「左様でございます」の意味とビジネスでの使い方!語源や類語も

「左様でございます(さようでございます)」は、ビジネスシーンをはじめ、あらゆる環境で使われる表現です。相手の意思に同意したり、相槌を打つ意図で用いることが多いですが、正しい意味や語源を知っていますか?

ここでは「左様でございます」を電話や面接で使うのは適切なのかを含め、類語や英語などを紹介します。

「左様でございます」の意味と語源とは?

「左様でございます」の意味は「その通りでございます」

「左様でございます」は「その通りでございます」という意味があります。相手の言っていることや、相手からの問いかけに対して「間違いはございません」「ごもっともです」「そのようでございます」という意味で使われます。

そもそも「左様」には「その通り」「そのよう」などの意味があります。

「左様でございます」は相手の意思に同意する表現

「左様でございます」は「相手の意思に同意する表現」です。相手の考えや意見などを含め、決定事項や相手の話す内容などを認める敬語表現でもあります。そのため、「そのようでございます」という表現を使って、相手の意思や指摘内容などを敬意をもって肯定することができます。

「左様でございます」は相手の意見や考えが正しく、道理にかなっていることを示す表現です。相手の意思に賛同するための「相槌」であり、「なるほど」という相手への納得の気持ちを表す言い回しでもあります。

「左様でございます」の語源は「然様」

「左様でございます」は「然様(さよう)」を語源に持つ表現です。「然様」の「然」には「先んじて述べたことを受け入れる」、また「様」には「そのような様子である」という意味があります。つまり「然様」で「その通り」「そのよう」という意味となります。

「然様」が語源となりますが、「左様」に「左」が使われています。その背景には「日本の古い身分階級のあり方」が挙げられます。

昔の日本では、高位階級の人を名指しで呼ばないように、「左」という漢字を使って称していました。たとえば「左に同じ」は「目上の人や上階級の官職と同じ」という意味です。

このような背景から、相手に敬意を示す言葉に見合う「左」が使われるようになり、のちに「然様」から「左様」へと漢字表記が変化したと言われています。

「左様でございます」は二重敬語ではない

「左様でございます」は「左様」で「様」を用いる表現であることから、丁寧語「ございます」とかけ合わせた二重敬語だと解釈してしまいがちです。

しかし、「左様」という言葉自体は「そうだと同意すること」を表す一般的な言葉であるため、「左様でございます」は二重敬語に該当しません。「左様でございます」は適切な敬語表現となりますので、敬うべき相手や目上の人に安心して使うことができます。

「左様でございます」のビジネスシーンでの使い方

電話やコールセンターでも使える敬語表現

「左様でございます」は敬語表現の一つです。しかし、相手と顔の見えない状態でコミュニケーションを図る「電話」や「コールセンター」などで使うのは失礼ではないか?という懸念してしまう人もいるでしょう。

「左様でございます」は、たとえ直接的に会って話さなくとも、敬意を持って相手の意思を肯定したり、相手の問いかけに賛同する言葉です。むしろ「その通りです」「ごもっともです」などの表現に比べ、より丁寧に気持ちが伝わることもあります。

面接や受付・接客業でも広く使われる

「左様でございます」は一般的な面接シーンや受付、また接客業でも広く使われる表現の一つです。面接や一般的な受付の場合は第一印象が決め手となることが多く、ここで「左様でございます」を使うと相手に好印象を与えることもできるでしょう。

接客業の場合はカスタマーファーストを掲げる企業も多くあり、できるだけ丁寧な表現をもって対応することが求められています。しかし、あまり仰々しくなりすぎないよう状況を確認しながら使うことが大切です。

相手の意思を丁寧に確認する

「左様でございます」を「左様でございますか」と、相手の意見や考えに相槌をつく意図で使うことがあります。これは相手に疑問があったり、疑念の感情を持っているのではなく、丁寧に相手の意思や話す内容を確認をする意図で使われます。

また、間違いやミスを指摘された際も「左様でございますか」を使って、相手に丁寧に返答することもできます。クレーム処理や相手に迷惑をかけてしまった時も、相手の言っていることを理解し「左様でございますか。大変申し訳ありませんでした」と続けることもできます。

「左様でございます」を濫用しない

「左様でございます」は、電話やメールなど相手の表情が見えない時だけでなく、面接や受付など直接的なコミュニケーションが発生する時も濫用しないように注意しましょう。

たとえば、相手が話をしている一部始終を通し「左様でございます」を連打したとしたらどうでしょうか。ほとんどの場合で「この人は話を聞いていない」「小ばかにされている気がする」と、不快な気持ちを抱いてしまうことでしょう。

「左様でございます」は、話の核となる部分や重要な項目に対して使うようにするのがベストです。相手の話に相槌を打つことは大切ですが、その他の表現を上手く取り混ぜながら、嫌味を感じさせない会話を進めていくことも重要だと言えます。

「左様でございますか」の類語と言い換え

「おっしゃる通りでございます」と言い換える

「おっしゃる通りでございます」は、相手の話す内容や確認事項を受け入れ、正しいと賛同する時に使われます。「おっしゃる(仰る)」という表現を使っているため、メールや文章より実際会話をしている状況において好んで使われることが多いです。

「ご指摘の通りでございます」も類語のひとつ

「ご指摘の通りでございます」は相手から間違いやミスの指摘を受けたり、改善箇所や問題点を告げられた際に「相手からの指摘を受け入れる」ことを表す表現です。ビジネスシーンでも相手からの指摘を承知し「改善させていただきます」という姿勢を示す際に使われます。

「ご認識の通りでございます」と表現することも

「ご認識の通りでございます」は、相手の考え方や物事の解釈が正しく、間違いではないという意味で使われます。

たとえば、たとえ同じ物事でも人や状況によって「認識への違い」が生じる場合もあるでしょう。そのため「認識」という表現を用いることで、「あなたの理解するところで間違いはありません」と丁寧に返答することができます。「

「左様でございます」を英語で言うと?

英語1「That’s right」

英語圏には尊敬表現という概念はありません。そのため「左様でございます」は「その通り」という意味の「That’s right」を使うのが最も一般的です。このフレーズは、電話でも面接でもビジネスシーンや日常的な場面を問わず広く使われます。

英語2「exactly」「precisely」「completely」

「その通り」という言葉を一つの単語で表すなら「exactly(正確に)」「completely(完全に)」「absolutely(絶対に)」などを使ってもよいでしょう。厳密にはそれぞれ意味が異なりますが、いわゆる「相槌表現」として、ビジネスシーンでも頻繁に用いられます。

まとめ

「左様でございます」は「その通りでございます」という意味があり、相手の意思を肯定したり相槌」の役割を果たす敬語表現の一つです。語源は「その通りの様子」を表す「然様」ですが、のちに目上の人や上級官職を示す「左」が「然」に代わって用いられるようになりました。「左様でございます」は電話や面接などのビジネスシーンでも適切に使うことができます。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!