カタルシスとはどんな意味?使い方の例や類語もわかりやすく紹介

「カタルシス」という言葉をご存じですか?映画や歌詞のタイトルでも使われますが、心のわだかまりを外に解放し気持ちをスッキリさせる「心理療法」や、文学作品などが与える「快感効果」として知られています。

ここでは「カタルシス」について、意味や使い方の例文、類語などをわかりやすく紹介します。

「カタルシス」の意味と語源とは?

「カタルシス」の意味は簡単にいうと「浄化」「排泄」

「カタルシス」の基本的な意味は「浄化」や「排泄」です。「浄化」や「排泄」といっても幅が広いですが、「カタルシス」の意味においては、身体によくないとされるネガティブな物質や感情などをきれいに浄化し、スッキリとした気持ちになることを表します。

「カタルシス」は抑えつけていたネガティブな感情を排出し、解放することによって胸がすき、気分が解放されることを表します。心配事や悩み、また不安や混乱などを含め、心に溜まったわだかまりやしこりを外に放つこと、それが「カタルシス」の意味するところです。

「カタルシス効果」は感情を解放したあとの安心感

「カタルシス」は「対処が難しい欲求や感情、また葛藤や衝動などを発散することで症状を消失させる」ことを目的とした心理療法を指します。

「カタルシス」を活用する心理療法は言語的または非言語的に負の感情を表現、意識した後に自身のネガティブな気持ちを認識し外に放っていきます。そして、ここで得たスッキリとした気持ちを「カタルシス効果」または「心の浄化作用」と呼んでいます。

「カタルシス」は心理療法の分野でも貢献している言葉の一つとも言えるでしょう。

「カタルシス」の語源はギリシャ語「katharsis」

「カタルシス」の語源はギリシャ語の「katharsis」です。もともと「kathar」とは「不浄を清める儀式」を持ち、「katharsis」で「清浄なものにする=浄化する」という意味になります。

「カタルシス」には宗教的な概念が強い言葉ですが、場合によっては、罪人や悪人などが背負う穢れけがれ)を取り払うための「お祓い(おはらい)」を意味することもあります。

「カタルシス」はアリストテレスが広めた概念

「カタルシス」は古代ギリシャの哲学者「アリストテレス」が用いた概念の一つとしても知られています。主に、悲劇や憐みの情によってもたらすマイナス感情を排出することで、魂が清浄され、気持ちが解き放たれる効果を記しています。

「カタルシス」が、後に心理療法として本格的に活用されるようになったのも、アリストテレスによって提唱された「カタルシス効果」が多くの症例で認められているからでしょう。

「カタルシス」の使い方と例文

「カタルシスを感じる」とは「気持ちが晴れること」

「カタルシスを感じる」は、不安や心配などの感情から解き放たれ、晴れ晴れとした気持ちになったことを表します。「カタルシスを感じる」は心がスッキリとし、心理的に安定した状態になった時に使われるため、わだかまりのない爽快感と快感を味わうことができます。

例文

子供が元気に遊んでいる姿を見て、母親としてのカタルシスを感じた。

「カタルシスがない」とは「心がもやもやする状態」

「カタルシスがない」とは「カタルシスを感じることができない」という意味で使われます。物事や状況に対して不満足さが残り、心の中のもやもやとした感情が消えないことです。

「カタルシス」が「無い」という言葉通り、ネガティブなムードが消え去らず心に停滞していることを意味します。このように、「カタルシス効果」が得られず心中にわだかまりやしこりがある状態を「カタルシスがない」と言います。

「カタルシスがない」は、物語や舞台をはじめ映画や小説などの構成に対して、少し不満があるような時にも使われることがあります。話の流れや結末の在り方などが納得いかず、どうもスッキリしないといった状況です。

例文

この絵画には、心を解放させてくれるようなカタルシスがない。

「カタルシス」に注目したマーケティング

「カタルシス」は、誰もが心に持つ心のわだかまりが「スッキリと解放される」ことを意味します。心に蓄積されたネガティブな感情を解き解放するために、人々は「カタルシス効果」を求めてさまざまなサービスに興味を持っているのが現状です。

たとえば、相手の悩みや心配事を聞いてくれとともに、適切なアドバイスを提供してくれる「カウンセリングサービス」や、ポジティブに生きていくために必要なメンタル要素を教えてくれる「メンタリング」などのサービスがあります。

このような背景からも「カタルシス」をベースにしたビジネスは、現代の日本でも需要の高いカテゴリーに入っていると言えます。人の心や気持ちをスッキリとさせてくれる「モノ」や「サービス」は、マーケティングにおいても重要な要素の一つです。

「カタルシス」の類語とは?

類語は「心が澄み渡る」「魂が清められる」など

「カタルシス」の類語表現には「心が澄み渡る」「魂が清められる」などが挙げられます。どちらも気持ちが晴れ晴れとし、心が爽快となるイメージを与える表現です。

その他「精神が冴えわたる」「心がきれいになる」なども類語として使うことができます。

「快哉を叫ぶ」とは「胸がスッとすること」

「快哉を叫ぶ(かいさいをさけぶ)」とは「カタルシス」と似たようなニュアンスを持つことわざです。意味は「胸がスッとして、気持ちがよいこと」「痛快な気分で歓声を上げること」となり、簡単に言えば「気持ちがよい」ことを表す言葉です。

「快哉を叫ぶ」は「カタルシス」のように、悲劇や心配事などネガティブな感情を解き放つことによって得られる爽快感を直接的に表すことわざではありませんが、「気持ちがスッとする」という点においては類似していると言えます。

「カタルシス」の対義語とは?

「フラストレーション」とは「欲求不満やイライラ」

「カタルシス」の正式な対義語は見当たりませんが、意味の上で「気持ちがスッキリしないこと」を表す言葉に「フラストレーション(frustration)」があります。「フラストレーション」とは「欲求不満」や「イライラ」を表し、心が苛立ちを表す言葉です。

「フラストレーションが溜まる」とは「自己の欲求が得られないことで不満が蓄積すること」を意味します。このような状況から「気持ちがスッキリする」という意味の「カタルシス」とは対義的な関係にあると言えます。

「ジレンマ」とは「心の葛藤」

「ジレンマ(dilenmma)」も「カタルシス」の正式な対義語ではありませんが、意味の上では対義語に属する言葉の一つです。「ジレンマ」とは、二つの選択がある状況で、どちらを選んでも何ら変わりない不利益な結果が得られると、深く思い悩む「心の葛藤」を意味します。

よく使う言い回し「ジレンマに陥る」は、二つの選択肢から一つを選ぶことが困難で、そこから抜け出せないという「泥沼状態」であることを意味します。「ジレンマ」も心がスッキリせず、心にわだかまりを背負う心理状態の一つです。

まとめ

「カタルシス」とはギリシャ語の「katharsis」を語源に持ち、アリストテレスによって広まった概念の一つです。英語表記は「catharisis」となり、悲劇を中心にネガティブな感情を解放させスッキリとした気持ちになることを表します。

現代では「カタルシス効果」や「心の浄化作用」を目的とする心理療法としても注目されています。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!