「お手を煩わせる」の意味は?ビジネスやメールでの使い方と類語も

「お手を煩わせるわけにはいきません」「お手を煩わせることになり恐縮です」など、ビジネスシーンでは「お手を煩わせる」というフレーズで目上の人への配慮や気遣いを表現することがあります。この記事では「お手を煩わせる」の意味をはじめ、使い方や例文、活用例を紹介します。加えて、類語や英語訳も解説しましょう。

「お手を煩わせる」の意味とは

「お手を煩わせる」の意味は「相手に面倒をかける」

「お手を煩わせる(わずらわせる)」とは、「相手に苦労や面倒をかける」という意味です。何かを依頼する際や、お世話になった人に感謝や謝罪を伝える際に用いられます。

「煩わせる」とは「相手に手間を取らせること」

「お手を煩わせる」の「煩わせる」は、「煩わす(わずらわす)」がもとになっています。この「煩わす」には「思い悩ませる、面倒をかける」などの意味があります。

また、「お手を煩わせる」の「手」はこの場合、「手を動かす作業」だけでなく、苦労や手間といった労力全体を意味しています。

「お手を煩わせる」は上司や目上の人に使える敬語表現

「お手を煩わせる」は敬語表現として、上司や目上の人に使うことができます。「煩わせる」は敬語ではありませんが、「手」に尊敬の意味を持つ接頭辞「お」を付けているため、敬語表現となるのです。

そのため、取引先とのメールや手紙など目上の人とのやり取りに使用できますが、話し言葉としてよりも書き言葉としての使用が一般的です。

「お手を煩わせる」の使い方と例文

「お手を煩わせることになり恐縮ですが」と依頼する

「お手を煩わせる」は依頼する際に「お手を煩わせることになり恐縮ですが、~していただけますでしょうか」という文章で使うことができます。依頼する際の前置きとして使うことで、単に「~していただけますか?」というよりも丁寧な印象、相手を気遣った言い回しになります。

例文

お手を煩わせることになり恐縮ですが、新年度の挨拶として部長からも一言いただけますでしょうか。

「お手を煩わせることになるかもしれませんが」も可能

依頼する際の表現では「お手を煩わせることになるかもしれませんが…」と前置きすることもあります。後に「~していただけますか?」と依頼内容を続けて言う他、「お手を煩わせることになるかもしれませんが、ご協力の程お願いいたします」というフレーズでもよく用いられます。

この場合「かもしれません」が推測のニュアンスを持つため、相手への負担が大きいことが分かっている場合には「お手を煩わせて恐縮ですが…」の方がベターです。

似た言い回しでは、「お手を煩わせることになりますが…」も前置きとして使える表現です。

「お手を煩わせることはございません」と案内する

「お手を煩わせることはございません」は「お手間をおかけすることはありません」という意味で、端的にいうと「面倒や迷惑が掛かることはありません」というニュアンスです。たとえば相手に何かを依頼するシーンでも、非常に簡単な作業の場合には「お手を煩わせることはございません」として依頼することも可能です。

例文
  • (キャンペーンの案内などで)1~2分で済みますので、お手を煩わせることはございません。
  • ○○の案件は企画部への引継ぎが決定しました。今後はお手を煩わせることはないと思います。

「お手を煩わせるわけにはいきません」と丁寧に断る

「お手を煩わせるわけにはいきません」は、相手の申し出や支援を丁寧に辞退する場合に使用すると「相手に迷惑をかけるわけにはいかない」といったニュアンスにとることができます。

「お手を煩わせるには及びません(迷惑をかけるわけにはいかないので結構です)」や「お手を煩わせたくありません(面倒をかけたくない)」といった言い回しも可能です。

例文
  • (相手の申し出に対し)お手を煩わせるには及びません。お気持ちだけ頂戴します。
  • 部長のお手を煩わせるにはいきません。この件は私どもにお任せください。

「お手を煩わせる」を使った表現

「お手を煩わせてしまい申し訳ございません」と謝罪する

「お手を煩わせる」は「お手を煩わせてしまい…」の言い回しで用いられることもあり、その代表例が謝罪です。「お手を煩わせてしまい申し訳ございません」とは「手間や面倒をおかけしたこと」を謝罪する場合に使用します。

たとえば、自分のミスで上司や仕事仲間にフォローしてもらったときに「私のミスでお手を煩わせてしまい申し訳ございません」と使うとよいでしょう。相手に何かをしてもらったことが前提となるフレーズです。

「お手を煩わせてしまい恐縮です」と感謝を示す

「お手を煩わせてしまい恐縮ですが…」と前置きして「依頼」するパターンについては先述しましたが、「お手を煩わせてしまい恐縮です」と使うこともあります。

「恐縮です」とは、相手に迷惑をかけて申し訳なく思う場合や相手からの配慮に感謝する場合に用いられる表現です。たとえば、何か対応してもらった際に「お手を煩わせてしまい恐縮です、大変助かりました」と述べると面倒をかけた謝罪と、対応への感謝の両方を表すことができます。

「お手を煩わせる」の類語・言い換え表現

ビジネスでよく使う「お手数をかける/お手間を取らせる」

「お手を煩わせる」と似た意味の表現では「お手数をかける」「お手間を取らせる」が挙げられます。「お手数をおかけしますが、ご確認の程お願いいたします」や「お手間を取らせてしまい恐縮です」といった言い回しはビジネスシーンでもよく耳にするものです。

「ご面倒をおかけする」とも言い換えられる

「ご面倒をおかけする」も「お手を煩わせる」の類義的な表現です。「ご面倒をおかけして恐縮です」や「ご面倒をおかけし、申し訳ございません」などの言い回しで用いられます。「お手を煩わせる」に比べると使用頻度が高いため、より身近に感じる人も多いでしょう。

「心を煩わせて」とは「心配をかけて」という意味

「お手を煩わせて」と似た意味で「心を煩わせて」という表現があります。「心を煩わせて」とは「心配をかける」というニュアンスで、「お心を煩わせてしまい申し訳ございませんでした」というと「ご心配をおかけし申し訳ございませんでした」という意味になります。

「お手を煩わせる」の英語表現

英語では「bother」や「trouble」と表現する

「お手を煩わせる」は相手に手間や面倒をかけることを意味するため、英語では「bother(迷惑をかける)」や「trouble(悩ませる)」などのワードが使用されます。たとえば、「I’m sorry to bother you.」や「I’m sorry to trouble you.」は「お手を煩わせてしまい申し訳ございません」と和訳できます。

一方で「お手を煩わせてしまい恐縮です」と相手の手助けに感謝する意味では「I really appreciate your help.」という英訳も可能です。

まとめ

「お手を煩わせる」とは「迷惑をかける」を丁寧にした表現です。「お手を煩わせることになり恐縮ですが」と依頼する文面で使用することのほか、「お手を煩わることになり、申し訳ございません」「お手を煩わせてしまい恐縮です」と謝罪や感謝を伝える際に使用されることが多いでしょう。

会話では「お手数をかける」や「お手間を取らせる」ということも多いですが、「お手を煩わせる」は書面やメールでよく使うのでぜひ覚えておきたい表現です。