「若輩者」の意味と読み方とは?使い方と言い換えの類語・対義語も

「若輩者」という言葉がありますが、一体何歳までを指すのでしょうか?自分のことを「若輩者」と呼ぶこともありますが、どのようなニュアンスで相手に伝わるのか、よくわからないという人もいるでしょう。

ここでは「若輩者」の意味や読み方のほか、正しい使い方や言い換えのできる類語、対義語などを紹介します。

「若輩者」の意味と読み方とは?

「若輩者」の意味は「年齢が若い者」「経験が浅い未熟者」

「若輩者」とは「年齢が若い者」や「経験が浅く未熟な者」を意味します。年齢が純粋に低いという意味もありますが、人生においての経験が少なく、精神や能力などが未熟な者という意味もあります。ちなみに、英語では「new」や「unexperienced」と言ったりします。

また「若輩者」には「力不足」といったニュアンスもあり、自分より上の位置にいる人と比較した時に、自分の能力や技能などが基準に及ばないことを謙遜して使われる言葉です。

「若輩者」の読み方は「じゃくはいもの」

「若輩者」の正しい読み方は「じゃくはいもの」です。誤って「わかはいもの」や「じゃくはいしゃ」と誤読してしまわないように気を付けましょう。

「若輩者は何歳まで」という定義はない

「若輩者」という言葉を使う時、一体何歳までを指すのか疑問に思う人もいるでしょう。基本的に「若輩者」とは「年齢が若い」という意味のほか「経験や精神面において未熟」という意味も兼ね備えています。そのため、何歳までが若輩者に該当するといった定義は存在しません。

「若輩者」とは、自分はまだまだ経験が浅く、勉強を積まなくてはならい身分であることを示し、相手との距離や関係性や、組織や企業の中でのポジションを考慮して使う表現となります。そのため、年齢における制限や決まりはありません。

「若輩者」を使い方と注意点は?

「若輩者」は挨拶や紹介の場面で多く使われる

「若輩者」は、職場や講演会などでの挨拶や自己紹介のシーンで多く使われる言葉です。たとえば、社会人一年目の新人が挨拶で使ったり、地元の講演会や選挙活動などで、自分を紹介する時に用いることがあります。

この場合の「若輩者」は「まだまだ至らず、能力が足りない」という気持ちを表し、加えて「これから精いっぱい努めていきたい」という意思を表示することもできます。そのため、自分を謙遜し新しい環境に入っていく挨拶の言葉としても相応しいと言えます。

「若輩者」を自分で使う時は謙遜する意図がある

「若輩者なので」と自分に対して「若輩者」という言葉を使うことがあります。この場合は、自分の身分や立場を謙遜し、相手を立てる意図が含まれています。「若輩者」と自分を呼称すことで、「経験が浅く未熟者ですが」というニュアンスを与えることができるため、相手に傲慢で粋がった印象を与えずに済みます。

人間関係や上下関係がセンシティブなビジネスシーンでは、上司や先輩のみならず、取引先や顧客などに対し、相手を立てながら仕事を進めていくことは重要です。心理的な観点からも、また大切なマナーとしても自分をへりくだる行為は、日本のビジネス環境では欠かせません。

「若輩者」が嫌味に聞こえることも

前述で「若輩者」を自分で使う時は「謙遜」の意味で使われることをご説明しました。しかし、キャリアをある程度積んでいたり、基準を超える能力や技能を持つ人が使うと、相手によっては嫌味で皮肉じみた響きで伝わることがあります。

もちろん、一大企業の社長に対して中小企業の社長は、傍目から見ると「未熟」と映るかもしれません。しかし、企業の規模は関係なく、経営者としては同等の立場であり、苦難や逆境を乗り越えた同志とも言えます。

これはほんの一例ですが、キャリアや実力のある人が、へたに相手にへりくだり過ぎると、相手によっては気に障ってしまうことがあるということです。線引きが非常に難しいところですが、状況や相手との距離感を踏まえて使うようにしましょう。

「若輩者」を相手に使う時は貶す意図がある

「若輩者」を相手や第三者に対して用いる時は、多少の注意が必要です。「若輩者」は端的に「未熟者」や「経験が浅い」ことを表す言葉であるため、遠回しに相手の力不足を示唆していることにもなってしまいます。

もちろん、自分の部下や生徒などに対してジョークを交えて「若輩者だね」と言う場合と、初対面の相手や取引先の担当者などに面と向かって「若輩者ですね」と放つ場合では、状況が異なってきます。

相手に対して「若輩者」を使う時は、言葉の意味を十分理解し、状況を把握してからにしましょう。

「若輩者」を使った例文

  • まだまだ若輩者ですので、ご指導の程よろしくお願い致します。
  • 大工の修行を始めてまだ半年。若輩者の片隅にも置けません。
  • 若輩者とは言えど、社会人としての最低限のマナーは守りたい。

「若輩者」の類語とは?

「青二才」は「年齢が若く経験の浅い男性」

「青二才(あおにさい)」とは、年齢が若く経験の未熟な男性を表す言葉です。一般的に「青二才」は、そういった男性をののしる意図で用いられることが多く「経験も乏しいのに、何を言うか」というニュアンスで使われます。また、一方で自分をへりくだって「青二才ですが」と自分を紹介することもあります。

「若輩者」と異なる点は「青二才」は男性のみに使われ、女性に対しては使われないという点です。間違って若く経験の浅い女性に「青二才」を使ってしまわないよう気を付けて下さい。

「浅学非才」は学問や才能が乏しいこと

「浅学非才(せんがくひさい)」とは、学問や才能において乏しいさまを意味します。「浅学非才」は、その一字一句が示すように、知識や学識が浅く、能力やセンスなどが貧相であることを表します。

「浅学非才」は「若輩者」と同じニュアンスで使われますが、「浅学非才」の場合「勉強や学識などを含め能力や知識にフォーカスして使われる」ことが多いです。また、この言葉を放つことによって、これからの意気込みや自己の向上心などを伝えることもできます。

「若輩者」その他で言い換えができる表現

「若輩者」はその他、「新米」「不束者」「駆け出し」などに言い換えることもできます。また「若輩者」を、やや俗語的に、また口語的に言い換える場合は「へっぽこ」「ペーペー」「平」「若造」などもオプションとして存在します。

「若輩者」の対義語とは?

「老輩」は「年配者」

「老輩」は「若輩」のストレートな対義語です。「年配者」という意味があり、一般的に年長者が年下の者にへりくだって使う謙遜の言葉となります。たとえば、「私のような老輩が口をはさむことではないが」と言ったりします。

「老練」は「経験豊富な高齢者」

「老練」も「若輩」の対義語です。意味は「経験豊富な高齢者」となり、「年配でありながら経験も豊かな人」という意味があります。人生経験が長く、努力をして技能を高めたり知恵を築いた熟練者というニュアンスがあるため、年長者に対し尊敬の気持ちを表す意図で使われます。

「ベテラン」は「老練者」

「ベテラン」は英語の「veteran」のことで「老練者」という意味があります。もともと「ベテラン」は軍事用語で「古参兵」や「歴戦の兵隊」と言った意味があり、転じて「老練者」と言う意味でも使われています。現代では年齢の高低に関わらず「経験が豊富で実力のある者」という意味でも用いられます。

まとめ

「若輩者」の読み方は「じゃくはいもの」で、「年齢が若い者」や「経験が浅く未熟者」という意味があります。何歳までという定義はなく、精神的にも技能的にも、まだまだ一定のレベルに達しておらず、学ぶべきことが多くあるという意味合いで使われます。

使い方に関しては、自分に対して使う時は謙遜の意図があり、相手に対して使う時はやや侮辱するようなニュアンスがあります。状況によって言い換えの言葉を使いながら、スムーズなコミュニケーションを保っていきましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!