「お忙しい中」の意味や言い換え表現は?メールでの使い方や例文も

「お忙しい中」とは「忙しい最中」という意味です。相手を気遣った表現なので、ビジネスシーンでもよく使われています。今回は、「お忙しい中」の意味と使い方を解説して、さまざまな使い回しのほかに、メールでの使い方や類語・言い換え表現などを紹介します。この機会に、「お忙しい中」の正しい使い方を整理しましょう。

目次

「お忙しい中」の意味と読み方

「お忙しい中」の意味は「忙しい最中」

「お忙しい中」とは「忙しい最中」という意味で「おいそがしいなか」と読みます。一般的に、あいさつや相手に依頼をするときのクッション言葉として使われ、相手が実際に忙しいかどうかよりも忙しいかもしれない相手への気遣いを示す言葉です

クッション言葉とは、本題に入る前に使われ相手への配慮を表します。「お忙しい中」以外にも、「失礼ですが」や「恐れ入りますが」などがあります。

「お忙しい中」は目上にも使える敬語表現

「お忙しい中」とは、尊敬の意味を表す接頭辞「お」がついた尊敬表現です。

接頭辞の「お」は、尊敬以外にも謙譲や丁寧の意味を表すこともできますが、「お忙しい中」で使われている「お」は尊敬語です。そのため「お忙しい中」は目上の人にも使える尊敬表現です。

「お忙しい中」の正しい表記は「お忙しいなか」

「お忙しい中」では「中」という漢字が使われていますが、正しくは「お忙しいなか」と表記します。「中」は「ものの真ん中」や「中央」「内側」といったあるものの空間的な中側か、時間が経過するときの途中を意味しています。

「お忙しい中」の「中」とは、「あることが起こっているところで」という意味である状況下にいるという意味です。そのため、本来であれば漢字ではなくひらがなで「なか」と表記します。

しかし「お忙しい中」という表記が慣用的に使われているため、「お忙しい中」という表記も受け入れられています。

「お忙しい中」を使った依頼の表現

「お忙しい中」は依頼する前に伝える

「お忙しい中」は相手にお願いするときのクッション言葉としてよく使われます。依頼をする前に「お忙しい中」とつけることで、相手に手間や時間をかけさせて申し訳ないという謙虚な気持ちを表しています

「お忙しい中とは存じますが」でより丁寧に

「お忙しい中とは存じますが」とは、相手に手間や時間をかけさせて申し訳ないという謙虚な気持ちを表した表現です。「存ずる」とは「思う」の丁重語なので、「お忙しいとは存じますが」は丁寧な表現になります。

「お忙しい中とは存じますが」の例文

お忙しい中とは存じますが、この資料に目を通していただけますか。

「お忙しい中恐れ入りますが」で敬意を示す

「お忙しい中恐れ入りますが」とは「お忙しい中恐れ入りますが」よりも、手間や時間を取らせて申し訳ないという気持ちが強くなった表現です。謙虚さを出すことで、相手への敬意を表した表現です。

「お忙しい中恐れ入りますが」の例文

お忙しい中恐れ入りますが、〇月〇日までにご返信くださいますようお願い申し上げます。

「お忙しい中恐縮ですが」という表現も

「お忙しい中恐縮ですが」は身が縮まるほどの謙虚さを表した表現です。「恐縮」とは「恐れ入ること」を意味していて、「お忙しい中恐縮ですが」は相手に迷惑をかけることになり申し訳ないという気持ちを強く押し出した表現になっています。あらたまった表現なので、目上の人に対して身を低くしてお願いするようなときに使われます。

「お忙しい中恐縮ですが」の例文

お忙しい中恐縮ですが、ご確認のほどよろしくお願いいたします」となります。

「お忙しいとは思いますが」が正しい言い回し

「お忙しい中とは思いますが」いう表現が聞かれることがありますが、正しくは「お忙しいとは思いますが」と言い回します。

「お忙しいとは思いますが」という表現で、相手に手間や時間をかけさせて申し訳ないと謙虚な気持ちを表しています。

「お忙しい中」を使った感謝の表現

「お忙しい中」と「ありがとう」をあわせて使う

「お忙しい中」は感謝の意を伝えるときによく使われるのですが、その場合は「ありがとう」という感謝を伝える言葉と組み合わせて使われることが多いです。

「お忙しい中ありがとうございます」という文では、「お忙しいにも関わらず〜してくれて感謝する」という意味の丁寧な表現です。

「お忙しい中お時間をいただきありがとうございます」

「お忙しい中お時間をいただきありがとうございます」も、感謝の意を伝えるときによく使われる言い回しです。

「お忙しい中ありがとうございます」の文章で欠けている「時間を使う」という点を言葉にすることで、相手の立場に立った表現が補われるため、より丁寧な表現になります。

「お忙しい中」のメールでの使い方と例文

「お忙しい中」を使い返信への感謝を示す

「お忙しい中」はビジネストークや電話など話し言葉として使えますが、メールや手紙などで書き言葉としても使えます。

「お忙しい中」の後に句点をつけることなく書き表すのが一般的です。

「お忙しい中」のメール例文

お忙しい中ご返信いただきましてありがとうございます。

「ご多忙中」や「ご多用中」に言い換えることも

「お忙しい中」という表現がくだけた印象があると思われる場合には、「ご多忙中」や「ご多用中」に言い換えます。

「ご多忙中」とは「忙しい最中」という意味で、「ご多用中」とは「たくさんの用事がある最中」という意味です。どちらともかしこまった表現であり、メールなどの書き言葉としてよく使われます。

「お忙しい中にも関わらず」の漢字表記は誤り

「お忙しい中にもかかわらず」は「忙しくしているのに」という意味です。「かかわらず」を漢字で「関わらず」と表記されていることがありますが、正しくは「拘わらず」と表記します。

しかし「拘」の漢字は常用漢字ではないため、「お忙しい中にもかかわらず」のようにひらがなで表記するのが一般的です。

「お忙しい中」を使うときの注意点

「お忙しい中」は冠婚葬祭では使わない

冠婚葬祭への出席を書くときは「お忙しい中」の表記は使いません。「忙」という漢字には「亡」が含まれているので、縁起の悪い「忌み言葉」だからです。

冠婚葬祭に関するメールでは、「お忙しい中」の代わりに「ご多用中」などを使いましょう

「お忙しい中」は相手によって失礼になることも

「お忙しい中」は相手が実際に忙しくなくても使える表現ですが、人によっては嫌味だと受け取ることがあります。明らかに忙しいとは思えない人に対しては、「お忙しい中」を使わないように配慮することも大切です。

「お忙しい中」の類語と言い換え表現

「お忙しい中」の類語は「お忙しいところ」

「お忙しいところ」は「忙しい最中」という意味で、「お忙しい中」の言い換え表現です。「ところ」とは、ある特定の場所または状況を指していて、「~な時」や「~な状況で」のような意味になります。

「お忙しいところ」の例文

お忙しいところ恐れ入りますが、指定箇所に捺印をして、ご返信いただけるようお願いいたします。

「ご多用の折」は書き言葉としても使える類語

「ご多用の折」とは「用事が多くて忙しいときに」という意味の表現で、相手に敬意を表した表現です。硬い表現なので、書き言葉として使われます。

「ご多用の折」の例文

ご多用の折にもかかわらず、本日は御足労いただきましてありがとうございました。

「ご多忙の中」はかしこまった言い換え表現

「ご多忙の中」は「とても忙しい最中」という意味で、「お忙しい中」の忙しさよりも忙しい部分を強調した表現です。またかしこまった表現なので、目上の人に気を使った表現として使えます。

「ご多忙の中」は「ご多忙中」や「ご多忙のところ」「ご多忙の折」などと言い換えることもできます。

「ご多忙の中」の例文

ご多忙中恐縮ですが、こちらにご署名をしていただけないでしょうか。

「お忙しい中」の英語表現

「お忙しい中」は英語で「while you are busy」

「お忙しい中」の英訳には「while you are busy」があります。「while」の意味は「~する間」である時間的な継続を表し、たとえば「I am sorry to bother you while you are busy.(お忙しい中すみません)」のように使われます。

まとめ

「お忙しい中」とは本題に入る前のクッション言葉として、相手を気遣う表現です。「忙しい最中」という意味で、相手に何かをお願いするときや感謝の気持ちを伝えるときに使います。敬語表現なので目上の人にも使え、状況に応じて「お忙しいところ」や「ご多用の折」などの言葉と言い換えるとよいでしょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。