「釈迦に説法」の意味や例文とは?似たことわざ「猫に小判」も解説

「釈迦に説法」とは「見当違いで愚かな行為」に対して使われることわざの一つです。たとえば素人がプロに教え込む様子に対し「何と愚かなことを…」という皮肉めいたニュアンスを持って放たれますが、正しい意味を把握していますか?

ここでは「釈迦に説法」の意味の他、似たことわざ「猫に小判」との違い、類語を交えてご紹介します。

「釈迦に説法」の意味とは?

意味は「その道の達人に説く愚かさ」

「釈迦に説法」の意味は「ある分野の達人やその道を知り尽くしている人に、そのことを説くことの愚かさ」をたとえたことわざです。

「釈迦」とは誰もが知る「仏教の創始者」で、キリストや孔子と並ぶ世界三大聖人の一人です。その釈迦に仏教の教義を説き話す「説法」を施すとは、どれだけ間の抜けたことなのでしょう。その愚かさを比喩表現で綴ったことわざが「釈迦に説法」です。

たとえば、寿司職人として経験20年のベテランに、修行中の者が寿司についてあれこれと教えることは、非常に愚かで身の程知らずな行為だと言えます。その業界で知識や能力が高い人に、まだ未熟な人がそのことを説くのは、うぶで世間の見方がわからない「愚かし気な行為」です。

由来は「釈迦に仏教を説く愚かな行為」

「釈迦に説法」の由来は「釈迦に仏教の云々を教えるという、愚かな行為」です。「釈迦」は生まれてすぐ歩き出し「天上天下、唯我の尊しと為す」と言ったとされ、若くして出家をし仏教の創始者として多くの人から敬われました。

その釈迦に対して、仏教の教義をつらつらと述べるのは失礼であり、また周囲から見れば相当に愚かなことのように映ることでしょう。「釈迦に説法」はこの状況を皮肉って生まれたことわざです。

「釈迦に説法」と「猫に小判」の違い

「釈迦に説法」と似たようなことわざに「猫に小判」があります。このことわざは、「釈迦に説法」とニュアンスが似ているため、言い換えの言葉として使ってしまうことがあります。

しかし、「猫に小判」は具体的な意味において異なる部分があります。それは「釈迦に説法」の軸である「知識のある人に教える愚かさ」という部分が欠けていることです。「猫に小判」とは「価値の理解できない人に高価なものを与えるのは無駄、また仕方ない」という意味があり「強く相手を小ばかにする」表現となります。

しかし「釈迦に説法」は「その道の達人に、その道を説くのは無駄」ではなく「その行為自体が愚かである」という意味です。それぞれのニュアンスの違いに留意して、正しく使い分けをしていきましょう。

「釈迦に説法」の使い方と例文

素人が専門家に教えようとする状況への皮肉

「釈迦に説法」とは、素人が専門家に向かって、あれこれとアドバイスしたり、教えようとするような状況で使われます。専門家とは、その分野における知識や経験が豊富であり、そうではない人に教えることが仕事でもあります。そのような立場の人に、その道のことや極意を説くとは、何とも愚かです。

こういった状況を嘲笑うかのように、皮肉を込めて放たれるのが「釈迦に説法」となります。周囲からすれば、身分に不相応で分をわきまえない行為でもあるでしょう。

また、同じような上下関係を挙げるとすれば「プロとアマチュア」「教師と生徒」「僧侶と修行僧」、また「上司と部下」などにも使えるでしょう。状況に応じて上手に使ってみてください。

相手を立てるために謙遜の意図を込めて使う

「釈迦に説法」は相手を立てるための「へりくだり」の表現として使うことがあります。

たとえば、芸歴20年のお笑い芸人と、新人のお笑い芸人がいるとします。もちろん、前者はお笑いの心得や人の心を掴むコツ、またボケと突っ込みなどを十分に理解し、それらを若手や新人に教える立場にある人です。ここで、芸歴20年のベテランが新人に「私の舞台の構成を考えてくれ」と頼んだとします。

この時、新人の心境としては喜ぶべきチャンスとは言えど、大先輩が出演する舞台の構成を担当するのは「身の程知らずで愚かである」と考えるかもしれません。そのような際「釈迦に説法となるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします」と、謙遜の意図を込めて放つことができます。

「釈迦に説法」は、素人が専門家に対して、自分をへりくだる意味で使うこともあります。このように使えば、相手に失礼になることもなく、むしろ相手への尊敬の気持ちを表すことができます。

「釈迦に説法」を使った例文

  • 釈迦に説法で、新人が社長に向かって経営戦略を説くのは間違っている。
  • 素人がプロの料理人に包丁の研ぎ方を教えようとするのは、釈迦に説法で愚かである。
  • 釈迦に説法ではないが、子供が親に向かって子育てのモラルを語るのはどうかと思う。

「釈迦に説法」と似たことわざ・言い換え表現

類語1「孔子に悟道」はその道の達人に教え説く愚かさ

「孔子に悟道(こうしにごどう)」とは、「その道の達人に、その道を教え説くという愚かさ」を意味する言葉です。

多くは「釈迦に説法、孔子に悟道」というように、「釈迦の説法」の後に続けて使います。二つの同じ意味のことわざを重ねることで「その分野を知り尽くしている人に、その分野のことを教える」という意味を強調しています。

類語2「猿に木登り」は得意とする者に教える愚かさ

「猿に木登り」とは「得意とする者に教えることの愚かさ」を意味することわざです。猿は木登りが得意ですが、その猿にあえて木登りを教えるとは愚かな行為だと言えます。

このように、ある事柄に精通している人に対して、手段や仕方を教えることの無駄さを滑稽に言い表したのが「猿に木登り」です。

類語3「河童に水練」は見当違いで無駄なこと

「河童に水練(かっぱにすいれん)」とは、「見当違いで無駄なこと」をたとえることわざとなります。言葉通り「泳ぐことを得意とする河童に、泳ぎ方の訓練をするという行為は見当違いで無駄なこと」を意味し、転じて「あることが得意な人に、それを教え込むのはピントがずれていて無意味なことである」というニュアンスで使われます。

「釈迦に説法」の英語フレーズとは?

英語1「preach to the choir」

「preach to the choir(聖歌隊に向かって説教をする) 」は、英語圏で「釈迦に説法」と同じニュアンスでよく使われます。聖歌隊の人たちは教会に属する音楽隊で、教会の教示や一般教養に長けている人たちが多いです。その人たちに対して説教ごとをするとは見当違いにもほどがあるでしょう。

このような状況を「愚かな行為」として解釈し、皮肉る意図で使われるのが「preach to the choir」です。

英語2「Don’t teach fishes to swim」

「Don’t teach fishes to swim(魚に泳ぎ方を教えるな)」は、プロに対してアマチュアがとやかく口挟んだり、その方法を教え込もうとする行為に対して「身分をわきまえない無意味な行為」という意味で使われます。

もともと水の中で生活する魚に、泳ぎ方を教えることほど愚かでナンセンスなことはありません。ある分野に精通している人に対し、そうでない人がレクチャーするのは、やはり愚かな行為と言えます。こちらも英語圏では「釈迦に説教」とほぼ同じ意味で使われます。

まとめ

「釈迦に説法(しゃかにせっぽう)」とは「釈迦に仏教の教義を教え説くことの愚かさ」を意味します。素人がプロにその道を説いたり、その道を知り尽くしている人にその極意を語るといった身の程知らずで恥ずかしい行為を皮肉ったことわざです。また、自分をへりくだって相手への尊敬の念を表す際にも使うことができます。部下が上司に使ったり取引相手に使うと好感度がアップするかもしれません。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!