「やぶさかではない」の意味とは?使い方と誤用の例・敬語や類語も

「やぶさかではない」の本当の意味をご存じですか?実際にも誤用の多い言葉であるため、ビジネスシーンでは使い方に注意したい言葉でもあります。

ここでは「やぶさかではない」の意味や語源、誤用の例と正しい使い方、敬語表現や類語表現などを紹介します。ぜひ、この機会に言葉の理解を深めてみて下さい。

「やぶさかではない」の意味と語源とは?

「やぶさかではない」の意味は「喜んで物事をする」

「やぶさかではない」とは「喜んで物事をする」という意味があります、ためらうことなく前向きにする、また努力を惜しまずにすることを表し、相手を尊重し喜んで引き受けるという意図で使われます。

もともと「やぶさか」とは「物惜しみをすること」「躊躇すること」「けちなこと」という意味があります。その「やぶさか」に否定の「ない」を付けたのが「やぶさかではない」であるため、「物惜しみをしない」「躊躇しない」「けちではない」ということが「やぶさかではない」の軸となる意味です。

「〇〇ない」という否定の語が入っているにも関わらず、「やぶさかではない」には肯定的で前向きな意味があります。

「やぶさかではない」の語源は平安時代の「やふさがる」

「やぶさかではない」は平安時代に使われていた「やふさがる」が語源と言われています。

「やふさがる」は「物惜しみする」ことを意味する動詞で、もともと「けちな」という意味の形容詞「やふさし」と同じ根源を持ちます。

鎌倉時代に入り「やふさし」の語尾「し」が消え、接尾語の「か」が付くようになり、現代の「やふさか」という言葉が確立しました。その後、言いやすいように濁点が加わり「やぶさか」となったのが「やぶさかではない」という言葉が使われるようになった背景となります。

「やぶさかではない」は「吝かではない」と漢字表記する

「やぶさかではない」は漢字で「吝かではない」と表記します。「吝かではない」の「吝」は金品を出し惜しみするという意味の「吝嗇(りんしょく)」の「吝」で、「しみったれ」や「惜しむこと」という意味があります。つまり「吝」を形容詞化させたのが「吝かではない」となります。

「やぶさかではない」の正しい使い方と誤用の例

「やぶさかではない」を使って乗り気であることを示す

「やぶさかではない」は「積極的に物事をする」という意味があるため、人からの依頼に対して「乗り気である」という意思表示をすることができます。

ビジネスシーンでは、ただ単に「仕事をします」という返事をするより「この仕事にやぶさかではありません」と返した方が、仕事に躍起で意欲的であることが伝わります。仕事だから機械的に受けるのか、それとも熱意をもってポジティブに引き受けるのか、同じ仕事でも伝え方によって相手に与える印象も大きく変わります。

「やぶさかではない」は畏まった場面で使われる

「やぶさかではない」という表現は、ビジネスシーンや正式な会合などの「畏まった場面」で好んで使われます。

「やぶさかではない」は、響きが古めかしいため、日常的な会話では使いにくいのかもしれません。しかし、その堅苦しさや形式的な響きが、逆にビジネスシーンやフォーマルな環境で威力を発揮します。

たとえば、新規で仕事の発注があった時「新規のお取引、頑張ります」と言うのと「新規のお取引、やぶさかではありません」と言うのでは、相手に与える印象が異なります。ビジネスパーソンとしても「やぶさかではない」を上手に活用し、相手との確かなコミュニケーションを築いていきましょう。

「やぶさかではない」の敬語は「やぶさかではございません」

「やぶさかではない」を目上の人や上司、取引先の担当者に使う時は「やぶさかではない」の敬語表現「やぶさかではございません」を使うようにしましょう。その他に使える敬語表現を挙げてみます。

その他の敬語表現
  • 喜んでお引き受けします
  • 願ってもないお話です
  • お安い御用です

また、敬語表現である「やぶさかではございません」が相手に対して堅苦し過ぎる場合は、丁寧語を使って「やぶさかではありません」でも失礼ではありません。

「やぶさかではない」という言葉自体が改まった表現であるため、「やぶさかではありません」でも十分に相手への経緯を示すことができます。ここは相手との距離感や状況によって判断していきましょう。

「やぶさかではない」を使うと柔らかく相手に伝わる

「やぶさかではない」は「美味しくない(=まずい)」「奇麗じゃない(=不細工)」などのようにストレートな主張を避けるために使われる「暖叙法」を用いた表現です。言葉の伝わり方を和らげる効果を活用した言い回しとなるため、相手との衝突を避けるクッションのような役割を果たしてくれます。

状況によっては、相手に直接的な表現を投げかけるのが失礼なこともあります。たとえば「嫌い」と直球で言うより、「好きではない」と遠回しに否定した方が、言葉としては柔らかく相手に伝わります。

同じように「積極的にやります」と言うのと、「やぶさかではありません」と言うのでは、相手への伝わり方が違ってきます。日本独特のカルチャーとも言えますが、「やぶさかではない」と控えめに気持ちを描写することで、相手に尊敬の意を示すこともできます。

「やぶさかではない」の誤用に注意

「やぶさかではない」は非常に誤用の多い言葉です。最も多いのは「満更ではない」といった意味で使う例で「良くも悪くもない」というニュアンスで用いられるケースです。厳密的にいうと、この解釈は誤りとなります。以下で意味の違いを比べてみましょう。

比較例文
  • 合併に関しては、やぶさかではない(合併に積極的である)
  • 合併に関しては、満更ではない(合併は嫌ではない)

このように、「やぶさかではない」が乗り気で前向きな気持ちを伴うことに対し、「満更ではない」は「嫌ではないがポジティブとも言えない」といった曖昧な感情が混ざりあっています。

「やぶさかではない」の類語とは?

「快諾する」は「二つ返事で依頼を承諾すること」

「快諾する」とは、依頼や要望などを二つ返事で受け入れ、快く承諾することを意味します。躊躇したり悩んだりせず、相手が求める良い返事をすぐにすることを「快諾する」といいます。惜しみなく依頼を承諾する意味があるため「やぶさかではない」の類語と言えます。

「賛成する」は「良いと認めて同意すること」

「賛成する」とは、周知のとおり「良いと認めて同意すること」を意味します。他人の意見や行動などを良い事として受け入たり、周囲からの投げかけや依頼内容に対して賛同することを指します。前向きに物事をする姿勢がある点で「やぶさかではない」とニュアンスが似ています。

「やぶさかではない」を英語で表すと?

「やぶさかではない」の英語1「be willing to do」

「be willing to do 」は「喜んで〇〇をするつもりでいる」という意味で使われます。積極的にポジティブな感情を伴って放たれる使用頻度の高い言い回しです。その他、ビジネスシーンでは同じような意味の「be happy to do」や「be positive to do」などを使うのもおすすめです。

例文
  • I am willing to train new staffs.
    新人トレーニングをするのは、やぶさかではない。

「やぶさかではない」の英語2「be generous with」

「be generous with」は「寛大な気持ちで〇〇する」という意味で使われます。前述の「be willing to do」より、やや柔らかい表現となりますが「絶対的に賛成」というニュアンスではなく、むしろ「それを受け入れる器は十分にある」程度の感覚で使うのがベストです。

例文
  • He said he was generous with dealing with difficult customers.
    難しい客を扱うのはやぶさかではないよ、と彼は言った。

まとめ

「やぶさかではない」は漢字で「吝かではない」と表記し、「喜んで物事をする」「前向きに何かをする」という意味を用います。口語の場合は「やぶさかではない」を「やぶさかでない」と端折る場合もあります。

また「やぶさかではない」の誤用に注意し、ビジネスでは「やぶさかではございません」や、その他の敬語表現を使いましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!