「蛍雪の功」の意味や由来とは?使い方の例文と類語・英語も紹介

「蛍雪の功」という言葉を知っていますか?学問を通して成し遂げた功績や称えたり、勉学に励むことの大切さを伝える時に使われる故事成語の一つです。

「蛍雪の功」はフォーマルな席や年配の方との会話によく登場する言葉ですが、社会人としては、ぜひとも意味や使い方を正しく理解しておきたいものです。ここでは「蛍雪の功」の意味と由来をはじめ、使い方の例文や類語などを紹介します。

「蛍雪の功」の意味と由来とは?

「蛍雪の功」の意味は「苦労し勉学に励むこと」

「蛍雪の功」とは、人々が苦労して勉学や励むことを意味します。苦労を重ね、並みならぬ時間と努力をして勝ち得た成果や功績、優れた結果などへの称賛、また苦労して勉強することの大切さ表す言葉です。

ものごとや、自分が求めるゴールに到達するには、まずそのエリアの学問を十分に習得踏しなければなりません。どのような学問でも、一定の期間を設けて、猛勉強する必要があります。「蛍雪の功」とは、そのような努力の糧を積むことを意味する言葉となります。

また「蛍雪の功」の「蛍雪」は並みならぬ苦労を重ねて学問に励むこと、「功」は成し遂げた成果や結果、仕事においては努力の際に勝ち得た功績や業績などを意味します。この二つの言葉を組み合わせた表現が「蛍雪の功」です。

「蛍雪の功」は故事成語の一つ

「蛍雪の功」は故事成語の一つです。故事成語とは中国から由来した「教訓」や「昔からの言い伝え」などを意味するため、特別な席でのスピーチや業績発表などで好んで用いられます。

また「蛍雪の功」と同じ由来を持つ故事成語に「蛍窓雪案(けいせうせつあん)」、「車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)」や「孫康映雪(そんこうえいせつ)」があります。どれも、苦労をして学問に没頭することを意味する四字熟語となります。「蛍雪の功」とリンクして覚えておきましょう。

「蛍雪の功」の由来は史書「晋書(車胤伝)」

「蛍雪の功」の由来は、中国の有名古書の一つ「史書」の「晋書(車胤伝)」です。「晋書」とは、中国の晋の時代を記録・説明した書物で、「蛍雪の功」はこの中に登場する二人の青年が由来となり、使われるようになった言葉となります。

晋の時代に、「車胤(しゃいん)」と「孫康(そんこう)」という二人の青年が暮らしていました。この二人は互いに、中国では高位職の一つ「官吏」を目指していました。しかし、この二人の青年は家が非常に貧しかったため、夜に部屋を明るくして勉強をするための灯火の油さえ、購入することができませんでした。

しかし、この二人は決してあきらめることはしませんでした。何と、車胤は夏の夜に美しく光を放つ蛍を数十匹捕まえて明かりを作り、一方、「孫康」は冬の夜に降り積もる雪の明かりを使って、猛勉強をしました。その後、その結果が実り、高級官吏の座を勝ち得たのです。まさに、苦労と努力が形となって表れた瞬間でもあります。

「蛍の光」の歌詞に同じ由来の言葉

「蛍の光」は、小中高の卒業式では欠かせない卒業ソングですが、この中で詩として書かれた「蛍の光。窓の雪」も、「蛍雪の功」と同様に故事に基づく言い回しの一つです。

「蛍の光」は卒業式のほか、店の営業時間が近づいた時や、イベントや行事などが終わりを告げる際の「合図」として使われていますが、これも努力の結果としての「終わり」を迎えていることを意図しているとも言えます。

「蛍雪の功」の使い方と例文

「蛍雪の功」は座右の銘として使われる

「蛍雪の功」は、日常的な会話や一般の生活の中で、頻繁に使われる表現ではないかもしれません。しかしながら、中国から由来した故事成語のため、講演会や業績発表などの席のほか、個人として掲げる「座右の銘」として選ばれることがあります。

「蛍雪の功」は何並みならぬ努力と辛抱の結果、優れた結果や成果を得ることを意味します。つまり、「尋常ならぬ努力をしなければ、求める結果は得られない」ということを教える言葉でもあるのです。

「蛍雪の功」が伝える真意とは、貧しいということを理由に夢を諦めない「努力」と、厳しい境遇を乗り越える「苦労」があってこそ、本当の成果が得られるという「人生における教訓」であるとも言えます。社会人として辛い壁にぶつかったり、また学問の習得で躓いた時に、自分の心を励ます意味で「座右の銘」として掲げることもできます。

「蛍雪の功」は仕事への努力を称える時に使われる

「蛍雪の功」とは、「学問への苦労と努力」に対してだけ使われる表現ではありません「蛍雪の功」は「仕事」や「研究」などで、努力や苦労を重ね、多大な業績と結果を得る場合にも使われます。

たとえば、仕事で高い成果を出し、会社に多大な利益をもたらしたり、長年の研究過程において、優秀な結果を生んだりした際に、その功績や努力の候を称する意図をもって「蛍雪の功」という故事成語を用いることがあります。

逆を言えば、「苦労や努力がなくしては、このような結果は生まれない」という意味でもあります。つまり「蛍雪の功」という表現を使って、「あきらめない努力と逆境に対する苦労」を称えながら、その重要さも併せて伝えることができます。

「蛍雪の功」を使った例文

  • 蛍雪の功なって、この度、科学の分野で世界的に名誉ある賞をいただきました。
  • 取引先とのトラブルも多くありましたが、蛍雪の功となり、予定通り工事を完了することができました。
  • 蛍雪の功さながら、バイトと大学の掛け持ちは、予想以上に大変でしたが、無事に大学を卒業することができました。

「蛍雪の功」の類語とは?

「努力の結晶」は「努力の成果が形となる」

「努力の結晶」とは、「努力の成果が形となる」という意味で使われます。「結晶」とは、原子やイオンなどが立体的に配列されているものという他に「事柄やものごとが積み重ねなり、形となって現れる」ことも意味しています。つまり、「努力の結晶」で、日々の努力や勉学の積み重ねが、成果という形となって生まれることを表します。

例文
  • 営業で月の売り上げトップをマークした。日々の努力の結晶が形となったわけだ。
  • 日々の結晶を生んだのは、尋常ならぬ努力があったからこそである。

「苦学力行」は「学費を稼ぎながら学問に励む」

「苦学力行{くがくりっこう)」とは、学費を稼ぎながら懸命に学問に励むことを意味します。両親や家族などに頼るのではなく、自分が仕事をしながら学費を稼ぎ、学業と両立をすることを表します。

働きながら勉学に励むことは大変なことです。しかし、そのような厳しい状況の中で学問をあきらめず、目標に向かってひたすらに励むことを「苦学力行」と呼んでいます。

例文
  • 苦学力行を経て、今では超一流会社の開発部でリーダーとして働いている。
  • 学生時代は遊ぶことをせず、ひたすら苦学力行に努めた。

「蛍雪の功」を英語で表すと?

「蛍雪の功」は「The fruits of hard work」

「蛍雪の功」とは、故事成語であるため、理解しやすい英語に意訳する必要があるでしょう。

たとえば、一般的に使われるフレーズに「the fruits of hard work」があります。「the fruits」は「成果物」や「賜物」、また「hard work」は「懸命に働くこと」を表します。しかし、意味としては、一生懸命に仕事をすることだけではなく、勤勉に学問に打ち込むことなど、何かに向かってひたすら励むことに対して使われています。

また「hard work」を「dilligent study」や「continurous effort」などに言い換えたり、文章によっては「the fruits of」を省き、「hard work」や「dilligent study」など、単独で使った方が自然な表現となる場合もあります。

「蛍雪の功」を使った英語例文

  • 蛍雪の功なって、司法試験に合格した。弁護士になれるぞ!
    I have passed the bar exam after hard work.  I will finally be a lawyer!
  • 貧しさを理由にするのではない。成功は蛍雪の功あってこそなのだから。
    Don’t make an excuse of being poor. You only become a successful person if you make a continuous effort.

まとめ

「蛍雪の功」は中国の古書「史記」に由来し、「努力や苦労をし勤勉に学問に励むこと、またその成果」という意味を持ちます。

「蛍雪の功」は故事成語であるため、生きていくための教訓として心に留める人も多くいます。先人の教えではありませんが、懸命に学ぶことを続けなければ、成果は現れないことを諭してくれる重要なことわざの一つでもあるでしょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!