「ご相談」は間違った敬語?正しい使い方やメール件名・類語も紹介

「ご相談」は、日常生活だけでなくビジネスシーンでもよく見聞きされる言葉ですが、誤った敬語の用法も見受けられます。ビジネスでの敬語の誤りは、相手を不快にするだけではすまないこともあるため注意が必要です。この記事では敬語での「ご相談」の正しい使い方と、メールの件名・本文のほか類語も紹介しています。

「ご相談」は間違った敬語表現?

尊敬語・謙譲語どちらにもなる言葉

「ご相談」は、「相談」に敬語を作る接頭辞「ご」が付いたものです。したがって、「ご相談」は正しい敬語といえます。

「ご相談」は尊敬語と謙譲語のいずれにも使用できますが、「相談」する主体によって尊敬語となるか謙譲語となるかが決まります。

相手から受ける「ご相談」は尊敬語

相手の相談を受けるときの「ご相談」は、尊敬語にあたります。たとえば「〇〇様からのご相談をいただきました」というような場合です。

この場合、相談する(した)人は自分ではなく相手であるため、「ご相談」は行為者を立てる目的で尊敬語を使用します。

自分から相手への「ご相談」は謙譲語

「ご相談がございます」「ご相談させていただければ幸いです」というような場合の「ご相談」は、謙譲語にあたります。

自分自身が目上の方に相談するときに使うこれらの「ご相談」は、相手を立てるための謙譲語としての用法です。

「ご相談」の正しい使い方とは?

「ご相談」+「謙譲語」で表現する

「ご相談」という言葉そのものは、敬語として正しいものです。しかし、「ご相談がある」を丁寧語にした「ご相談があります」という言い回しは誤りではないものの、敬語としてやや言葉が足りない印象があります。

対策としては、「ご相談がございます」のように「あります」を「ございます」と謙譲語にして、「ご相談」の後に続けることがおすすめです。

「ご相談します」は「ご相談いたします」で丁寧に

「ご相談する」を丁寧語に変えた「ご相談します」も、後に謙譲語を続けた「ご相談いたします」や「ご相談申し上げます」という言い回しのほうが適切です。

自分の行為に「ご」を付けた謙譲表現に違和感を持つ方がいるかもしれません。その場合は「ご~いたします」や「ご~申し上げます」という形にすることで耳になじみやすくなります。

「ご相談させていただきます」は二重の間違い

謙譲語の「~させていただきます」は、事前に承諾を得ているときに使います。したがって、いきなり「ご相談させていただきます」と切り出すのは失礼にあたり、誤った表現といえるでしょう。

さらに、謙譲語の「ご相談」に同じ謙譲語「させていただきます」を重ねて用いると二重敬語にあたります。正しくは「相談させていただけますか」のように「ご」を外して尋ねる形に変えることで、事前に許可を取る際に使用できます。

「ご相談させてください」は失礼になることも

「ご相談させてください」は命令形にあたるため、目上の方へは使わないほうが無難といえます。「ください」は「くれる」の尊敬語である「くださる」の命令形であり、「くれる」の命令形である「くれ」の尊敬語です。

そのため「ご相談させてください」は敬語ではあるものの、失礼な言い回しのように受け取られかねない表現でもあるといえます。

「ご相談」メールの件名・本文の書き方

ビジネスシーンにおける「ご相談」メール

相談したいことがある場合に送付するメールを、「ご相談」という件名だけで送っていませんか。ビジネスメールでは件名が不適切だと、見落とされたり開封を後回しにされたりすることもあります。

「ご相談」のためのビジネスメールでは、内容が相談についてのものであることと、何についての相談であるかを件名に明記することが大切です。

メール件名は【〇〇についてのご相談】

ビジネスで相談したいことがある場合のメールには、「〇〇についてのご相談」というような内容を端的に表した件名がおすすめです。

たとえば「ミーティングの日程変更についてのご相談」や「〇〇案件に関するクレーム対応のご相談」というように、何に関する相談であるかを件名で明記します。

「ご相談」メールの相談内容は簡潔に

「ご相談」のメールでは、相談の内容を明瞭かつ簡潔に記述することが必要です。相談したいことが複数ある場合には、箇条書きにすると読みやすくなります。

直接会って相談したい場合には、その旨と相談したいことの概略を伝えるとともに、面談が可能な日時を伺う一文を添えるとよいでしょう。

「ご相談」メールでは相手への配慮を添える

明瞭さと簡潔さが求められるビジネスメールですが、相談にのってもらうことを前提とした「ご相談メール」は相手への配慮を表す言葉も添えるとよいでしょう。

たとえば「大変恐縮ですが」と前置きしたり、「お時間をいただきたいのですが」のようにお尋ねする表現を用いたりすることで、厚かましさや不躾な印象を与えずにすみます。

「ご相談」の後はお礼や結果報告をする

「ご相談」の正しい敬語での表現を紹介してきましたが、「ご相談」するときにはその後の経過や結果報告、お礼を忘れないことも大切です。ビジネスでは「報告・連絡・相談」を適切に行うことが必要で、特に相談を受けた側としては結果がどうなったかについて気になります。

「ご相談」で得られた解決策や行動指針をすぐに実行し、速やかに結果報告をしたいものです。そうすれば相談を受けた側は安心するだけでなく、自分の意見を素直に実行してきちんと報告したあなたを好意的に評価するでしょう。

もしすぐに結果が表れないような場合には、実行した旨と経過の報告をおすすめします。

「ご相談」の類語・言い換え表現

「ご助言」は上司のアドバイスを求める言葉

「ご助言(ごじょげん)」とは、助けになるような意見をいうことやその意見のことを指す「助言」に、敬語を作る接頭辞の「ご」が付いた言葉です。職場の上司などからのアドバイスが欲しいときに「ご助言をいただけませんか」のように使います。

「助言」にはちょっと助けるという軽めの意味合いがあるため、重い内容の相談に使うことはできません。また、「ご助言いただきありがとうございました」というように助言へのお礼の言葉としてつかうことも控えたいものです。

「ご教示」は指導を願うときの言葉

「ご教示(ごきょうじ)」とは、知識や方法などを教えて示すことを表す「教示」に、接頭辞の「ご」を付けることで敬語とした言葉です。

「ご教示を賜る」というような形で教えを請う側が教える側を敬って使うことがほとんどで、教える側が「ご教示します」というように使うことはまずありません。

なお「ご教示」と似た言葉である「ご教授(ごきょうじゅ)」は、学問や技芸などのような専門的で習得にある程度の期間が必要となるものを継続して教わるときに使われます。

「ご意見」は尊敬語として使う

「ご意見」は、ある問題に対する考えや主張を表す「意見」に接頭辞「ご」を付けた言葉です。「ご意見を伺いたいのですが」「ご意見をお聞かせ願います」という言い回しを使うと、「相談したい」という意味に近いものとなります。

なお「ご意見」は、「ご相談」とは違って謙譲語として使われることはありません。したがって、「私のご意見を申し上げます」という言い方は誤りです。

まとめ

「ご相談」は敬語として誤っているのかということについて、正しい使い方のほかメールでの件名・本文、類語などを交えながら紹介しました。

ビジネスにおいては上手に相談することで、時間短縮やスキルアップだけでなく良好な人間関係の構築にもつなげることができます。まずは、正しい敬語で相談できるようになることから始めてみてはいかがでしょうか。