「大義名分」の意味や類語とは?語源の朱子学「大義名分論」も解説

「大義名分」は「物事や行動に対する正当な理由づけ」という意味で使われる四字熟語です。ビジネスシーンで多く用いられる表現ですが、正しい使い方をしていますか?ここでは「大義名分」の意味をはじめ、朱子学・大義名分論の内容や使い方の例文、類語についてわかりやすく紹介します。

「大義名分」の意味と語源とは?

大義名分とは簡単に言うと「行動の根拠や理由づけ」

「大義名分(たいぎめいぶん)」とは「行動の根拠や理由づけ」を意味します。ある行為の拠り所となる正当な根拠や道理などを表します。

もともと「大義名分」の「大儀」とは「人として踏まなければならない重大な道理」のことで、「その行動が大事極める道理に基いている」ということを示す言葉です。また「名分」は「身分に伴って守るべき本分」を表し「人が本来するべき努め」という意味があります。

このように、二つの重たい響きを持つ言葉で構成される四字熟語が「大義名分」です。

「大義名分」には「建前や口実」のニュアンスも

前述でもご紹介しましたように、「大義名分」とは「行動の根拠や理由づけ」のことですが、さらに深く言えば「建前としての理由づけ」というニュアンスが非常に強い言葉でもあります。

つまり、行為や物事に対して「正当な理由を後づけする」といった意味でも使われます。状況によっては「口実」や「言い訳」のようなニュアンスで用いられることがあります。

「大義名分」の語源は朱子学「大義名分論」

「大義名分」の語源は政府に学問として認められた「朱子学」の基本思想「大義名分」だと言われています。そもそも朱子学とは、孔子による教え「儒教」が朱熹(しゅき)によって再構築されたもので、江戸時代に国内に広く唱えられたものです。

朱子学のベースとなる儒教は、主に君主と臣下との間に存在する「支配服従」を説いています。君主に対する振る舞いやマナーのあり方などを示し、その思想を絶対的にしたものが「大義名分論」なのです。

朱子学での大義名分論は、大義を「重大な義理」そして名分を「名義に伴う分際」とし、「どのような状況でも、君主に服従する名分を尽くすことが正当」としています。転じて「行動への理由づけや根拠、または口実」という意味で使われるようになった言葉が「大義名分」です。

「大義名分」の使い方とよく使う表現とは?

「大義名分」を使って物事を正当化する

「大義名分」は相手に「正しいことをしている」「正当である」と解釈してもらうために使われる四字熟語です。つまり、自分の行いに対する「正当性」を周囲に見せることを目的として使われる言葉でもあります。

「私は正しいことをしている」と相手に理解してもらうことほど、大変なことはありません。そこで「大義名分」という思想言葉を使うと、自分の行動に対する正当性を主張することができます。

「大義名分」には言い訳のような響きも

「大義名分」は、実際には道理的に正しいかどうかはわからないが、あくまで正当であると周囲に示す時に使われることがあります。そのため、場合によっては「言い訳じみた響き」になることがあります。

たとえば、成人を迎えた人が「大人になった今、大義名分でお酒を毎日飲むことは正当である」という文章なら「大人になったことを、お酒を飲む口実にしている」という状況がうかがわれます。このように、使い方や状況によって「大義名分」が、ただの言い訳や見え透いた口実として映ることがあります。

「大義名分を掲げる」は根拠や理由を高唱すること

「大義名分」でよく使われる言い回しに「大義名分を掲げる」があります。「大義名分を掲げる」とは、行動に対する根拠や口実などを言葉にするだけではなく、そのことを周囲に高唱し、訴えかけるといったニュアンスがあります。

「掲げる」という表現を用いて「高く示す」「示して知らせる」ことを表しています。つまり「大儀面を掲げる」で「行動の拠り所となる根拠や理由が正しいと高唱する」という意味で使われます。

たとえば「社長であるから、経費を自由に使うという大義名分が立つ」という文章では「社長なのだから、経費を自由に使うのは正当である」という意味です。

「大義名分が立つ」とは根拠として成り立つこと

「大義名分が立つ」は「行動の拠り所の根拠や口実が、立派に成り立つ」という意味で使われます。「なぜこのような行動をするのか」という理由づけや口実が「根拠として成り立つ」ことを表します。

つまり、行動や物事の結果に対する理由が「言い訳」や「建前」ではなく、れっきとした「根拠として成立する」といったニュアンスで使われます。

たとえば「母親だから、子供に英語教育を強要する大義名分が立つ」という文章では「母親である以上、英語教育を子供に押しつけるのは根拠として成立する」という意味となります。

「大義名分」の類語とは?

「名目」はビジネスシーンでも使う類語

「名目(めいもく)」には「表向きの理由」という意味があり、見た目の名称や口実などを表します。おおむね「本当ではない」ことを示す際、仮の姿として作られるのが「名目」です。

「名目上」や「名目として」などの言い回しを中心に、ビジネスシーンでも多用される言葉です。

「託け」とは無理に結びつけるという意味

「託け(かこつけ)」とは「無理に結びつける」という意味です。たとえば、物事の過程と結果、原因と結果などを無理やり結びつけたりすることを「託け」といいます。

また「託け」は、物事や状況などの点と点を強引につなげるという意味があるため、都合のよい口実をでっちあげるというニュアンスもあわせ持ちます。そのため、よい意味で使われることはあまりありません。

「申し開き」とは身の潔白を述べること

「申し開き」の意味は「身の潔白を述べる」ことです。疑惑を招いたり非難を受けたことに対し、そうするしか方法がなかったと「事の正当性」述べることを表します。「弁明」や「釈明」「言い開き」に似たニュアンスで使う言葉です。

「物事や行動への理由づけ」という点では「大義名分」と類似していると言えます。

「大義名分」の英語フレーズとは?

「大義名分」の英語1「as a reason 」

「大義名分」を簡単に意訳をすると「〇〇を理由として」というように解釈することができます。そうすると「as a reason 」というフレーズを使うことができます。「大義名分」の意義を直訳しても、英語圏では意味が通じないため、わかりやすい表現を使うほうが賢明です。

例文

風邪であることを大義名分として、会社を1週間も休んだ。
I did not go to work for a week as a reason being sick.

「大義名分」の英語2「as a excuse」

「大義名分」で「言い訳」や「口実」という意味を強めたいときは「as an excuse」を使うこともできます。通常、行動や物事の結果などに対し、あれこれと理由を後づけする時に用いるフレーズです。

例文

彼に車を買ってもらうのは、彼女であるという大義名分として成り立つ。
Does it sound to ask my boyfriend to buy me a car as an excuse that I am his girl friend?

「大義名分」の英語3「in the cause of 」

もう一つ「大義名分」で使えるフレーズに「in the cause of 」があります。こちらも「〇〇を根拠に」という意味で使われる、英語圏では使用頻度の高いフレーズです。

例文

長時間の残業を大義名分に、会社を辞めた。
I quit my job in the cause of tremendous amount of overtime.

まとめ

「大義名分(たいぎめいぶん)」の語源は、儒教を立て直した「朱子学」の基本思想「大義名分」です。日本ではのちに「大義名分論」として広まった儒教の教えに基づいています。「大義名分」には「行動の根拠や理由づけ」という意味がありますが、その他「行動が正当であることを示す口実や建前」というニュアンスでも使われます。状況によって「名目」や「かこつけ」に言い換えて使いましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!