「ご指摘」の意味や敬語表現とは?メールで使える例文と類語も解説

「お気づきの点がございましたらご指摘ください」と連絡したり、取引先の意見に対し「ご指摘いただきありがとうございます」と返したり、ビジネスでは「ご指摘」という語を使ったやり取りをすることは多いものです。「ご指摘」の意味をはじめ、使い方を例文で詳しく解説します。また、類語や言い換え表現も紹介しましょう。

「ご指摘」の意味とは?

「ご指摘」とは「問題となる点を指し示すこと」

「ご指摘(ごしてき)」とは「問題となる点を取り上げ、指し示すこと」を意味します。この場合、欠点や過失といった悪い点を取り上げ指し示すという意味だけでなく、大切な点や注意すべき点を取り上げる場合も使用されます。

「ご指摘」の「ご」は敬語の意味を持つ

「ご指摘」の「ご」は敬語の意味を持つ接頭辞で、「ご指摘」では尊敬の意味を持って使用されています。そのため、上司や取引先など目上が指摘することに対して使用する表現です。一方で、自分が何か指摘することを「ご指摘」と使うことはしません。

なお、「ご指摘」は漢字で「御指摘」とすることもありますが、どちらも意味は同じです。

「ご指摘」の使い方とメール例文

「ご指摘ください」とアドバイスを求める

「ご指摘ください」とは、相手に指摘を求める際の表現です。「お気づきの点があればご指摘ください」のように、相手にアドバイスを求める際によく用いられます。

ただし、「ください」は命令形のニュアンスを含むため、受け取る人によっては違和感を覚えることもあります。その場合は「ご指摘の程お願いいたします」という表現で相手に指摘を求めるとよいでしょう。

例文

会議の議事録を添付いたします。修正点などありましたらご指摘ください。

「ご指摘いただけると幸いです」は丁寧なニュアンス

「ご指摘ください」をさらに丁寧な言い回しにしたい場合には「ご指摘いただけると幸いです」の形で使うこともできます。「幸いです」という表現は、「こうしてもらえると嬉しい、ありがたい」という意味です。

先述の「お気づきの点があればご指摘ください」は「お気づきの点がございましたら、ご指摘いただけますと幸いです」にすると、より丁寧な印象になります。

「ご指摘ありがとうございます」と感謝する

実際に目上の人に何らかの指摘を受けた場合は、「ご指摘ありがとうござます」と感謝の言葉を述べるのが通例です。「ご指摘いただきありがとうございます」の言い回しでも耳にします。

また、「ご指摘ありがとうございます」は相手の指摘が間違っている場合でも用いられます。仮に、相手の指摘が間違っている場合でも真っ先に反論するのではなく、一旦は「ご指摘ありがとうございます」と相手の言葉(指摘)を受け取るとよいでしょう。

例文

ご指摘いただきありがとうございます。早急に修正し提出いたします。

「ご指摘の通りです」とは指摘を肯定する表現

相手の指摘を受け「ご指摘の通りです」と返すこともあります。これは、指摘に賛同し肯定する場合の言い回しです。特に、相手に不利益を与えるような重大なミスを指摘された場合などは、「ご指摘ありがとうございます」と述べるとやや呑気な印象を与えかねません。

相手の指摘はごもっともである、その通りだと肯定する意味で「ご指摘の通りです」あるいは「ご指摘の通りでございます」と返すのがベターです。また、自らのミスに対する謝罪の言葉も忘れずに添えるようにしましょう。

例文
  • 見積書の件、ご指摘の通りでございます。大変申し訳ございません。早急に修正し、再度ご提出いたします。
  • ご指摘の通り、○○に関する記載が間違っていました。正しくは**です。訂正し、お詫び申し上げます。

「ご指摘いただいた○○」「ご指摘を踏まえ」と報告する

相手に指摘されたことに言及する場合には、「ご指摘いただいた○○ですが~」や「ご指摘いただいた箇所ですが~」として使用します。たとえば「ご指摘いただいた点ですが、現在先方に確認中です」といった文例が挙げられます。

また、「ご指摘を踏まえ」という表現もしばしば用いられます。目上からの指摘を受け何らかのアクションを行う場合に使用することが多く、「部長のご指摘を踏まえ修正しました」と使うことができます。

「ご指摘」の類語や言い換え方とは?

「ご教示」とは知識や方法に対して使う類語

「ご教示」の「教示」とは知識や方法を教え示すという意味です。自分が知らないことや分からないことを目上の人に尋ねる際に「ご教示ください」の形で使用することが多いです。

「お教えください」も丁寧な言い回しですが、「ご教示ください」はよりかしこまったシーンでも用いられます。

「ご指導」とはアドバイスを求める際に使う

「指導」とは「目的に向かって教え、導くこと」を意味します。「今後ともご指導のほどよろしくお願いします」という挨拶文でもよく知られるように、ビジネスシーンでは付き合いのある目上の人に対して、アドバイスを求めるようなニュアンスで使用されることが多いでしょう。

その場だけではなく、長い関係性を連想させる表現でもあります。

「ご意見」「ご要望」とは苦情や意見を指す

「ご指摘ありがとうございます」と相手の指摘を受け止める際の言い回しを紹介しましたが、「ご指摘」の内容が特にクレームである場合には「ご意見」が類語と言えるでしょう。「貴重なご意見ありがとうございます」と苦情に対してワンクッション置くのはよくある手法です。

また、「ご指摘」の内容によっては「ご要望」に言い換えられる場合もあります。「ご要望」とは相手が求めることや望むことを意味します。たとえば「先方のご要望は次の通りです」などの使用が可能です。

「お申し付けください」に言い換えも

「ご指摘ください」は「お申し付けください」に言い換えることができます。「お申し付けください」とは「言ってください」という意味で、「ご不明な点がございましたら、遠慮なくお申し付けください」などの言い回しで用いられます。

「ご指摘」の英語訳とは?

「指摘する」は英語で「point out」

「指摘する」の英訳は「point out」で、「ご指摘」を英訳する際もこの「point out」を使用することができます。たとえば、「If there are any mistakes, please point them out to me.」で「もし誤りがあればご指摘ください」との和訳が可能です。

また、「let me know(教えてください)」に対しても「ご指摘ください」の和訳が宛てられることがあります。

例文

If there are some mistakes, please let me know.(誤りがあればご指摘ください)

「advise」を使った英語訳も可能

「ご指摘ありがとうございます」の英訳では「advise」を使うこともできます。たとえば「Thank you for your advice.」は直訳すると「アドバイス(助言)をありがとう」となりますが、関係性や前後の文脈によっては「ご指摘ありがとうございます」の和訳も可能です。

まとめ

「ご指摘」とは尊敬の接頭辞「ご」を使った表現で、目上の人が「問題となる点を取り上げ、指し示すこと」を指します。ここでの「問題」とは単なる欠点や過失だけでなく、注意すべき点や大切なポイントも意味します。

よく使う例ではアドバイスを求める「ご指摘ください」や感謝を示す「ご指摘ありがとうございます」などです。また「ご指摘の通りです」と使うと相手の指摘に賛同を示す意味になります。