「器用貧乏」の意味とは?自分で言う時の使い方や類語・対義語も

「器用貧乏」は、何でもこなせるが何故かどれも一花咲かせることができないという意味で使われる四字熟語です。

ここでは「器用貧乏」について、自分で言う時の使い方や類語・対義語、英語を紹介します。仕事やプライベートなどで頼まれごとが多い人は「器用貧乏」である可能性が高いです。その理由についても述べています。

「器用貧乏」の意味とは?

器用貧乏とは「何でもできるが大成しない」という意味

「器用貧乏」とは「何でもできるが、結局どれも大成しない」という意味があります。とりあえずどれも問題なくこなすことはできるのだが、どれもいまいちパッとせず、極めることができないという意味で使われます。

「器用貧乏」の「器用」とは「色々な物事を要領を得て処理すること」「芸事や工作などを上手にこなすこと」「抜け目なく動くこと」を意味します。また、ここでの「貧乏」とは、金銭的に貧困しているという意味ではありません。広い範囲で物事を処理することができるため、一つひとつのクオリティが乏しくとなってしまうことを表しています。

つまり、器用であることが仇となって、あれこれと首をつっこんでしまい、どれも中途半端になってしまうような人の性質を「器用貧乏」といいます。

「器用貧乏」とは一事に徹底できず成就しない

「器用貧乏」は一事に徹底できなかったり、多くの物事に手を出すことで、結局ひとかどの人になることができない人のことを指します。厳密にいえば、多くのことをやりながら、ある程度納得のいく領域に達した時点でやめてしまうことが、大成にたどり着けない理由だとも解釈できます。

「器用貧乏」は色々なことをやりながら、一定のレベルに達すると満足してしまいます。それだけに、一つの物事に執着して極めることができず、結局成就しないことが挙げられます。

「器用貧乏」とは器用であるがゆえの不都合さを表す

「器用貧乏」の「器用」とは「物事の処理を適切に、要領よくこなす」ことを表す良い意味の言葉です。「器用」であることは、自分にとってプラスになるはずなのに、なぜか「貧乏」になってしまうとは、なんとも「不都合」な話です。

「器用貧乏」とは、器用であるがゆえに、不都合な結果を生むことを表す言葉とも言えます。「器用」であることを誇りに感じながら、思うように自分の夢や希望などが大成できないとは、何ともどかしい状況でしょう。

「器用貧乏」は仕事で他人に利用されることも

「器用貧乏」とは、器用であるがゆえに貧乏くじを引いてしまうといったニュアンスがある四字熟語です。それは、どんなことをしても大過なく、また差し支えなく物事を進めることができることで、「他人に利用されることが多い」からだとも言えます。

世の中には「器用な人」と「不器用な人」がいますが、たいてい「器用な人」は周囲から便利がられ、物事を頼まれがちです。つまり、器用と言うことであれこれとこき使われてしまうため、自分のことがおろそかになってしまいます。結果、自分自身については大成しないというシナリオが生まれます。

「器用貧乏」である限り、周囲とっては頼れる存在かもしれません。そつがない仕事ぶりや、問題なく物事を処理する姿勢は、企業にとってもは有難い存在とも言えますが、必要以上に便利がられるのも、時と場合によっては辛いものがあるかもしれません。

「器用貧乏」の使い方と例文

相手の器用さに対する皮肉を表す

「器用貧乏」は、相手や第三者の器用さを皮肉る意図で使われます。

たとえば、オールラウンダーである仕事仲間に対し、「何でもこなせるけど、一芸には秀でていない」と、ちょっとした皮肉や嫌味の感情を込めて言うことがあります。「器用であるのは素晴らしいが自分のことを後回しにしている」と、相手を揶揄するような場合です。

「器用貧乏」を誰かに向かっていう時は、ネガティブな要素を婉曲に伝たい主旨が隠れています。

自分で言うときは謙遜を示す

自分のことを「器用貧乏である」と自分で言うこともあります。この場合は、自分の器用さを謙遜する意図で使われます。たとえば、相手に器用であることを誉められた時「器用貧乏なもので」と言えば、自身の器用さを謙遜することができます。

自分の器用さをネタに自嘲する

「器用貧乏」を自虐的なニュアンスで使うこともできるでしょう。たとえば、器用貧乏であるがために、余計な仕事を押し付けられたり苦手な幹事をやらされたりと、自分をネタにして自嘲する時にも使われることがあります。

自嘲も言ってみれば、自分を小ばかにしたように振舞う行為であるため、上記で紹介した「謙遜」に近いニュアンスになると言えます。へりくだる意図で使えば、相手に失礼になることもありません。

「器用貧乏」を使った例文

  • 昔から器用貧乏であったせいか、今の仕事でもなかなか一番になることができない
  • 仕事、家事、育児を全てをそれなりにこなす私は、よく器用貧乏だと小馬鹿にされる
  • 私は好奇心が旺盛で何でも自分でやってしまう、器用貧乏の典型的な例である

「器用貧乏」の類語と対義語とは?

類語「多芸は無芸」は多く特技を持つ人は無い人と同じ

「多芸は無芸」とは「多くの特技を持つ人は、特技の全くない人と何ら変わりがない」という意味があります。ここでの「芸」とは特技のほか、得意な科目や分野、また技術なども含まれます。

つまり、多くの特技を持っていても、一つのことに執着して極めなければ、結局のところ無芸に等しいという意味です。「多芸は無芸」は、多くの趣味を持つ人や、仕事でのオールラウンダーに対して「何一つ他を超越したものがない」と皮肉の感情を込めて使われることが多いです。

対義語「一芸に秀でる」は一つの技芸が特に優れる

「一芸に秀でる」とは「一つの技芸が特に優れていて、くっきりと目立つこと」を意味します。一つの芸事やスキルが、他人のそれを超越していて、明確に抜きん出ていることを表します。

「一芸に秀でる」は、あれもこれも欲張るのではなく、一つの芸を突き止め、しっかりと軸足を置いていなければ到達することはできません。つまり、多くのことに手を出していたのでは「一芸に秀でる」ことはできないということになります。

「器用貧乏」を英語でいうと?

「器用貧乏」の英語「versatility never pay off」

「器用貧乏」の意味で最もよく使われる英語表現は「versatility never pay off」です。「versatility」とは「器用さ」「多様性」、「pay off」は「報われる」「良い結果をもたらす」という意味があります。つまり否定の「never」を付けて「器用な人は報われない=器用貧乏」となります。

英語例文

何でもハイハイやらない方がいいよ。器用貧乏っていうでしょう。
You should not just accept whatever they ask. You know versatility never pay off.

「器用な人」を表すフレーズ

「器用貧乏」を直接表現する英語フレーズではありませんが、「器用な人」を表す言い回しを挙げてみます。

器用な人の英語表現
  • Jack of all trades, master of none :スキルが多い人のこと(英語圏では定番フレーズ)
  • all-rounders : オールラウンダー
  • Renaissance man:ルネッサンスマン、多芸多才な人

まとめ

「器用貧乏」とは「どんなことでもこなすが、なかなか花が開かない」また「何でもそつなくできるが、どれも中途半端になってしまう」ことを表します。

「器用貧乏」はほとんどの場合、器用であるがゆえに自分が損をしているというニュアンスで使われますが、「器用貧乏」を自分で言う場合は自分のオールラウンドさを謙遜し、自虐的なニュアンスで用いることが多いです。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!