑑みる」とは「過去の例や模範などを参考にして考えること」を意味します。過去にあった出来事に照らし合わせたり、他のデータや資料などをもとに考え判断することです。

たとえば「鑑みる」は、何かの手本や先例などと比較しながら検討、吟味する時に使われる言葉です。比べることができる情報や例があり、それと見比べながら思案することを「鑑みる」と呼んでいます。

「鑑みる」の読み方は「かんがみる」

「鑑みる」の正しい読み方は「かんがみる」です。「鑑みる」の「鑑」とは「鏡」のことで「照らし合わせる」「よし悪しを見分ける」また「反省の資本となる前例」などを意味します。

こういったことからも「鑑みる」の言葉が「何かに照らし合わせて考える」という意味を持つことが理解できます。

「鑑みる」は純粋に配慮することではない

「鑑みる」と「配慮する」は、意味的に似たカテゴリーにあると言えます。しかし、双方の言葉には厳密的な意味合いにおいて違いがあるため、上手に使い分けをする必要があります。

「鑑みる」とは「手本や資料を参考に熟考し、判断すること」を意味します。一方「配慮する」とは状況や事情を踏まえて、思いやりのある計らいや対応をすることという意味です。

つまり「何かを参考にして考える」のが「鑑みる」で、「状況に応じ、思いやりを持って取り計らう」ことが「配慮する」となります。

「鑑みる」と「考慮する」の使い分け

「鑑みる」に似た言葉に「考慮する」があります。「考慮する」は慎重に物事を決断したり、仕事に関するあらゆる判断を下さなければならないシーンでよく用いられる表現です。しかし、厳密には「鑑みる」との意味の間に若干の違いがあるため、使い分けをする必要があります。

「考慮する」とは、行動を起こす前に色々な要素を深く考えることを意味します。ここには「鑑みる」が持つ「過去の結果や前例などと比べて考える」ことも含まれますが、それ以外に「思いを広く巡らす」という意味が強く、考えに多様性を持たせることを主な意味合いとしています。

思考やプロセスが「鑑みる」か「考慮する」なのかを見極めてから、それぞれの言葉を正しく使うようにしましょう。

「鑑みる」の使い方と例文

「鑑みる」は「〇〇に鑑みる」の表現で使う

たとえば「資料を参考にして考える」ことを表す時に、「資料を鑑みる」とするのか「資料に鑑みる」とするのか、前置詞の選択に戸惑うこともあるでしょう。

「鑑みる」に関しては、「〇〇に鑑みる」が正しい使い方です。つまり「資料に鑑みる」や「前例に鑑みる」とするのが適切な使い方となります。

使い方における正誤の例

×資料を鑑みる
〇資料に鑑みる

×前例を鑑みる
〇前例に鑑みる

「鑑みる」は判断材料と照合したことを表す

たとえば、社内会議や取引先とのミーティングで検討結果を発表する際に「鑑みる」という表現を使うと「資料や手本、データや現状などを踏まえながら、深く考え出した結果」ということをアピールすることができます。

つまり、比較材料や判断する物差しと照らし合わせた結果、「最終的に納得できるものがこれである」ということを相手に自信を持って伝えることができるということです。

ちょっと考えて出した結果ではなく、ある規範を参考に適切なプロセスを踏んで出した適切な判断であるということを「鑑みる」を使って表すことができます。

「鑑みる」を使った例文

  • 過去のデータに鑑みた結果、今後のトレンドはレトロに傾くことが予想される
  • 双方に利益が出るように、現状に鑑みてから取引を再開するつもりだ
  • 適齢期の子供の行動に鑑みて、夜間のパトロールを始めることにした

「鑑みる」の類語と言い換え表現

「斟酌する」は「事情をくみ取りあれこれ照らし合わせる」

「斟酌する(しんしゃくする)」の意味とは、「状況や心情などをくみ取り、あれこれと照らし合わせること」です。

たとえば選択肢が数多くあった場合、相手に最もよいとされるものは何かを考え取捨するというニュアンスで使われます。

「踏まえる」は「判断のよりどころにする」

「踏まえる(ふまえる)」の意味は「判断のよりどころにする」ことです。状況や事情などを根拠として、何かを行う時に使われます。

また、「踏まえる」には「配慮する」「あれこれと考える」という意味も持ち合わせています。つまり「物事や状況をあれこれと考え、配慮する」というニュアンスで用いられる言葉です。

「念頭に置く」は「常に覚えている」

「念頭に置く(ねんとうにおく)」とは「常に覚えている」ことを表します。いつも心に留め置き忘れないでいることを表すため、約束事や重要な話し合いの場面で好んで使われる表現です。

「念頭」は「心の中」や「胸の内」の意味、「念頭に置く」で「自分の心中にいつもとどめて、覚えている」という意味になります。

「顧みる」は「過ぎた過去を思い起こす」

「顧みる(かえりみる)」は「過ぎた過去を思い起こす」という意味のほか、「心にとめ、気にかける」「振り返って見る」という意味があります。一度立ち止まって現状や状況を確認したり、過去に起きた出来事を回想する表現です。

また「顧みる」とほぼ同じ意味を持つ言葉に「回顧する」があります。昔や以前の事柄を思い出したり、過去を振り返って考え直す時などに使われます。

「慮る」は「深く思いを巡らす」

「慮る(おもんばかる)」とは「深く思いを巡らすこと」を意味します。

多くはよい意味で使われ、相手の事情を深く考えたり思慮深い言動を行うことを表します。相手のことをあれこれと気にかけて、顧慮する時によく使われる表現です。

「鑑みる」の英語表現

「鑑みる」の英語1「take it into account」

「鑑みる」は「take it into account」というフレーズを使って表すことができます。基本的な意味は「考慮する」「視野に入れる」となり、ビジネスシーンでは定番フレーズの一つです。

例文

This is the result that I took the previous data into account.
これが前回のデータに鑑みた結果である。

「鑑みる」の英語2「considering」

ほかにも「鑑みる」は「considering」という単語を使って表すこともできます。「considering」は「consider(考慮する)」の現在形で「〇〇を考慮すれば」というようなニュアンスで文章に用います。

例文

It sounds right decision considering current market trend.
現在の市場動向に鑑みれば、正しい決断と言えよう。

「鑑みる」の英語3「in the view of」

もう一つ、「鑑みる」の意味において「視野に入れて」というニュアンスを強めたいなら、「in the view of」という表現も使うことができます。たとえば「過去のデータを視野に入れて(in the view of previous data」「現在の状況を視野に入れて(in the view of current situation)」などのようになります。

例文

参考資料に鑑みて、より利益率の高いイベントを演出したい。
I would like to create more profitable event in the view of reference material.

まとめ

「鑑みる」とは「手本や資料などの規範を参考にして考えること」を意味し、類語には「配慮する」や「顧みる」などがあります。また「鑑みる」は、現状や前例などを基に状況を改善していく時や、判断材料を使ってものごと考える時に広く使われます。

営業やマーケティング関係に身を置く人は「売上に鑑みる」「市場に鑑みる」というように使うことも多いです。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!