「お変わりありませんか」の意味とは?返事の仕方と類語も紹介

「お変わりありませんか」とは相手の近況を尋ねるときに使われる表現ですが、どのように返事をしていいのか困ったことはありませんか。

この記事では、「お変わりありませんか」の意味や使い方のほかに、返事の仕方や類語などを解説します。「お変わりありませんか」の使い方や返事の仕方に迷った時にお役立てください。

「お変わりありませんか」の意味と敬語

「お変わりありませんか」の意味

「お変わりありませんか」とは「状況は変わっているかどうかを尋ねるための表現」で、あいさつ言葉として用いられています。

「変わり」とは物事の状態が変わることという意味で、「生まれ変わり」や「様変わり」「心変わり」のように使われています。特に「お変わりありませんか」という文章の中で使われる「変わり」には「状態が普段とは違う」という意味があります。

「お変わりありませんか」をあいさつ言葉として相手に話しかけるときには、相手の健康や仕事など相手自身のことを尋ねているのですが、それだけでなく相手の家族などその人の周囲についても尋ねています。

「お変わりありませんか」は正しい敬語表現

「お変わりありませんか」は敬語表現として正しく、「お変わりありませんか」の冒頭の「お」が尊敬の意味を表す接頭辞で、また「ありませんか」という疑問形は丁寧語です。尊敬語と丁寧語が組み合わさった丁寧な表現なので、「お変わりありませんか」は目上の人にも使えます。

また「お変わりございませんか」のように「ありませんか」を「ございませんか」に置き換えると、「お変わりありませんか」よりもさらに丁寧な表現になります。

「お変わりありませんか」の使い方と例文

「お変わりありませんか」は書き言葉と話し言葉の両方で使われる

「お変わりありませんか」は挨拶文としてメールや手紙、年賀状などの書き言葉として使われる一方で、会話の中の話し言葉としても使われます。どちらの使い方にしても、しばらく会っていない相手の近況を尋ねるときに用いられます。

メールや手紙で挨拶文として使う

「お変わりありませんか」は、しばらく会えていない相手や連絡の取れていない相手に送るメールや手紙でよく使われます。特に、相手の健康を気遣うときに「元気ですか」と聞くと差し障りがあるときなどに、「お変わりありませんか」は重宝します。

もしもメールや手紙の受取人が友人で「お変わりありませんか」だと堅苦しいと思われる場合には、「お」を外して「変わりありませんか」にすると気さくな表現になります。

「お変わりありませんか」と尋ねた後は自分の近況を簡単にまとめるか、相手との連絡が途切れていたことを詫びる文章と一緒に使うと、本題に入りやすくなるでしょう。

例文
  • ご無沙汰しております。お変わりありませんか。
  • ご無沙汰いたしまして申し訳ありません。お変わりありませんか。

年賀状の挨拶文にも使われる

「お変わりありませんか」は年賀状の挨拶文としても使われます。「かつて会った時から何か変化はありませんか」という意味で使われて、相手の健康や相手の取り巻く環境を気遣います。

普段会えない相手や連絡の取れない相手、または体調などで気がかりのある親戚や友人などに対して使いますが、年賀状は句読点を使わないのがマナーとされていますので、例文のように表記します。

年賀状での例文

新年あけましておめでとうございます しばらくお会いできていませんがお変わりありませんか

「お変わりありませんか」の前に尋ねたいことを明確にする

「お変わりありませんか」という表現だけでは、相手の健康のことなのか、それとも仕事のことなのか、何のこと事をたずねているのかはっきりしませんが、特別な目的をもって相手に尋ねたいときには、その内容を言い足すことで聞くこともできます。

例えば、特定の人物について尋ねたい場合には「○○さんはお変わりありませんか」のように文章を組み立てられます。また仕事について聞きたいのであれば、「お仕事はお変わりありませんか」のように尋ねられます。

「お変わりありませんか」への返事の仕方

親しい相手なら近況報告をする

親しい相手から「お変わりありませんか」と尋ねられたら、自分の近況を報告します。健康状態や仕事のこと、家族のことなど、自分にとって相手に知られても差しさわりのない内容や、相手が知りたいと思っていることを推測して答えてもいいでしょう。

ある程度、話し終えたら、相手に「○○さんはお変わりありませんか」や「お元気ですか」と尋ね返して相手を気遣うことができます。

ビジネスシーンなら形式的に返答する

ビジネスシーンで相手から「お変わりありませんか」と尋ねられた場合には、ビジネスマナーとして相手が尋ねてきているので、当たり障りのない返事をすれば十分です。

「お陰さまで、元気にしています」や「お心遣いありがとうございます」などと返事をして、それ以上詳しく答える必要はありません。

ビジネス上での形式な挨拶ととらえて、「お変わりありませんか」への返答が終えたら本題に入りましょう。

「お変わりありませんか」の類語(類義語)と言い換え表現

「お元気ですか」

「お元気ですか」とは相手の健康状態を尋ねる表現で、久しぶりに会う相手やしばらく連絡を取れなかった相手に使われます。

尊敬の意味を表す接頭辞の「お」がついているので、「お元気ですか」は丁寧な表現なのですが、健康について直接的に尋ねることから「お変わりありませんか」よりもカジュアルな表現として使われています。

「お元気ですか」は目上の人にも使えますが、あまり親しくない関係の相手なら「お変わりありませんか」の方がより丁寧でしょう。

「いかがお過ごしでしょうか」

「いかがお過ごしでしょうか」は相手の健康状態や近況などを尋ねる表現で、「元気で過していますか」や「どうしていらっしゃいますか」という意味です。相手を気遣う丁寧な表現で、時候のあいさつとしてもよく使われます。

「いかがお過ごしでしょうか」は「お変わりありませんか」の言い換え表現として使えるでしょう。

「お障りなくお過ごしでしょうか」

「お障りなくお過ごしでしょうか」とは相手の健康を気遣って様子をうかがう表現で、「障る」とは「健康を害している」という意味です。

「お障りなくお過ごしでしょうか」は「障る」を打ち消すことで間接的な言い回しとなるため、「お変わりありませんか」よりもより丁寧な表現です。

「つつがなくお過ごしでしょうか」

「つつがなくお過ごしでしょうか」とは、健康で不幸などなく、無事に過ごしていることをうかがう表現です。「つつがなく」とは、病気や災難などつらいことがないという意味で、「恙無く」と漢字で書き表すこともできます。

「つつがなくお過ごしでしょうか」はかしこまった表現になるため、口語よりも目上の人に送るメールや手紙で使われます。

「お変わりありませんか」と使うときに注意点

「お変わりございませんでしょうか」は敬語として間違い

「お変わりありませんか」を丁寧に書こうとして「お変わりございませんでしょうか」と書いてしまうことがあるかもしれませんが、「お変わりございませんでしょうか」は二重敬語になるので敬語として間違っています。「ございます」と、「しょうか」の「です」という二つの丁寧な意味を表す助動詞が連続で使っているため、二重敬語となるからです。

「お変わりございませんでしょうか」は間違った表現ですので、「お変わりございませんか」を使うようにしましょう。

「お変わりありませんか」の英語表現

「お変わりありませんか」は英語で“How have you been?”

「お変わりありませんか」は英語で“How have you been?”と表現します。相手の近況を尋ねる表現として、“How are you?” (意味:「元気ですか」)や、“How are you doing?”(意味:どうしてる?)という英語表現が知られていますが、これらの表現よりも“How have you been?”はフォーマルになります。

現在完了形の“have been”を使うことで時間的な広がりを表現できるので、現在だけでなく、近ごろや最近という意味を表すことができます。

“How have you been?”を使う相手は久しぶりに会う相手に対して、またメールや手紙でしばらく連絡を取っていないかった相手です。

まとめ

「お変わりありませんか」とはしばらく会っていない相手に近況を尋ねる表現です。健康のこと、仕事のこと、また尋ねる相手の家族についての近況など、さまざまなことをこの短い文章で尋ねられます。「お変わりありませんか」と聞かれたら、相手が知りたいことを察しながら自分や自分の周囲の近況について答えるといいでしょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。