「この度」の意味と読み方とは?メールでの書き出しや言い換え方も

「この度」とは「今回」という意味ですが、では「この度」と「今回」はどのように使い分けるのがよいのでしょうか。

この記事では「この度」の意味や読み方のほかに、書き出しとして使う「この度」の使い方を解説します。また「この度」の類義語である「今回」や「今度」との違いや、言い換え表現も紹介します。

「この度」の意味と読み方

「この度」の意味は「現在の状況や近い過去・未来の出来事」

「この度」は、「あまり遠くない過去の出来事」「現在の状況や出来事」「近い未来に起こること」を表します。

「この」とは「あまり遠くない過去」または「近い未来」、「度」は「その時」という意味です。したがって「この度」とは、ほんの少し前のことや近い将来に起こるできごと、状況をさすことになります。

さらに、現在進行形で起きていることも「この度」と表現できる特徴があります。

「この度」の読み方は「このたび」

「この度」は「このたび」と読みます。

「度」という漢字は「温度」や「制度」のように「ど」と音読みにされることが多いのですが、「この度」では「度」を訓読みして「たび」と読まれます。

「此の度」とも表記できるが「この度」が一般的

「この度」は「此の度」や「此のたび」のように「此」という漢字を使って書き表されることもあります。

「此」を使った表記の仕方も正しく、かしこまった印象も与えられるので使われることもあるのですが、「此」は常用漢字外にもなっている読みづらい漢字のひとつです。そのため「この」はひらがなで表記して「この度」とするのがわかりやすい表記の仕方です。

「この度」の使い方と例文

ビジネスメールの書き出しに「この度」を使う

「この度」はビジネスメールなどで、これから書かれる要件や本題を書き始めるときの始まりの言葉としてよく使われます。

「この度は○○の件についてお問い合わせいただきありがとうございます」のような書き出しの文章を使って、顧客へのメールで問い合わされた内容をこれから書き出そうとするときに、「この度」を使います。

ビジネスメールでの「この度」の使い方例文
  • この度はご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。
  • この度は迅速にご対応いただき、誠にありがとうございました。

「この度」をあらたまったシーンで使う

「この度」はかしこまった印象のある表現なので、結婚式などあらたまった席でのスピーチや招待状のお返しに「この度」は使われます。またビジネスシーンでもかしこまった挨拶のほかに、ビジネスメールやビジネス文書で書き言葉としても「この度」は使われています。

例文
  • この度はご結婚おめでとうございます。
  • この度、人事部に移動になりました○○と申します。

履歴書の送付状にも「この度」は使われる

履歴書を同封した送付状でも「この度」はよく使われます。送付状とは、封筒のにどのようなものが同封されているのかが書かれた手紙です。

就職希望先に履歴書を郵送する場合、その郵便物に添えられる送付状には「この度は貴社の営業部求人に応募させていただきたく、履歴書と職務経歴書を同封いたします」のような文章が書き記されることがよくあります。この場合の「この度」は、「今回の応募」という意味になります。

「この度」を使った表現

「この度はありがとうございました」と感謝を伝える

「この度はありがとうございました」は相手に感謝を伝えるときに使われる表現です。

「この度はありがとうございました」の使うときに気を付けることは、「この度」が何を指すのかを相手がわかる状況で使うことです。相手が何のことを指しているのかわからない状況で、突然「この度はありがとうございました」と切り出したら相手を驚かせてしまうでしょう。

相手を驚かせないように、「この度」を指す内容を相手が察しできるかどうかを見極めてから、「この度はありがとうございました」を使うようにしましょう。

「この度はよろしくお願いします」と挨拶する

「この度はよろしくお願いします」や「この度はお世話になります」は、将来起こることで相手の世話になる場合に用いられる挨拶表現です。新しい事業を始めるときの取引先への挨拶や、これから宿泊する宿での挨拶などでも使われます。

「この度はお悔やみ申し上げます」は葬儀の挨拶や弔電で使う

「この度」は、「この度はお悔やみ申し上げます」や「この度はご愁傷様です」のように、葬儀などでお悔やみの言葉を伝えるときに使われます。

相手を気の毒だという気持ちを伝えたいときには「この度はご愁傷様です」を使い、故人の死を悲しみ弔う気持ちを伝えたいときには「この度はお悔やみ申し上げます」を使います。

「この度はご迷惑おかけし誠に申し訳ございません」と謝罪する

謝罪をするときにも「この度」はよく使われます。例えば「この度はご迷惑おかけし誠に申し訳ございません」のように使います。

「ご迷惑をおかけしました」だけでも丁寧な謝罪の表現なのですが、「ご迷惑おかけして誠に申し訳ございません」にすると、相手に敬意を表しながら深い謝罪の気持ちを表した表現になります。

「この度」の類語と言い換え表現

「今度」は日常会話でよく使う類語

「今度」は、何度か起きた一連の事柄のなかで「今起きていること」や「近い未来」を表す言葉です。また「この度」のくだけた表現として、日常会話でよく使われています。

「今度」を使った例文

今度、電話するよ

「今回」は定期的な事柄における「直近の出来事」

「今回」とは、定期的または毎回行われている事柄における「直近の出来事」を表します。「この度」と異なる点は、未来を表す意味合いがないことです。

「この度」と「今回」の比較例文

この度、転勤することになりました(あまり遠くない過去/現在/近い未来)

今回、転勤することになりました(あまり遠くない過去/現在)

「この度」の場合、「転勤が決まったのはあまり遠くない過去/現在」または「近い未来、転勤する」という意味があります。「今回」は、「転勤が決まったのはあまり遠くない過去/現在」という出来事を表しています。

「本件につきましては」と言い換える場合も

「この度」が「この案件」や「この事例」という意味で使われる場合には、「本件につきましては」と言い換えることができるでしょう。

「本件につきましては」という表現はビジネスシーンでよく使われる表現で、「この度」の意味を具体的に言い表しています。

「本件につきましては」を使った例文

本件につきましては、再度検討させていただきたいと思います

「この度」の英語表現

「この度」は英語で「on this occasion」

「この度」を英語で表現する場合、「on this occasion」や「this time」を使います。「on this occasion」は「この機会に」という意味で、「this time」は「一連のできごとや状況の中での今回」という意味です。

しかし、実際の英会話で「この度」のような枕詞のような表現は使われません。よって、「この度はご尽力くださってありがとうございました」を英語で表現するなら、「on this occasion」などは使わず、“Thank you for your support.”と訳せます。もしも丁寧に言いたいのなら、“I appreciate your support.”のように訳すとよいでしょう。

日本語から直訳すると英語表現として不自然になることはよくあります。伝えたい内容をよく考えてから英訳するようにすると、自然な英語表現に訳せるようになるでしょう。

まとめ

「この度」は「このたび」と読み、「この度はありがとうございました」「この度はお悔やみ申し上げます」など、ビジネスシーンやあらたまったシーンでよく使われる言葉です。「この度」という言葉がかしこまりすぎていると感じる場合では、「今回」や「今度」に言い換えて使うとよいでしょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。