「ご協力」と「ご尽力」の違いは?敬語や類語・メールでの伝え方も

「ご協力」は、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもよく見聞きする言葉です。しかし、気軽に使われる言葉であるため、敬語として使うことに疑問を感じる場面があるかもしれません。この記事では「ご協力」の意味と敬語表現、類語や「ご尽力」との違いについても紹介しています。

「ご協力」の意味と使い方とは

「ご協力」とは「協力」の敬語表現

「ご協力」とは、力を合わせて事にあたることを表す「協力」に、尊敬の意や丁寧さを与える接頭辞「ご(御)」が付いた言葉です。

「協力」では自分以外の誰かと共に取り組むことや、力を貸してもらうことが前提となっているため、一般的にお願いや感謝を伴います。

「ご」を付けて相手を立てる表現や丁寧な言葉遣いに変えることで、「協力」を敬語的に使うことができるようになるのです。

「ご協力」のビジネスシーンでの使い方

「ご協力」はビジネスの場でよく登場する言葉ですが、自分に関することに「ご(御)」を付けて用いるのは誤りではないかと思われるかもしれません。

しかし、自分の行為が相手に及ぶものである場合には誤りとはなりません。自分が行った「協力」は自分以外の誰かに差し出すものであるため、相手を立てる謙譲語として「ご」とともに使うことができます。

「協力」という熟語自体に敬意はない

「協力」という熟語に使われている「協」という文字には、複数のものをあわせでひとつにするという意味があります。熟語そのものに優劣や序列の概念はなく、尊敬や謙譲の意味も含まれていないのです。

そのため、「協力」に「ご」を付けた「ご協力」であっても、やはり連帯感や平等性を拭い去ることはできません。あまり親しくない方や目上の方に対しては、前後に付ける言葉で敬意を表したり、別の言葉に言い換えたりすることも必要となります。

「ご協力」を使った表現・メールでの伝え方

【ご協力いたします】自分が協力するときに使う

自分が目上の方に協力する場合には、「ご協力します」に丁寧さを加えて「ご協力いたします」とします。協力を申し出たい場合には、「ご協力させてください」という言い回しがよいでしょう。

ただし先に紹介したように、「協力」という言葉は縦ではなく横の関係を想起させるものであるため、へりくだった言い回しが必要な場面では、「微力ではございますが、ご協力できれば幸いです」という表現を用います。

【ご協力をお願いします】相手に協力を求める

相手に協力を願い出る場合には、「ご協力をお願いします」です。「ご協力のほど、お願い申し上げます」「ご協力いただけますようお願いいたします」とすると、さらに丁寧さを高めることができます。

しかし「協力」という言葉そのものに序列というイメージがないため、「ご協力」以外の言葉に置き換えたほうがよいケースもあります。

【ご協力に感謝いたします】協力への感謝を伝える

協力してくださったことへの感謝を表したいときには、「ご協力に感謝いたします」とします。もっと敬意を表したい場合には、「ご協力をいただき、誠にありがとうございました」や「これもひとえに〇〇様よりご協力を賜ったおかげです」のようにするとよいでしょう。

「ご協力」の感謝をメールで伝えるポイント

過度の敬語はかえって失礼にあたることがありますが、心からの感謝を述べたい場合やメール・文書などでは、言葉を惜しまないほうが相手に思いが伝わります。

使う場面や相手の地位・立場と自分との関係などを考えて、適度な敬語表現を使うことが大切です。

「ご協力」と「ご尽力」の違いとは

「ご尽力」とは力を尽くして努力すること

「ご尽力」とは力を出し尽くして努力することを表した言葉で、ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。

ただし「ご協力」とは違って、「ご尽力」は相手に対してのみ使うことができます。たとえば「ご尽力いたします」というように、自分に対して使うことはできないのでご注意ください。

しかし、「ご」を外して「尽力いたします」とすれば、自分に対しても問題なく使えるようになります。

「ご尽力」を相手に求めると失礼にあたる

「ご尽力」は努力を要求する言葉であるため、「ご尽力いただきますようお願いいたします」のように敬語表現を用いたとしても失礼にあたります。

したがって、「ご尽力」は「ご協力」のように相手にお願いするときに使うことはおすすめできません。「ご尽力」は「ご尽力を賜り心より感謝申し上げます」というように、していただいたことに対するお礼を述べるときに用いたい言葉です。

「ご協力」の言い換えとして使える類語

「お手伝い」とは他人のサポートをすること

「お手伝い」とは他の人が何かをするとき、そのサポートをすることです。メインになるのは他の人で、その補佐的な役割を自分が担当するという関係になります。つまり自分は一歩下がった立場にあること、責任や権限は相手にあることを指しているのです。

「お手伝いいたします」のあとに「何なりとお申しつけください」と続けることで、「誠心誠意サポートできることを願っている」という気持ちを表すことができます。

なお、「お手伝いをお願いします」という言い回しは不躾な印象を与えるため、目上の方に対して用いることは避けたほうがよいでしょう。

「ご支援」とは相手を助け支えること

「ご支援」とは、力を貸して支えることです。金銭的・経済的供与を含んでいる場合もあります。誰の活動を支え助けることを表すものですが、活動の一部をサポートするものであり、全面的に助けるものではありません。

また、「支援」という言葉には「困っている人を助ける」という意味合いがあるため、自分から積極的に「ご支援します」と伝えることはおすすめできません。

目上の方へは、「ご支援のほど、よろしくお願いいたします」や「ご支援を賜り、感謝申し上げます」など、助けてもらう立場からの用法がよいでしょう。

「ご助力」とは手助けすること

「ご助力(ごじょりょく)」とは、手助けすることを表した言葉です。目上の方に対して用いる場合は、「ご助力を仰げましたら幸いです」「ご助力いただきありがとうございました」というように使います。

自分が助ける立場にあるときに使われる「ご助力させていただきます」については、二重敬語(「ご」と「させていただきます」)にあたるという指摘もあるため、「ご助力いたします」に言い換えたほうがようでしょう。

「お力添え」とは力を貸すこと

「お力添え」とは、力を貸して他人の手助けをすることです。「お力添えを願います」や「お力添えを賜りましたことに感謝いたします」というように、目上の方に対して用いることができます。ビジネスメールや初対面の方に対しては、「ご協力」ではなく「お力添え」とするのがおすすめです。

なお、「お力添え」は手助けをお願いする側が使う言葉であり、「お力添えいたします」のように手助けする側が使う表現ではありません。

また、「お力添え」は少しだけ力を貸すという意味合いがあるため、相手に骨を折っていただいたことへの謝意を表したいような場合には、「ご尽力」のほうがふさわしいでしょう。

まとめ

「ご協力」の意味と敬語表現について、類語や「ご尽力」との違いなども交えて紹介しました。「協力」という言葉自体は、「おっしゃる(言うの尊敬語)」や「存じる(思うの謙譲語)」のような敬語ではありません。

「ご協力」という言葉を見聞きすると違和感を覚えるという方もおられるので、きちんとした敬語が求められる場面では注意して使いましょう。