「支障をきたす」の意味や類語とは?お詫びでの表現例文と反対語も

「業務に支障をきたす恐れがある」とは業務上の何らかのトラブルを想起させる表現です。この「支障をきたす」は、ビジネス会話はもちろんお詫び状でも用いられます。「支障をきたす」の意味をはじめ、「きたす」と「来す」の違いや使い方を例文で詳しく解説します。類語や反対語、英語訳も併せて紹介しましょう。

「支障をきたす」の意味とは?

意味は「差し障りのある状態をもたらす」

「支障をきたす」とは、「差し障りがある状態をもたらす、好ましくない事態が生じる」という意味です。不都合が生じたり、物事の妨げになるような事態を引き起こす場合に、「支障をきたす」と使用します。

「きたす」には結果としてある状態を生じさせるという意味があり、好ましくない事態に対して用いるのが特徴です。

公用文では漢字「支障を来す」を使う

「支障をきたす」は、「支障を来す」と漢字で書かれることもあります。ビジネスメールでは「支障をきたす」とひらがなを交えた表記をすることが多いですが、国や公共団体の文書では「支障を来す」と漢字表記が一般的です。そのため、ビジネスシーンでも公的な文書等では「支障を来す」の表現を用いることもあるようです。

「支障をきたす」の使い方と例文

「支障をきたす恐れ」と懸念を示す

「支障をきたす」は「支障をきたす恐れがある」という言い回しでしばしば用いられます。

「支障をきたす」だけでも、このままでは何らかの不都合が起こることを意味しますが、さらに「支障をきたす恐れがある」と使うと「まだ分からないが、不都合が起こるかもしれない」という意味になります。この場合の「恐れ」は悪いことが起こるのではないかと心配する意味です。

たとえば「業務に支障をきたす」は「業務に不都合が生じる」という意味ですが、「業務に支障をきたす恐れがある」というと「不都合が生じる可能性がある」という意味になります。トラブルにつながる可能性のある事柄は「支障をきたす恐れがあります」との記載で注意を促すことができます。

「支障をきたすことなく」とは順調な様子

「支障をきたすことなく」と否定語と共に用いると、「不都合が生じない」つまり「順調である、問題はない」という意味になります。たとえば、「支障をきたすことなく進行している」「支障をきたすことなく終了する」などの言い回しが挙げられます。

また、「支障をきたすことはない」としても「問題が生じることはない」と同様のニュアンスになります。

例文
  • 直前で大きな変更があったものの、支障をきたすことなくイベントは終了した。
  • この程度の修正ならスケジュールに支障をきたすことはないだろう。

「支障をきたす」は体調にも使える

「支障をきたす」は業務だけでなく、体調にも用いられる表現です。たとえば「体調に支障をきたす」というと「体調が悪くなる、体に不調が現れる」ことを示唆します。

「精神に支障をきたす」というと「精神状態が不都合が生じる=正常に保てない」ことを意味し、何らかの精神疾患をわずらうような状況を想起させる表現です。体調を理由に退職する際に使うこともあります。

敬語として使う場合は「支障をきたします」

「支障をきたす」を目上の人に対して使う場合は、「支障をきたします」と丁寧な言い回しにします。たとえば、上司に相談する際に「このままでは業務に支障をきたします」というと、注意喚起をするようなニュアンスになります。

一方で、目上の人に使う際には「支障をきたす恐れがあります」の形でもよく使います。何らかの不都合が生じるという可能性に言及した言い回しですが、目上の人にはあえて「可能性を含む」というやんわりとした表現で伝えることで、柔らかい印象にすることもあります。

「支障をきたす」を使ったお詫びの例文

ビジネスシーンにおいてトラブルが発生しお詫びをする際、「支障をきたす」という表現を使うことがあります。相手の業務に何らかの影響を与えることを指して「支障をきたす」と表現し、続けてお詫びの文言を並べるパターンが多いでしょう。

例文
  • この度は○○に支障をきたす事態となり、大変申し訳ございませんでした。
  • システム運用に支障をきたす恐れがあると判断し、リリースを延期することにいたしました。申し訳ございません。

「支障をきたす」の類語とは?

類語は「支障が出る」「支障が生じる」

「支障をきたす」と似た表現には、「支障が出る」「支障が生じる」が挙げられます。いずれも「支障をきたす」と同様に、「妨げが出る」「不都合が生じる」といったニュアンスです。

一方で、「支障を及ぼす」という使い方は誤りです。「悪い影響を与える」というニュアンスで「支障を及ぼす」と使う例がありますが、「悪影響を及ぼす」とは言っても「支障を及ぼす」とは言いません。

「差し支える」「差し障りがある」も類義的な表現

「支障をきたす」と似た意味の言い回しでは、「差し支える」「差し障りがある」も挙げられます。

「差し支える」とは「都合の悪いことが起きる」という意味です。「差し障りがある」は「不都合な事情がある、差し支えがある」という意味になります。「差し支えなければご連絡先を教えてください」など、身近に耳にすることも多いでしょう。

「支障をきたす」の反対語(対義語)とは?

「支障」の反対語は「円滑」

「支障をきたす」の「支障」と反対の意味を持つ単語では「円滑」が挙げられます。「円滑(えんかつ)」とは、物事がすらすらと順調に進行する様子を指します。「円滑に進む」の表現でよく用いられます。

また、より簡単な表現では「順調に進む」も「支障をきたす」の対義表現として挙げられるでしょう。「順調に進む」は物事が調子よく進むことを意味します。

「滞りなく」も対義的な表現

「支障をきたす」の対義的な表現には「滞りなく(とどこおりなく)」も挙げられます。「滞り」とは「物事が順調に進まないこと、さしつかえること」という意味です。

「滞りなく」とは、この「滞り」が「ない」という意味なので、順調に進んでいることを指します。たとえば、「今年も株主総会を滞りなく終えることができた」などと使うことができます。

「支障をきたす」の英語訳とは?

「hinder」や「interfere」を使った英語訳

「支障をきたす」の英語訳で使う表現は、「妨げる、邪魔をする」という意味の「hinder」「interfere」などです。

たとえば「hinder」を使って表現すると、「That will hinder the completion of the work.(業務の遂行に支障をきたすだろう)」のようになります。「interfere」では、「That work interfered with daily life.(その業務は私の日常に支障をきたした)」と表現できます。

「affect」を使った英語表現も

「支障をきたす」を英訳する場合は「~に影響する」という意味の「affect」という語を使用することもできます。たとえば、「The bad weather affected the flight.」は「悪天候により飛行機の運航に支障をきたした」という意味です。

まとめ

「支障をきたす」は「差し障りのある状態をもたらす、不都合が生じる」という意味です。「業務に支障をきたす」というと、業務上何らかの不都合や差し障りが出るという意味になり、トラブルが予想される場合などに使用します。目上の人には、あえて断定せずにやんわりと伝える意図から「支障をきたす恐れがあります」として使うことも多いです。