「やるせない」の意味と使い方とは?「せつない」との違いや例文も

自分ではどうしようもない状況に直面した際の心情を「やるせない」と表現することがあります。さまざまなシーンで経験する「やるせない」という感情について、詳しい意味とその使い方を解説します。また、「やるせない」と感じるシーンや類語「せつない」「やりきれない」との違い、英語訳も紹介しましょう。

「やるせない」の意味とは?

「気持ちを晴らすすべがない」という意味

「やるせない」とは「気持ちを晴らすすべがない、どうしようもない」という意味です。

悲しみや寂しさ、くやしさなど自分ではどうにもできない心情を指して「やるせない(気持ち)」と表現する、あるいはやり場のない感情をかかえる様も「やるせない」と言い表すことができます。

「やるせない」の語源は古語「遣る瀬無い」

「やるせない」は漢字では「遣る瀬無い」と書きます。古語としての「遣る瀬無い」は「行く場所がない」という意味です。古語では「遣る」が「行く」、「瀬」が「場所」を意味します。この古語としての意味から派生し、「思いを晴らす場所がない=気持ちをはらすすべがない」というニュアンスになったとされています。

また、「瀬」を「機会」と解釈し、「思いを晴らす機会がない」との解釈をする例もあるようです。

「やるせない」の使い方と例文

「どうしようもない」という精神状態を表現する

「やるせない」は、悲しみやさみしさからくる「どうすればよいか分からない、どうしようもない」という感情を表現する際に使用します。「やるせない」の背後にある感情はそれぞれ異なりますが、やり場のない感情を抱いていることを「やるせない」と表現することが多いでしょう。

「やるせない思い」「やるせない気持ち」と表す

「やるせない」は、それだけでも「気持ちを晴らすすべがない」という心情を指して使うことができますが、「やるせない気持ち」「やるせない思い」のフレーズで使うことも多いでしょう。

たとえば「やるせない思いだ」「やるせない思いを抱く」が例として挙げられます。「やるせない気分になった」などの使用も可能です。

「やるせない日々」は一向に気分が晴れない様

「やるせない」とはちょっとした出来事で生まれる感情ではなく、悲しみや辛さが募り「どうしようもない、どうすればよいのか分からない」というニュアンスを持ちます。そのため、「やるせない」という気持ちがしばらく続くことも多く、「やるせない日々」という表現で用いられることもしばしばです。

「やるせないと思いながら過ごしている」「やるせない気持ちが中々消えない」という場合に「やるせない日々だ」と使うことができるでしょう。

「やるせない」を使った例文や短文

  • この不満を誰にぶつけることもできずやるせない思いだ
  • 学校行事の相次ぐ中止に落ち込む子どもを見ると、やるせない気持ちになる
  • 結婚式の延期を告げる彼女のやるせない表情にはかける言葉が見当たらなかった

「やるせない」を名詞にして使う

「やるせない」は形容詞に分類されますが、「やるせなさ」と名詞で使うこともあります。たとえば「彼の表情にはやるせなさが滲んでいた」「ふがいない自分にやるせなさを感じる」などの使用例が挙げられます。

「やるせないとき」とは?

努力が報われないとき

「やるせない」と感じる代表的な例が、努力が報われないときです。自分の努力が実を結ばなかったという悔しさや悲しさ・辛さは、頑張ってきただけにどうしようもないやり場のないものです。その複雑な思いは「やるせない」と表現できます。

自分の無力さを実感したとき

自分の無力さを痛感した場合にも「やるせない」と使うことが多いでしょう。自分の能力ではどうしようもない事態はまさに「やるせない」ものです。

また「人間の無力さ」という意味では、地震や洪水など自然の驚異を目の当たりにした際に「やるせない」と感じる人も多いでしょう。どこにもぶつけようのない悲しみや虚しさ、喪失感はそう簡単に晴れるものではなく、文字通り「やるせない」状況です。

恋愛では相手への未練を表す

失恋による喪失感、寂しさにも「やるせない」がよく用いられます。相手への思いが強いほど、気持ちを晴らすすべが見つからず「やるせない」と感じることも多いです。

「あの時ああすればよかった」という強い後悔が「やるせない」という気持ちにつながるケースもあります。

「やるせない」の類語・言い換えとは?

「せつない」は悲しみや恋しさを表す類語

「やるせない」と似た意味の単語では「せつない」が挙げられます。「せつない」とは、悲しみや孤独で胸が締めつけられるような気持ちを意味します。たとえば恋人を失った際の悲しみは「せつない」としばしば表現されます。

「わびしい」は寂しく思う様を意味する

「わびしい」もまた、「やるせない」というニュアンスを持つ単語です。「わびしい」は「辛く悲しい」「心を慰めるものがなく、心細い」などの意味を持ちます。

一方で「わびしい」には「貧しくてみすぼらしい」「物静かでさみしい」という意味もあり、「わびしい住居」「わびしい田舎」のように「やるせない」とは異なる使い方をされることもあります。

「どうしようもない」と言い換えることも

「どうしようもない」とは「そうなるよりほかない、ほかに方法がない」という意味で、始末に負えないような状況を指す表現です。「やるせない」も「どうしようもない」というニュアンスを含み、気持ちのやり場がない場合に使います。

「どうしようもない」は状況が行き詰った際にも使える点で「やるせない」とは異なります。

「やりきれない」「いたたまれない」との違い

「やるせない」と似たような表現に「やりきれない」や「いたたまれない」がありますが、どちらも気持ちを晴らすすべがない(やるせない)状況で生まれる感情だと言えるでしょう。

「やりきれない」とは「耐えられない、我慢できない」「やり遂げられない」という意味です。「いたたまれない」は「その場にとどまることができないような感情」を意味します。

「やるせない」の英語訳とは?

「やるせない」は英語で「disconsolate」

「やるせない」は英語では「disconsolate」の単語を使用することができます。

「disconsolate」は「絶望的な、わびしい、やるせない」といった意味を持つ単語で、主に悲しみやさみしさからくる「やるせない」という気持ちを表現できます。たとえば「a disconsolate look」は「絶望的な表情、やるせない表情」との和訳が可能です。

また、「dreary(わびしい、物寂しい)」に「やるせない」の和訳が宛てられることもあります。

「crush」を使った英語訳も可能

「やるせない」という気持ちは「crush」を使って表現されることもあります。「crush」には「押しつぶす、壊滅させる」などの意味があり、人の心を押しつぶす=ショックを受けさせるとのニュアンスでも用いられます。

たとえば「She was crushed by the news.」は「彼はそのニュースに衝撃を受けた(ショックを受けた)」という意味ですが、「彼女はそのニュースを聞いてやるせない気持ちになった」と和訳することも可能です。

まとめ

「やるせない」とは「気持ちを晴らすすべがない」という意味で、悲しみや悔しさ、寂しさなど気持ちのやり場がなくどうしようもない場合に使います。「やるせない気持ちになる」「やるせない思いだ」という表現のほか、「やるせなさ」と名詞で用いられることも多いです。

類語には「せつない」や「わびしい」があり、「やりきれない」「いたたまれない」は使うシーンが似ているものの意味が微妙に異なります。