「はじめとする」の使い方とは?意味や漢字表記・言い換えの例文も

「採用をはじめとするさまざまな業務を担う」「社長をはじめとする経営陣が同席する会議」など、「はじめとする」という表現はビジネスシーンでもよく用いられます。この「はじめとする」の意味や使い方、その活用例を例文をふまえながら詳しく解説します。また「はじめとする」の漢字表記や類語、英語訳についてもあわせて紹介しましょう。

「はじめとする」の意味とは?

「はじめとする」は代表例を挙げる際の表現

「はじめとする」とは、いくつかあるものの中で特定のものを代表例として挙げる際の表現です。「○○をはじめとする」と表現すると「○○に代表される」という意味になります。

代表例だけではなく、強調したいものや特筆したい事柄を挙げる際にも使用されます。

漢字は「始めとする」が正しく「初めとする」は誤り

「はじめとする」の漢字表記は「始めとする」が正しく、「初めとする」と書くのは誤りとされています。「始め」と「初め」は読みは同じでも漢字の持つ意味が異なるためです。

「始め」は物事の起こりや開始を意味するのに対して、「初め」と表記すると物事の最初の段階を意味します。また、「初め」が主に時間的な「最初」を意味するのに対し、「始め」という漢字はそれ以外で広く用いられるのが特徴です。

ただし、「はじめとする」に漢字表記が用いられるのはまれで、基本的にはひらがなで表記されます。

「はじめとする」は公用文でも使える表現

「はじめとする」は法令等の公用文でも用いられる硬い表現です。そのため、改まった印象を受ける人も多いでしょう。

また、万人に向けた文章で用いられることから一般に広く浸透している表現ということもできます。ビジネスシーンでも社内、社外を問わずに広く使用されています。

「はじめとする」の使い方と例文

「○○をはじめとする」と強調したいものを示す

「はじめとする」は「○○をはじめとする」の形で「○○」に強調したいものや特筆したい事柄をいれて使用します。たとえば、「社長をはじめとする全従業員」と使った場合は「全従業員」の中でも「社長」を強調したニュアンスになります。この例では、社長をたてるニュアンスにもとることができるでしょう。

例文

社長をはじめとする全従業員が同じ目標に向かって取り組むことが重要だ

○○をはじめとした」「○○をはじめとして」の使い方も

「はじめとする」は「○○をはじめとした」や「○○をはじめとして」という表現でもしばしば用いられます。いずれも意味は同じで「○○」の部分に強調したい事柄や代表的なものを当てはめて使用します。

例文
  • 社長をはじめとした経営陣による臨時会議が開かれている
  • 当社では児童クラブの運営をはじめとして様々な学習支援サービスを提供しています

○○をはじめ」と表現するケースも多い

○○をはじめとする」や「○○をはじめとした」などの言い回しのほか、「○○をはじめ」と表現することもあります。この場合も意味は「はじめとする」と同じで、一部省略した表現であることから改まった印象が弱まるものの、ビジネスシーンで使用しても失礼には当たりません。話し言葉としてもよく耳にする表現です。

例文
  • ○○部長をはじめ、営業部の皆様には大変お世話になりました。
  • 前職では採用面接をはじめ、応募者対応や入社手続きなどの採用業務全般に従事していました。

「はじめとする」の言い換え表現や類語

「筆頭に」とは「第一番に挙げられるもの」を指す表現

「筆頭に(ひっとうに)」とは、読んで字のごとく「筆の頭、名を連ねた時に一番目の位置(の人)」という意味です。加えて、「あるものの中で一番目に挙げられるもの、主だったもの」という意味もあり、「はじめとする」の類語として使うことができます。

一般的には「~を筆頭に」という表現で主たるものや代表例を示します。たとえば「20代を筆頭に、若い世代では国産より海外に流行を求める傾向が高まっている」という表現では、「20代」を後に言及する「若い世代」の代表例として示しています。

「先頭に」も強調の意味で使える表現

「先頭」とは「一番先」を意味する表現ですが、「列の先頭」「レースの先頭」といった使い方だけでなく、強調の意味でも用いられます。たとえば、「A君を先頭に、今年は期待の持てる新人がたくさん入社した」という文章では「期待の持てる新人」の中でも「A君」が代表的な人物、あるいはトップであることがうかがえます。

「先頭に」を「はじめとする」に言い換えると「A君をはじめとする期待の持てる新人がたくさん入社した」となります。

○○を代表とする」に言い換えも可能

「はじめとする」が表す「代表例」という意味をより直接的な言い回しにした言い換えには、「○○を代表とする」が挙げられます。その中の一部ではあるが、全体をよく表しているものを言い表す表現です。

たとえば、「A県はリンゴを代表とする果物の生産が盛んである」という使い方が可能です。「はじめとする」に言い換えた場合は「A県はリンゴをはじめとする果物の生産が盛んである」となります。

「皮切りに」も似た意味の表現

「皮切りに」とは「最初に、手始めに」という意味です。たとえば、「このアート展示はわが町を皮切りに今後は全国を回るらしい」という文章は「わが町」をスタートとして全国を順に回る、というニュアンスになります。

「○○をはじめとする」が代表を挙げたり、強調したりする意味合いが強いのに対して「皮切りに」は「物事のはじめ」を指す際によく使うのがポイントです。

「夏季のセールを皮切りに、この先は数々のプロモーションが控えている」のように、強調・代表例としてのニュアンスを伴った使用も可能ですが、「はじめとする」は必ずしも「皮切りに」に言い換えられるとは限りません。

「はじめとする」の英語訳

英語では「including」を使って表現する

○○をはじめとする」の英語訳では「including」を使用するとよいでしょう。「including」は「○○をふくめて、○○込みで」という意味です。

単語の意味としては「はじめとする」とは異なりますが、「A including B」は「Bを含むA=BをはじめとするA」と和訳されます。英語と日本語の構造の違いをうまく利用することで、「はじめとする」のもつ強調のニュアンスを出すことが可能です。

例文

the economic powers including Japan(日本をはじめとする経済大国)

「such as」を使った英訳も可能

○○をはじめとする」の英語訳には「such as」を使った表現も可能です。「such as」には「○○といった、○○のような」という意味があります。

たとえば、「the economic powers, such as the U.S., Germany, Japan」という英語表現は「アメリカやドイツ、日本をはじめとする経済大国」と和訳することができます。

まとめ

「はじめとする」は代表例を挙げる際に使い、「○○をはじめとする」の「○○」に強調したい事柄や特筆したい事柄を入れて使用します。「○○をはじめとして」「○○をはじめとした」などの形で、法令やビジネス文書など公用文でも用いられる表現です。

言い換え表現には「皮切りに」のようにニュアンスが多少異なるものもあるため、それぞれの意味に注意して活用してみてください。