「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味や由来は?反対語や例文も

「鶏口となるも牛後となるなかれ」は、たとえて言うなら「大企業の社員に留まるより、小さな会社のトップになれ」という意味のことわざです。受験や進路、まだ就職活動をしている人のスローガン的なニュアンスのある言葉でもあります。

ここでは「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味や由来と原文、類語や対義語を紹介します。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味と読み方

意味は「大集団に従事するより小集団の頭になれ」

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味は「大きな集団で使われるより、小さな集団の頭になりなさい」です。つまり、大きな組織や企業の中にいて従事者として使われるより、小さな組織やグループでもトップとして活躍するほうがよいという意味があります。

たとえば、一般的に大きな団体に属していると、トップの座に到達するまで相当の時間がかかります。大企業ともなれば人数自体が多いため、昇進を経験せず一従業員として仕事をすることになるかもしれません。

それなら、たとえ小さな企業で自己の実力を発揮し、役職に就いたり社長になった方がよいという意味があります。また、同じ意味で「鶏口牛後」と四字熟語で表すこともあります

「その他大勢にならずリードする立場になれ」という教え

「鶏口となるも牛後となるなかれ」は、言ってみれば「その他大勢にならず、自分がトップとなって集団を引っ張れ」ということを表すことわざでもあります。

そもそも「鶏口」は「鶏のくちばし」を意味し「弱く小さなものの頭」としてたとえられています。また「牛後」は「牛の尻や尾」を意味し、「強いものに従う者」をたとえる表現です。

つまり、牛の尾っぽのように前が見えずただぶら下がっているだけなら、弱小でも鶏のくちばしのように先頭にある方がよい、というニュアンスで使われます。

読み方は「けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ」

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の正しい読み方は「けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ」です。

口語的によくある間違いとして、「けいとうとなるもぎゅうびとなるなかれ」が挙げられます。これは「鶏頭となるも牛尾となるなかれ」と、ことわざの内容を誤って解釈してしまったためです。間違って使わないよう気をつけましょう。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の由来は「史記」

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の由来は、司馬遷による歴史書「史記」の「蘇列伝」にあります。

大国秦が各国に領土を差し出すよう命じた際、遊説家である韓の蘇秦(そしん)が、頭である恵宣王(けいせんおう)をはじめ魏・趙・楚・斉・燕の六国の王に対して提唱しました。「大国秦に従い仕えるのではなく、各国の王として同盟を組み秦に対抗するべきだ。

この言葉は、原文で「寧為鶏口、無為牛後」と書かれており、読み下すと「寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ」となります。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の使い方と例文

受験や進路を決める場面で使う

「鶏口となるも牛後となるなかれ」は、受験や進路などで迷いが生じている人にも使うことができます。少しランクが高い学校に挑戦してみるか、進学後に上位を狙えそうなランクの学校にするか悩む場合があるでしょう。

ランクの高い学校に挑戦して合格できた場合、その学校でトップになるのは簡単なことではありません。それなら、余裕をもって合格できる学校でトップを目指し、成績優秀者として就職に有利になったほうが得とも言えます。

就職先を決める場面で使う

就職を控えている学生は今後の進路に頭を悩ませることもあるでしょう。「就職は大企業にしたい」「大手しか狙わない」というように、企業の規模や経歴などにこだわる人も多くいます。

しかし、大企業というものはそれだけの大人数が集まっていることから、早々から上に立って働くことは非常に難しくなってきます。つまり、一従業員として仕事をこなすという状態が続く可能性があるということです。

そうであれば、中小企業やベンチャー企業などに就職して、自分の実力や能力を発揮できた方がよい、と考えるのが「鶏口となるも牛後となるなかれ」の言わんとするところです。中小企業の方が昇進するチャンスが多く、自分の意見が通しやすくなるというメリットもあります。

自分を鼓舞する意味で使う

自分のやりたいことや得意なことを仕事として始めたいと起業を志望する人が増えています。起業をすれば自分がトップになるわけですが、仕事に関するすべての責任がのしかかってくるため「やっぱりやめよう」と挫けてしまう人も少なくありません。

そこで、自分自身を鼓舞するために「鶏口となるも牛後となるなかれ」を掲げれば、「小さくてもボスになる方がよい」と心を強く持って前に進むこともできます。

「大企業で働くことが悪い」という意味ではない

「鶏口となるも牛後となるなかれ」を「大企業に就職したり、大集団に属するのが悪い」と、断定的な意味合いで使うのは本来の意味から判断しても適切であるとは言えません。

そもそも「鶏口となるも牛後となるなかれ」は、「小さな集団のトップになることで実力を発揮し、人間として成長することができる」というのが本筋です。

つまり「大きな集団に属すると一従業員としてしか扱ってもらえない」というネガティブな部分を強調するのではなく、「自己の成長を望むなら、小さな集団のトップになる方が好ましい」ことを主として示しています。

あくまで、相手に対する好意的なアドバイスとして使われることを留意しておきましょう。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」を使った例文

  • 大企業に就職するのもよいが「鶏口となるも牛後となるなかれ」で、中小企業で頑張って早く役職に就くのもありじゃない?
  • 「鶏口となるも牛後となるなかれ」というように、主体的に行動したいのなら、起業をするのも一つの選択であろう。
  • 有限会社の社長である父は「鶏口となるも牛後となるなかれ」を実践し、成功を収めた一人である。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の類語

「鯛の尾より鰯の頭」はほぼ同義語

「鯛の尾より鰯の頭」とは、「たとえ立派で価値の高い鯛であっても、尾は鯛の思う通りに動く以外に選択はない。それなら安くて弱小な鰯でも、頭であれば自分で思うように方向を決めることができる」という意味です。

つまり、自分の意志で行動を決めて主体的に物事を進めていくことができるなら、鯛の尾より鰯の頭の方がよい、というニュアンスで使われます。

立派な鯛でも尾は付随しているだけで意志はない、大衆魚の鰯でも頭なら好きなように行動できるという意味合いで「鶏口となるも牛後となるなかれ」とほぼ同義語として使われます。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」の反対語や対義語

「寄らば大樹の陰」は「やっぱり大集団の方が安全」

「寄らば大樹の陰」とは「大きな樹木の陰にいる限り安全である」という意味です。大きな樹木の陰に身を寄せていれば、雨風をしのぐこともでき強い日差しから身を守ることもできます。逆に、小さな樹木の影にいても雨風や日差しはしのげません。

「寄らば大樹の陰」は、大集団に属していることで自分の身が守られること、また危険がなく安心であることを意味し、強く大きな集団に属することが何より賢い選択であることを説いています。

たとえば、出世ができなくても福利厚生のある安定した企業に就職した方が安全である、というような意味になるため「鶏口となるも牛後となるなかれ」とは反対の意味を持つことわざです。

まとめ

「鶏口となるも牛後となるなかれ」は「大きな集団のなかで従うより、小さな集団の頭になれ」という意味のことわざです。たとえば、大企業で昇進できず長い間一従業員として勤めるより、小さな企業でもトップになるほうがよいことを表しています。

進学や就職する際の一つの指針として、また起業を試みる人には自分を鼓舞する言葉として選ばれることわざです。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!