「善処」の意味と読み方は?敬語の使い方・類語と対義語も紹介

「善処」は、ビジネスシーンや顧客対応の場面などでよく使われる言葉です。主に「善処します」という言い回しをすることが多いですが、敬語表現を用いる時はどのようにすればよいでしょうか

ここでは「善処」の意味と読み方の他、言い換えのできる類語や対義語、また英語表現について紹介します。

「善処」の意味と読み方とは?

「善処」の意味は「物事を上手に処理すること」

「善処」の意味は「物事を上手に処理すること」となります。つまり、状況や相手の事情を考慮してに適正な対処をすることを表す言葉です。前向きに物事を対処する姿勢を示し、置かれた状況や状態に合わせて適切な処理を行うことを「善処」といいます。

もともと「善処」とは「善いを処する」ことです。「善い」とは世間の規範や道理などを把握し、道徳的に正しい行いをすることを意味します。また「処する」とは、ある状況に身を置いて、それに応じて物事を行うことを意味します。つまり、正しいことをするために、様子を見極めながら対応するというのが「善処」の意味するところです。

「できる限り努める」というニュアンスが強い

「善処」は物事上手に処理したり、状況に応じて適切に対応することです。しかし、ここには「物事を対処するように努力する」という意気込み自体は強いものの、「できる限り努める」という曖昧なニュアンスが含まれています。

つまり「約束はできないが頑張る」「不安だが全力を尽くす」といった意味合いでも使われることがあります。

たとえば、仕事でクレームを処理する時や、取引先から厳しい要望を受けた時「善処する」という表現を用いるとすれば、それは「できるだけ努力して対応していく」という意味となります。基本的に「善処」は相手に対して「好意的に対応する」ことを表しますが、あくまで「そのように努力をする」というニュアンスが強いことを理解しておきましょう。

「善処」の使い方と敬語表現は?

「善処する」はビジネス必須用語との一つ

「善処する」は「ビジネスシーンでは欠かせない言葉の一つです。顧客とのやりとりや取引先とのビジネスメールなどで「適切な対応を取らせていただきます」「上手に対応いたします」という意図で、謙虚でかつ前向きな気持ちを伴って使うことができます。

相手の意向や状況を把握し、物事や問題を正しく対処することは、ビジネスでは暗黙の了解といっても過言ではありません。たとえば、依頼された内容に対する返事や、契約の更新や価格交渉など、「善処する」を使うシーンはたくさんあります。

「善処します」は前向きな姿勢を表す

「善処します」はビジネス必須用語の一つで、相手からの問いかけや希望などに対して「前向きに対応します」という好意的なニュアンスで使われます。「できるだけ頑張ります」「誠意を尽くします」といった意味合いで用いられることが多く、トラブル解決や問題改善などのシーンで用いられます。

「善処します」はやや改まった響きがありますが、顧客や取引先とのやりとりやメールの中で用いることで、取り組みへの前向きな姿勢を表すことができます。

「善処する」という返事の解釈に注意する

相手が「善処します」と返事をした時、「間違いなく対応してくれる」「ただちに処理してくれる」と解釈してしまうのは、やや危険だと言えます。

状況にもよりますが「善処します」という言い回しには、おおむね「できる限り努力しますが、確約はできません」「頑張りますが、少し保留になるかもしれません」といった曖昧なニュアンスが含まれているからです。

相手に依頼をかけたり、問題解決を促した返事として「善処します」という表現が放たれた場合、「相手は前向きに対応してくれる、だが約束ではない」といった程度の捉え方をしておいた方が懸命な場合もあります。

もちろん、相手との距離や状況の複雑さなどにもよりますが、「必ず対応してくれるかどうか」「いつ対処してくれるのか」などを確認したい場合は、丁寧に具体的な答えを求めるようにしましょう。

「善処する」ことお願いする場合も

「善処する」は相手に上手に物事を処理してもらえないか、また上手く対応してもらえないか、などを相手にお願いする時にも使われます。

たとえば、トラブルやミスがあった時に、相手に対し謙虚に「善処してもらえませんか?」と頼むこともあります。この時、話し手には「ご迷惑をおかけしますが、何とか対応してもらえると助かります」といった気持ちが込められています。

また、気難しい取引先の役員や社長を迎えて接待をする場合、店側に「大切なお客さまなので、お善処お願いします」と、上手にもてなして欲しいという旨を伝えることもできます。このように「善処する」は、相手に依頼をかける時にも威力を発揮します。

敬語表現は「善処いたします」

ビジネスシーンでは「善処する」を丁寧語の「善処します」、また敬語表現の「善処いたします(致します)」などに変えて用いることが大切です。下記でビジネスシーンで活用できる敬語表現を挙げてみます。

相手に返事をする場合
  • 善処を尽くします
  • 善処する所存でございます
  • 善処するように努めます
相手に善処を求める場合
  • 善処して頂きたいと思っております
  • 善処を希望しております
  • 善処を望んでおります
  • 善処していただければ幸いです

「善処」の類語とは?

「対応」は「状況に合わせて行うこと」

「対応」とは「状況に合わせて物事を行うこと」を意味します。周囲の様子や相手の事情などを考慮し、見計らって事をすることを表します。つまり「対応」は相手の話をただ聞いたり、頷くだけではなく、状況に合わせて相手のために行動をすることです。

「取り計らい」は「物事が上手に進むようにすること」

「取り計らい」とは「物事が滞りなく進むように手段をとること」という意味があります。仕事や活動などがスムーズに進行するように手だてすることを「取り計らい」といい、また、そうすることを「取り計らう」といいます。

「取り計らい」の「計らい」には「考えや状況に合わせて適切に処理をする」という意味があります。純粋に物事を片づけていくということではなく、さらに深く「相手の考えや状況を考慮して処理していく」ことを指します。

「融通」は「上手く運ぶようにする」

「融通」とは「物事が上手く運ぶようにする」という意味があります。問題なく事が進むように都合したり、スムーズに用立てをすることを「融通」といいます。多くは「融通を利かせる」「融通が利く」というように使われ、状況に応じで便宜を図り、何とか上手く物事を取り計らうことを指します。

「融通」には、やや無理やりと言ったニュアンスが強いため、相手にお願いする時は強引な印象を与えることがあります。

「善処」の対義語とは?

「お座成り」は「いい加減な言動」

「お座成り(おざなり)」とは「いい加減な言動」を意味します。間に合わせで当座的にその場を逃れようとすることを表します。そのため「お座成りにする」と、粗末でおろそかな結果を招いてしまうことがあります。

「仕事を御座成りにする」「お座成りな行動」などと言ったりしますが、どちらも「適当で無責任な」というニュアンスで使われます。そういった背景からも「善処」とは反対の意味を持つ言葉だと言えます。

「なおざり」は「無意識におろそかにする」

「なおざり」とは「無意識に物事をおろそかにする」という意味があります。「お座成り」と非常に似たニュアンスがありますが、「なおざり」は「無意識のうちに」、「お座成り」は「意識的に」に、物事をいい加減にしてしまうことを意味します。

たとえば「家事をなおざりにした」は「わざとではなく、うっかり家事をおろそかにした」という意味で、「家事をお座成りにした」となると「意識的に家事をおろそかにした」となります。このように「なおざり」も「善処」と反対の意味があります。

「お茶を濁す」は「その場しのぎでいい加減にする」

「お茶を濁す」とは「物事をその場しのぎで、いい加減にすること」を意味します。つまり、その場をごまかして、適当にうまく取り繕うといった意味で使われます。自分にとって立場的に良くなかったり、都合の悪い状況で、いい加減なことを言ったりして、その場をあしらうことを「お茶を濁す」といいます。

「お茶を濁す」も「善処」と反対のニュアンスを持つことわざとして活用できます。

「善処」を英語で言うと?

「善処」は英語で「cope with」

「善処」を表す英語フレーズは「cope with」です。「cope with」は「上手く対応する」「上手にやる」といった意味があり、主に問題や困難などに対して「何とか対処する」といったニュアンスで使われます。

また、似たような意味を持つ「deal with(対応する)」という熟語表現もありますが、こちらは状況や事情はともかく、良かれ悪しかれ話を聞くといったニュアンスも含まれます。より好意的に状況を考えて努力をするといった意味では「cope with」の方が適切です。

「善処」を使った英語例文

  • Can you please cope with this problem?
    この問題を善処してもらえませんか?
  • I hope you could cope with this customer’s claim.
    この顧客クレームを善処してもらえると助かるのだが。

まとめ

「善処」とは「物事を上手に取り計らうこと」や「状況に応じて対処すること」を意味します。ビジネスシーンでは「善処します」や「善処させていただきます」というように使われますが、ここには「できるだけ努力する」や「不安はあるが頑張る」といったニュアンスが含まれます。

「善処」は「確約」や「約束」といった確定的な意味合いは薄く、状況によっては「様子を見極めて正しいことを行うつもりでいる」程度の曖昧な意味合いとなることもあります。解釈や使い方に気を付けて会話や文書で用いるようにしましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!