「なるほど」の敬語や言い換え表現は?ビジネスメールでの使い方も

「なるほど」は相手の述べることに同意したり、納得したりする時に使われます。しかし、目上の人や上司に使う時は敬語表現を用いることが大切ですが、「なるほどですね」「なるほど、そうですね」などの言い回しは間違いとなります。

ここでは「なるほど」の語源の他、敬語やメールで使い方について紹介します。

「なるほど」の意味と語源とは?

「なるほど」は賛同を表す副詞・感嘆詞

「なるほど」は「賛同」を意味する「副詞」または「感嘆詞」です。「なるほど」は日常生活やビジネスシーンで幅広く使われ、相手の話や文書の内容などに対して納得し「その通り」「確かに」という意味で使われます。

感嘆詞としての「なるほど」は口語や会話の中で好んで使われ、フォーマルなシーンや形式的な場面ではなく、話し言葉として定着しています。「ああ、そうですね」「おお、確かに」といったニュアンスです。

副詞の場合も相手の言っていることや文章の内容、プレゼンなどの説明のシーンで、その話の中身を理解していることを示すことができる言葉です。たとえば「なるほど、クオリティーが高いですね」という文章では、相手の話の内容や実際に見ているものに対して「その通り」と納得していることがわかります。

「なるほど」の語源は「成る程」

「なるほど」は「成る程」を語源とする言葉です。もともと「成る」には「モノが出来上がる」「実現する」という意味があります。また「程」には「物事の限度」や「動作の程度」などの意味があります。

つまり、わかりやすく解釈すると「なるほど」は「実現できる限度」「成せるレベルまで」という意味ですが、転じて「この上ない程度」となり、最終的に現代の「その通り」「確かに」という意味へと変化した言葉だと言われています。

「なるほど」を敬語に言い換えると?

「ごもっともです」は当然だと思われること

「ごもっともです」とは相手の言っていることが正しく、その通りだと思われることを意味します。道理にかなっていて、疑いのないことを表すのが「ごもっとも」で、「ごもっともです」は丁寧表現の「です」をつけた使い方です。

ビジネスミーティングやあらゆるフォーマル的な話し合いの場面で好んで使われます。漢字表記は「ご尤もです」となります。

「おっしゃる通りです」は納得・同意を表す

「おっしゃる通りです」は、相手の話す内容や意見などに対して納得したり、同意する時に使われます。「おっしゃる」は相手の発言に対して敬意を示す尊敬語で、「おっしゃる通りです」で「あなたの発言に同意します」という意味となります。

「左様でございます」はその通りである

「左様でございます」は相手の発言に対して「その通り」「そうそう」と同意する時に使われる敬語表現です。古来から「左右」における「左」は地位の高さや権力の強さを表していました。そのため「右様」ではなく「左様」とすることで、相手に敬意を示していた背景が現代に受け継がれています。

純粋に丁寧表現を用いて「左様です」という使い方もできます。しかし、正式な場面や相手にへりくだる時は謙譲語を用いて「左様でございます」とした方が賢明です。

「なるほど」を使うときの注意点とは?

「なるほど」はビジネスシーンでは控える

「なるほど」という言い回しは、ビジネスシーンや正式な場面では失礼に当たることがあります。「なるほど」は感嘆詞であるため、敬語表現を用いるべきであるビジネスシーンでは、適切であるとは言えません。

もちろん、社内でのカジュアルなミーティングや、職場でのちょっとした会話などは別になりますが、ビジネスシーンでは敬語表現を使うのが基本です。取引先とのミーティングや社内会議などで、相手の意見に賛同する時に「なるほど」という感嘆詞を使うのは、相手や状況によって不快になってしまうことがあるため気をつけましょう。

「なるほど」を丁寧な表現に言い換える時は「確かにそうです」「その通りです」などを用いるようにして下さい。

「なるほど」をメールで使う場合は敬語に

「なるほど」は感嘆詞でカジュアルな印象があるため、ビジネスメールで用いるのも適切ではありません。ビジネスメールは取引先に正式な内容を伝えたり、信頼関係を築く大切なツールです。

相手に敬意を示すためには、口語的な表現や曖昧な言い回しを避けます。相手の意見への同意や受け止める姿勢を表したい場合は、「なるほど」の敬語表現を使い「○○様のおっしゃる通りです」「ご指摘いただいた○○の件ごもっともです」などとするとよいでしょう。

「なるほどです」「なるほどですね」は文法的に間違い

「なるほど」の口語的な言い回しに「なるほどです」「なるほどですね」があります。「です」という丁寧語がつくため、目上の人や上司などに使ってしまいがちですが、文法的な観点から見ると間違いとなるため気をつけましょう。

そもそも「なるほど」は副詞、または感嘆詞です。そのため、まず副詞の後に「です」や「ですね」という丁寧語をつけることはできません。たとえば副詞の一つ「おそらく」を「おそらくです」「おそらくですね」とするのは、文法上の使い方としては間違っています。

加えて、感嘆詞としての「なるほど」という点からも誤りとなります。たとえば、驚きを示す感嘆詞「まあ」を「まあです」「まあですね」というするのは正しくありません。

「なるほどです」や「なるほですね」は何気なく使っていることがありますが、正式な場面で使うのは避けるようにしましょう。

「なるほど」と言い換えができる類語とは?

「確かに」は「なるほど」に言い換えられる

「確かに」は「間違いないく」や「確実に」といったニュアンスで使われる副詞です。状況や内容などが明白であり、強く納得する時に使われます。

「なるほど」は相手の言っていることに頷くだけのニュアンスも含まれますが、「確かに」の場合は相手の発言が顕著で明らかであることに焦点を置く表現です。そのため「なるほど」より強く賛同の意を示すことができます。

「いかにも」に言い換えることも

「いかにも」には「どう考えても」「全く」という意味があります。「いかにも」は程度や状態がはなはだしいことを示す言葉で、相手の意見や示す内容に対して強く賛同する意図で放たれます。相手に対して疑う余地もなく納得することができる時に使うと効果的な表現です。

「いかにも」も「なるほど」と同様に「いかにもです」や「いかにもですね」といった使い方は文法的に誤りとなるため気をつけましょう。また、漢字表記では「如何にも」となります。

「なるほど」の英語フレーズとは?

「なるほど」の英語1「I see」

「なるほど」を口語的に使う場合は「I see」を使います。「I see」は相手の言っていることに対して頷き、しっかりと聞いていることを示すフレーズの一つです。「I see」には「内容を理解している」「そうだと思う」というニュアンスがありますが、「間違いない」「疑う余地もない」というような確定的な意味合いは薄くなります。

その他「Oh, right」「Oh, ok」なども口語的に頻繁に使われます。しかし、これらはカジュアルな場面や、軽く聞き流す時にも用いられるため、ビジネスシーンではあまり使われません。

It seems rain this afternoon
午後は雨らしいです。
I see.
なるほど。

「なるほど」の英語2「I understand」

「I understand」は「理解する」という意味の英語フレーズです。日常からビジネスシーンまで広く使われるフォーマル的な言い回しで、「その通り」「あなたの言っていることは分かる」というニュアンスで使われます。

The meeting has been postponed due to our boss being sick
上司が体調不良で会議が延期になりました。
I understand
なるほど、理解しました。

まとめ

「なるほど」の語源は「成る程」で、「いかにも」「たしかに」といったニュアンスで相手に賛同する意図を表す副詞、または感嘆詞となります。

「なるほど」はカジュアルな場面や身近な人に対して使い、ビジネスシーンでは「おっしゃる通りです」「ごもっともです」などの敬語表現を使うようにしましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!