「粛々」の意味とは?「粛々と」の使い方・類語や「淡々」との違い

「粛々(しゅくしゅく)」とは「静かでおごさかである様子」を表す言葉です。「粛々」は国会中継やニュースなどのように正式な場面で多く使われます。似た言葉に「淡々」がありますが、意味はどのように異なるのでしょうか?

ここでは「粛々」の意味のほか、使い方と四字熟語、同義語や類語表現、英語フレーズなどを紹介します。

「粛々」の意味とは?

「粛々」の意味は「静かでおごそかである様子」

「粛々」とは「静かでおごそかである様子」を表します。「粛」には「おごそか」や「身を引き締める」、また「物音を立てない」という意味があり、その「粛」を重ねた言葉が「粛々」です。つまり「ひっそりと厳しく物事を行う」ことを「粛々」といいます。

「粛々」は正式な場所で身を引き締めるイメージ

「粛々」は静かに物事を行うさまを表しますが、厳しい気持ちで身を引き締めて事を進めたり、礼儀正しく事を行う状況で使われます。日常的なシーンではあまり使われませんが、正式な発表やアナウンスを行う場面や、国会中継や政治活動のシーンで見聞きすることが多い言葉の一つです。

「粛々」と「淡々」の違いとは?

「粛々」は真面目で正式「淡々」は無表情で冷たい印象も

「粛々」に似た言葉に「淡々」があります。「淡々」も静かに物事を行うさまを表す言葉ですが、「粛々」とはニュアンスが異なるため使い分けが必要です。

「淡々」は「粛々」が持つ「厳しくおごそかに行う」という意味合いが薄く、物事の重要性に関わらず使われます。あっさりと物事を片づけるような状況でも用いられ、感情の起伏がなく、また冷静で表情の無いような様子を表すのが「淡々」です。冷たい印象を与えることがあるのも「淡々」の特徴です。

一方「粛々」は「重要な物事に対して厳しく真剣な気持ちで行うさま」を表します。逆に言えば「粛々」は重要性の低い事柄に対して使われることは少なく、緊張感のある正式な場所で使われることがほとんどです。そのため、真面目に発言しなければならない国会や重要な発表の場面で好んで使われます。

「粛々」と「淡々」を比較した例文

例文1

・粛々と記者会見が執り行われた:おごそかで緊張感のある雰囲気で行われた
・淡々と記者会見が執り行われた:冷たくあっさりとした雰囲気で行われた

例文2

・粛々と新製品の特徴が発表された:厳しく真面目な雰囲気で発表された
・淡々と新製品の特徴が発表された:冷静でかつ淡々とした雰囲気で発表された

このように「粛々」と「淡々」は、話の口調やその場の状況においてニュアンスが異なります。緊張が走り厳しい雰囲気がある方が「粛々」、感情の起伏がなく冷静さを強調するのが「淡々」となります。

「粛々」の使い方と四字熟語は?

「粛々と〇〇する」は「静かに厳かに物事をする」という意味

「粛々と〇〇する」とは、静かに厳かに物後をする際に使われます。たとえば「粛々と進める」という文章からは「真面目に厳しい表情で物事を取り組むさま」がうかがわれます。

国会中継や政界のディベートなどの冒頭のあいさつで「粛々と進行させていただきます」という下りをよく聞きます。この場合は、たとえ互いの意見が食い違って口論や言い争いになっても、さらりと切り抜け、冷静さを失わず進めていくという意味になります。

このように「粛々と〇〇する」という言い回しを使って、冷静沈着に厳しく何かをしていることを相手に伝えることができます。

「粛々とした〇〇」は雰囲気や人の姿勢に対して使われる

前述の「粛々と〇〇」する」と同じように、「粛々とした〇〇」という使い方をすることもあります。その場の雰囲気や人の姿勢などに対して、たとえば「粛々とした面持ち」や「粛々とした会場」というように使われます。

相手に厳しい表情や真面目な態度であること、また厳かな雰囲気や緊張感の流れる場所であることを示す時に「粛々とした〇〇」という言い回しを使うと、その人の真面目さ緊張感、またその場の静けさや物々しさが伝わります。

「粛々」を使った例文

  • 顧客からのクレームに対し、我が社は粛々な対応を行った。
  • 医学研究所では、粛々と新薬の開発が続けられている。
  • 粛々とした会場では、ただ政治家の熱弁が聞こえるだけだった。

四字熟語「鞭声粛々」は「ひそかに馬に鞭を打つこと」

「鞭声粛々(べんせいしゅくしゅく)」とは「ひそかに馬に鞭を打つさま」を意味します。「鞭声」には「馬に鞭(むち)を打つ音」という意味があり、「粛々」を後ろに付けて「静かに鞭を打つこと」という意味で使われます。

「鞭声粛々」は、周囲や相手に気付かれないように、また悟られないように鞭の音を小さくして馬にあてたことを表します。

ちなみに「鞭声粛々」で最も有名なのは、頼山陽が詠んだ詩句「鞭声粛々夜河を渡る」でしょう。上杉謙信が川中島の戦いで、妻女山を下り千曲川を渡った時に、敵陣に悟られないように静かに鞭を打ったことを綴ったものです。静かな夜に馬の鞭が響かないように、ひっそりと敵である武田信玄に近づいたことがわかります。

「粛々」の類語とは?

「しめやか」は「静かで落ち着いたさま」

「しめやか」は、状況や性質などが静かで落ち着いていることを意味します。物音が鳴り響いたり、ざわざわとした雰囲気ではなく、非常にひっそりとした有様で、時間や空間がゆったりと静穏に流れるさまを表します。

たとえば「葬儀がしめやかに行われた」「しめやかな結婚式」などのように、イベントやその場の状況を表す時に用いられます。「粛々」には「物音を立てない」「静かな」という意味があるため、「しめやか」を言い換えの語句として使うことができます。

「粛然」は「厳かで静まり返っているさま」

「粛然(しゅくぜん)」は、様子や状況などが厳かで静まり返っていることを意味します。「粛然」も「粛々」と同様に「静かで厳か」という意味を持つ「粛」が使われているため、基本的な意味は「物音がせずひっそりとしているさま」となります。

また「粛然」の「然」には「他でもない」や「しかり」という意味があります。そのため「粛」を強調する意図で「静かで厳か以外のなにものでもない」といったニュアンスで使われます。

「粛然」も「粛々」と同義語に近い意味で使われますが、「粛然」の方が確固たる静けさがあり、より厳かな雰囲気を強調している言葉であると言えます。非常に硬い表現のため、「粛々」よりも日常で使われる頻度は低いでしょう。

「森閑」は「物音ひとつしないさま」

「森閑(しんかん)」とは、物音ひとつしせず、ひっそりと静まり返っている様子を表す言葉です。「森閑として雰囲気」や「森閑とした寺院」などのように、主に場所や状況に対して使われます。

「森閑」も「粛々」の類語になりますが、「粛々」が持つ「厳しく真面目な」というニュアンスはほとんどありません。むしろ「物音の皆無さ」にフォーカスした言葉であるため、何も聞こえない状況や場所を表す時に使うのがベストです。

「粛々」を英語で表すと?

「粛々」は英語で「silently」「solemnly」

「粛々」を英語で表すと「silent(静か)」や「solemn(厳粛)」などになります。「粛々に」という副詞で使う場合は「silently」「solemnly」となります。

「silently」は状況的な硬さや正式さに関わらず音が何もせず静かなさまを表します。また「solemnly」は、マナーや礼儀的な観点における「謹厳さ」や「物々しいお真面目さ」を意味します。そのため「silently」は幅広く用いられますが、「solemnly」は主に式典や軍事的なイベントなどの堅苦しい正式なシーンで使われるのがほとんどです。

「粛々」を使った例文

  • 会議では粛々とした空気が流れていた。
    It was silent moment in the meeting.
  • 会社の合併がが粛々と行われた。
    A merger of companies took place solemnly.

まとめ

「粛々(しゅくしゅく)」とは、人の姿勢や雰囲気などに対して「静かで厳かなさま」を意味する言葉です。似た言葉に「淡々」がありますが、「淡々」は「表情がなく冷たい雰囲気」を表すことがあるため、その点で「粛々」とは異なります。

「粛々」を使った四字熟語は「鞭声粛々」で、頼山陽が詠んだ詩句としても有名です。「粛々」は硬い表現ですが、文脈によって同義語や類語に言い換えるようにしていきましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!