「喜怒哀楽」の意味とは?日常での使い方と例文・英語表現も紹介

「喜怒哀楽」は文字通り「喜び、怒り、悲しみ、楽しみ」を表す四字熟語です。日常的に「喜怒哀楽が出やすい」や「喜怒哀楽がない」などと言ったりしますが、喜怒哀楽が激しいと情緒不安定なのでは?と心配になることもあります。

ここでは「喜怒哀楽」の理解を深めるために、使い方と例文、英語フレーズについて紹介します。

「喜怒哀楽」の意味と語源とは?

「喜怒哀楽」は「喜び、怒り、哀しみ、楽しみ」

「喜怒哀楽」とは、言葉が説明する通り「喜び」「怒り」「哀しみ」「楽しみ」の4つの感情を表現する言葉です。人はさまざまな感情を持ち併せていますが、その中で最も代表的な感情ベース4つを示したものが「喜怒哀楽」となります。

「喜怒哀楽」のそれぞれの意味

「喜び」は嬉しさや安堵の気持ちを含め、心がハッピーになるあらゆる感情を指します。たとえば「優勝に喜ぶ」「宝くじに当たって喜ぶ」などのように、気持ちがアップリフティングで嬉しい感情が「喜び」です。

「怒り」とは、不満や不快な出来事から生まれる攻撃的な情緒を意味します。何かに腹を立てたり反発したり、あらゆる憤りの感情が「怒り」です。「弱い自分に怒りを感じた」「ライバルに怒りを覚えた」というように負の感情を表します。

「哀しみ」は絶望感や挫折感などから生まれる感情の一つです。胸が締め付けられたり、涙が止まらなかったりと、行動や意欲が著しく低下したりすることを指します。「死を哀しむ」「負けを悲しむ」というように、心がシクシクするような感情が「哀しみ」です。

「楽しみ」は心がワクワクしたり、遊んだり笑ったりしたりすること意味します。娯楽や趣味をはじめ余暇活動をエンジョイする気持ちが「楽しみ」の意味するところです。義務でやらされるのではなく自分が願い希望すること、そしてその期待に胸が膨らむことが「楽しみ」の感情です。

「喜怒哀楽」の語源は中国「礼記」

「喜怒哀楽」は中国の儒教経典「礼記」にある「中庸」が語源となります。そもそも「礼記」とは人の動作や服装などについて記された書物です。

この中の「中庸」に「喜怒哀樂之未發(喜怒哀楽については未だ発せず)」という下りがあり、この部分が「喜怒哀楽」の由来とされています。

「喜怒哀楽」に「悲」が使われてない理由

なぜ「喜怒哀楽」の「哀」が「悲」ではないのでしょうか?一般的に「かなしい」は「悲しい」と書くことが多いですが、あえて「哀しい」を使った理由は、「哀」がより強く人の悲しみの感情を表す言葉であるからです。

「哀」には、情緒深くむせび泣いたり嘆くという意味があり、痛ましいほどの激しい悲しみを表す時に「哀しい」を使います。一方「悲しい」は心が引き裂かれ互いが背を向ける状態を意味します。

「喜怒哀楽」における「かなしみ」が「悲しみ」では「哀しみ」であるのは、「哀しみ」がより人としての悲痛な辛さや悲しみを伝える表現だからです。

「喜怒哀楽」の使い方と例文

「喜怒哀楽」は人間の様々な感情を総称することも

「喜怒哀楽」は人間が持つ4つの主たる感情を意味します。しかし、実際的には、これら「喜び、怒り、哀しみ、楽しみ」以外の他の感情、たとえば「愛情」「興奮」「憎悪」「恥」「驚き」などの感情をひっくるめて「喜怒哀楽」が使われることもあります。

つまり、状況によっては「喜怒哀楽」は「喜び、怒り、哀しみ、楽しみ」の4つの感情だけではなく、別の感情も含めて解釈されることもあるということです。

とは言いながら、たとえば愛情は喜びや楽しみを伴い、憎悪は怒りや哀しみにつながる感情でもあります。また、人の感情は十人十色であり、喜び一つとっても色々な種類があります。

「喜怒哀楽」は「喜び、怒り、哀しみ、楽しみ」という確固たる括りだけではなく、人間が持つあらゆる感情を含めて使われることがあることを知っておきましょう。

「喜怒哀楽」を使った例文

  • 私の部長は喜怒哀楽の激しい人だ。
  • 彼は喜怒哀楽がないから、嬉しいか哀しいのかよくわからない。
  • 感情をストレートに表すには、喜怒哀楽を出すに限る。

「喜怒哀楽が〇〇」でよく使う言い回しとは?

「喜怒哀楽が激しい人」は情緒不安定な場合も

「喜怒哀楽が激しい人」は、嬉しい時には声を上げて喜び、哀しい時は涙を流したりと、感情表現が豊かであることを意味します。人としてごく普通の感情を持ち、それを惜しみなく外に出していることの現れであり、ごく自然な感情表現として映るでしょう。

しかし、必要以上に喜怒哀楽が度を越えて激しすぎる場合は、情緒不安定に陥っていることもあるかもしれません。

もちろん、毎日の生活でストレスが溜まったり、辛い出来事があると、自分で感情をコントロールできなくなってしまうことも考えられます。たとえば、突然大声を張り上げたり、しゃがみ込んで泣きじゃくるような様子が見られた場合は、周囲に情緒不安定だと解釈されてしまうかもしれません。

このような背景から「喜怒哀楽が激しい」は良い意味では「理解しやすい」、悪い意味では「とっつきにくい」という印象を与えることがあります。

「喜怒哀楽が出やすい人」は感情表現がストレート

「喜怒哀楽が出やすい人」というのは、基本的に感情表現がストレートで、周囲にとっても理解しやすいというのが特徴です。自分の感情を隠そうとして、故意に逆の感情表現をしたりということがないため、素直という印象を受けることも多いです。

「喜怒哀楽が出やすい人」というのは、嬉しさや怒り、哀しさや楽しさなどの全てが表情に出やすい人のことを指します。嬉しい時は笑い、怒っている時はしかめっ面をし、哀しい時は涙を流し、楽しい時は大声で張り上げるといった感じです。

「喜怒哀楽が出やすい人」は、TPOに併せて感情をコントロールする必要があるかもしれません。しかし、むしろ感情を表した方が人としては自然体であるとも言えます。

「喜怒哀楽がない人」は病気ではなくポーカーフェイスかも

「喜怒哀楽がない人」は、無表情でノーリアクションという場合が多いです。たとえば、面白い話をしても笑わない、哀しい映画を見ても泣かない、いけずなことをしても怒らない、パーティに行っても楽しそうではない、といった模様です。

「喜怒哀楽がない人」を見ると、大抵「何を考えているかわからない」と思われてしまいます。感情表現が無に等しいため、嬉しいのか哀しいのか、また哀しいのか楽しいか、見当もつかないからです。

また「喜怒哀楽がない人」は何かの病気ではないか?と心配されてしまうこともあります。しかし、意外にもポーカーフェイスを貫いていたり、感情を胸にしまうことに慣れてしまっているというケースもあるようです。

「喜怒哀楽」を英語であらわすと?

「喜怒哀楽」の英語は「feelings」「emotions」

「feelings」はズバリ「感情」のことです。嬉しさ、怒り、哀しさ、楽しさの他、愛情や恨みなどを含め、人間が持つ全ての感情を表します。英語圏では「喜怒哀楽」という表現はありませんが、4つの感情をそれぞれ英語にするなら「joy, anger, grief and pleaseure」となります。

また「emotions」は「強く揺れ動きのある感情」や「心身の動揺を伴う感情」を表す文章で多く用いられます。

「喜怒哀楽」を使った英語例文

  • 彼は本当に喜怒哀楽のある人だ。
    He surely has feelings ( or emotions )
  • 私は喜怒哀楽がないから、人からよくわからないと言われる。
    People often say that I am hard to understand because I don’t express my emotions.

まとめ

「喜怒哀楽」は人が持つ主な感情ベース「喜び、怒り、哀しみ、楽しみ」を表す四字熟語で、語源は中国の「礼記・中庸」となります。主に「喜怒哀楽が激しい」や「喜怒哀楽がある」というように、人の性質や態度などに対して用いられます。

職場の仲間や友達に「喜怒哀楽が出やすい人」、逆に「喜怒哀楽がない人」もいるでしょう。周囲に与える印象はそれぞれ異なりますが、喜怒哀楽は誰もが持つごく普通の感情です。表情には見えない部分もあるということも理解してスムーズなコミュニケーションを図りましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!