「ご入用」の意味やビジネスでの使い方とは?返事や断り方の例文も

「レシートはご入用ですか?」は会計時によく聞くフレーズでしょう。また「ご入用」と「ご利用」は似ていますが意味は全く異なります。「ご入用」の正しい意味とその使い方を例文で解説します。また「ご利用」のほか、類語との違いや対義語、英語訳などの関連用語も紹介しましょう。

「ご入用」の意味とは

「ご入用」の意味は「必要であること」

「ご入用」とは「必要であること」という意味です。

「入用」には「(ある用のために)必要であること」という意味の他、「必要な費用、大切なこと」などの意味もあります。

「ご入用」は謙譲語ではなく尊敬語

「ご入用」の「ご」は、尊敬や謙譲、丁寧などの意味を持つ接頭辞です。「ご入用」の場合は尊敬の意味で用いられているので、相手が必要であることを尊敬の意を込めて言う際に「ご入用」と使用します。一方で、自分が必要とすることに対して「ご入用」とは使いません。

ただし、「ご」をとり「入用」として使う場合は自分に対して使うことが可能です。

読み方は「ごいりよう」漢字で「御入用」とも

「ご入用」は「ごいりよう」と読みます。「入用」には「にゅうよう」という読み方もありますが、一般には「いりよう」という読みが定着しています。

また、「ご入用」は漢字「御入用」の表記が用いられることもあり、こちらも誤りではありません。ただし「御入用」と漢字で記載した場合、「ごいりよう」と「おいりよう」の二通りの読み方ができます。なお、「ごいりよう」を漢字で「ご要り用」と記載するのは誤りです。

「入用」の敬語表現としては、本来「ご」ではなく「お」を使用した「お入用」が正しい表記です。しかし、現代では「ご入用」が広く浸透しているため、「ご入用」を使うのが誤解を生まない適切な表現と言えます。

「ご入用」の使い方と例文

「ご入用でしょうか」と必要な物や対応を尋ねる

「ご入用」の最も多い使用例として「ご入用でしょうか」「ご入用ですか」が挙げられます。相手に必要な物や対応を尋ねる際の表現です。

たとえば「レシートはご入用ですか」といえば「レシートは必要ですか」の意味になります。また、「何かご入用でしょうか」は「何か必要ですか」という意味で、困っている人への声掛け、助け舟としても使えるフレーズです。

会話での例文

「いつまでにご入用でしょうか」
「月末までにお願いします」

「ご入用でしたら」はビジネスメールでも使える

「ご入用でしたら」や「ご入用の際は」は、ビジネスメールでもよく用いられます。

たとえば、「ご入用でしたら、遠慮なくお声がけください」「ご入用の際は弊社営業部までご連絡ください」など、「必要だったら」「必要な時は」という意味で使える表現です。

「ご入用のものがございましたら」は必要な「物」に使う

「ご入用のものがございましたら」とは「必要な物(物品)があったら」という意味です。たとえば「ご入用のものがございましたらフロントまでご連絡ください」という表記は宿泊施設でよく見かけます。

先述の「ご入用でしたら」や「ご入用の際は」は、何らかの対応が欲しい場合にも使える表現ですが、「ご入用のものがございましたら」は必要な「物」にのみ使う点で異なります。

「ご入用」は金銭に対して使うことも

「ご入用」は「必要なもの、必要であること」に対して幅広く使用されますが、一方で「必要な費用」という意味もあります。たとえば「ご入用でしたら、私が立て替えます」とは、支払いの立て替えを申し出る言い回しです。特に、上司と外出中に支払いが発生し、尚且つ経費で落とせる支払いの場合は目下がスムーズに段取りができると好印象です。

なお、お金に関する使用では「歓送迎会の時期は何かとお金が入用だ」と「ご」を取って自分に対して使用することも多いです。

「ご入用ですか」への返事と断り方とは

「ご入用ですか」には「お願いします」と返す

「レシートはご入用ですか?」と問われた場合は「はい、お願いします」と答えるのが通例です。「はい」だけでももちろん構いませんが、「お願いします」とつけ加えると丁寧です。

また「何かご入用でしょうか?」と尋ねられた場合には、「○○を探しているのですが…」「○○が欲しいのですが…」と用件を述べることもあります。

断り方は「不要」という意味の「結構です」

「ご入用ですか」という問いかけに対して断る際には、「結構です」と返します。この場合の「結構です」は「NO」の意味です。「いいえ、結構です」や「いいえ、不要です」と答えることもあるでしょう。

会計時のやり取りで「レシートはご入用ですか」には「大丈夫です」と答えることも多いですがここれもまた「NO」の意味で用いられています。

「ご入用でしたら~」への返事は「ありがとう」

「ご入用でしたらお声がけください」「ご入用でしたらご連絡ください」に対しては、「ありがとうございます」と返せばよいでしょう。この場合、相手の気遣いに対する感謝を述べます。

「ご入用」の類語と言い換え方

「ご利用」とは「使う」という意味

「ご入用」と「ご利用」はよく似た語感の表現で、使用シーンが重なることも多いためよく混同されます。

「ご利用」とは「(うまく)使うこと」という意味です。たとえば「袋はご利用ですか?」は「袋は使いますか?」という意味になります。「袋はご入用ですか?」が「袋は必要ですか?」という意味になることを考えると意味の違いが分かりやすいでしょう。

「ご利用」と「ご入用」はレジでのやり取りでどちらも使用されますが、相手が使う袋を持っておらず必要かどうかを尋ねたい場合は「袋はご入用ですか」とするのがニュアンスとしては正しいです。ただし、「使いますか?」の意味で「ご利用ですか」としても意味をなさないわけではありません。

「ご所望」とは「ほしいと望むこと」

「所望(しょもう)」とは「望みとすること、こうしてほしいと望むこと」という意味です。「ご所望」の形で目上の人が何かを望むことを指し、たとえば「先方は○○をご所望です」というと「相手は○○を望んでいる、○○を必要としている」という意味になります。

「ご用命」とは「用事を言いつけること」

「ご用命」の「用命(ようめい)」とは「用事を言いつけること、命令すること、注文すること」などの意味を持つ単語です。たとえば「ご入用の際にはご用命ください」は、「必要な時には命じてください(用事を言いつけてください)」という意味になります。

似ている表現ですが、「ご入用」は「必要である」という意味であるため「ご入用ですか?」と漠然と用向きを尋ねることはありますが「ご入用ください」という使い方はしません

「物入り」とは「費用がかかること」

「物入り(ものいり)」とは「費用がかかること」を意味します。「入用」にも「お金が必要なこと」と金銭に関する意味はありますが、「物入り」は「出費が重なりお金に困っている」というニュアンスを含む点がポイントです。

たとえば「今月は何かと物入りで、お金が入用だ」と使うと「今月は何かと出費が重なり、お金が必要だ」という意味になります。

「ご入用」の反対語とは

反対の意味を持つ表現は「不要」

「入用」と反対の意味を持つ単語は「不要」です。「必要であること」を意味する「入用」に対し、「不要」は「必要でないこと、不必要」を意味します。たとえば、「不要不急(ふようふきゅう)」という四字熟語は「必要でもなく、急ぐ必要もないこと」という意味です。

「不用」も対義語のひとつ

「不要」と同じ読みをする単語に「不用」があります。「不用」とは「使わないこと、いらないこと」を意味し、たとえば「不用品」とは「使わなくなった物」を指します。この「不要」と「不用」は厳密には意味が異なるものの、同じ意味で用いられることも多いです。

「ご入用」の英語訳

「ご入用の際はお申し付けください」の英語訳

「必要であること」を意味する「ご入用」は英語では「need」を用いて表現されることが多いです。たとえば、「ご入用の際はお申しつけください」は「Please ask me if you need any assistance.」と英訳することができます。

似た表現では「We are pleased to provide assistance if you need help.(必要なら喜んでお手伝いします=ご入用ならお申し付けください)」も挙げられます。

「ご入用でしたら」の英語フレーズ

「ご入用でしたらどうぞ」のように、「もし必要であれば」の意味で使う場合は「if you want」や「for the asking(お望みであれば)」などの英語表現が使用できます。

例文
  • You may have it for the asking.(ご入用でしたらどうぞ)
  • You may have it if you want.(ご入用でしたらどうぞ)
  • If you want to buy this, I will put it aside for you.(ご入用ならお取り置きします)

まとめ

「ご入用」とは「必要であること」という意味の「入用」に尊敬の接頭辞「ご」をつけた表現です。「ご入用」は目上の人が必要な物や対応を表し、自分に対して使う場合は「入用」と表現します。一般的には「ご入用ですか」のほかに「ご入用でしたらお声がけください」「ご入用のものがございましたら~」の言い回しで使うことが多いでしょう。